操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

伝統療法カンファレンス2017(3)

さて、土曜日、ついに伝統療法カンファレンス2017初日です。

朝食後、早速バスでホテルから会場である「スペーシア」に移動しました。

 

我々はすでに昨日ブースを設営していたので、余裕です。

徐々に他の参加者も集まってきました。

奥の広間では筋整流法の皆さんが施術するブース、通路のスペースを区切ったところが、私達の場所です。入り口から向かって、左から、オーラ診断のブース、次が新部先生の「易」コーナー、その次が足趾の操法、その隣が平直行氏のブース、その次がアーユルヴェーダのシロダーラのブースです。

 

そして、今回は、急遽開会の挨拶が三浦先生に回って来ました。f:id:lovecats:20170924140537j:plain

★開会宣言中の師匠、三浦寛先生

 

今回は、外国人記者クラブの皆さんも「受け手」として参加とのことです。

★今年のはじめ、今回も講演をする田中陽希さん(アドベンチャー・レーサー)を励ます会が行われたのも、有楽町の外国員記者クラブでした。

 

開会式にも、外国人記者クラブの会長さんが登壇しました。

 

そしていよいよ伝統療法カンファレンス2017が開始しました。

 

中央の会場では、筋整流法の小口先生などによる、コラボトリートメントが開催されています。

その、コラボトリートメントを受けているのは、外国人記者クラブの方々のご家族などが多いようでしたが、コラボトリートメントを終えた方々を、三浦先生が、我々の足趾の操法®のブースに引っ張ってきてくれました。

 

最初は「いわゆる足裏マッサージみたいなもの?」みたいな感じで受けていらっしゃったのですが、すぐに爆睡の嵐。起きてから「今まで受けたもののどれとも違う」という感想を頂きました。

 

記者クラブのメンバーのなかに、元港区長の原田敬美さんがいらっしゃり、カンファレンスの模様を書いて下さっています。

福島県南会津町で開催の伝統療法カンファレンスに参加、 | 原田敬美のブログ

たしか、橋本保雄さん(橋本敬三先生のご子息で、ホテルオークラ東京の副社長をなさってました)をご存知だというのも原田さんだったかな?

 

そして、一番人気は、新部健太郎先生の易占。

 

長蛇の列です。新部先生が休憩中、私が代わりに座って、サイコロを転がして易占をやりました(新部先生はサイコロではなく筮竹を使います)。

 

私は「お〜!新部先生呼んで良かった!」と思ったものでした。

 

午後になり、後発隊の、三瓶さん、寛幸さん、松浦さんが到着、その後、岡村さんがお嬢さん二人を連れて到着しました。

 

ちなみに、私は筋整流法の腱引きを受けに行きました。

何故か毎年同じ先生に当たります??

 

そして、筋整流法の皆さんも、足趾の操法®を受けに来て下さいます。

 

毎年これをやっています。

 

 

 

 

 

 

 

ついに「ワンダーウーマン」を観たの巻

昨年の「バットマン vs スーパーマン」で突如現れたワンダーウーマン

そのあまりのかっこよさに度肝を抜かれ、早く公開されんかなと一年待ちました。

主演のガル・ガドットは、ミス・イスラエルで元軍人という(イスラエルは女子にも兵役があるんですよね)ガタイの良さと(褒めてる)強そうな感じがたまりません。

公開の遅れに色々あったようですが、それはおいときましょう。

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

色々雑事が重なり、やっと観に行くことができました。

ネタバレですが、バットマンこと、ブルース・ウェインから古い写真の原板が、ダイアナ(ワンダーウーマンこと、ダイアナ・プリンス)に届きます。

 

回顧録のような感じで進みますが、

 

途中、ダイアナが前線を突破するシーン(はじめてワンダーウーマンとしての仕事??)は、思わずナミダがチョチョぎれるほどかっこ良かったのです。

 

次は、11月公開の

wwws.warnerbros.co.jp

 

だな!

こちらにも、ワンダーウーマン、登場します。

パート2も予定されているそうですよ。

 

 

伝統療法カンファレンス2017(2)

さて、宿について一休みして、三浦先生の部屋に行ったところ、スズメバチが四匹入って来て、皆で焦ってフロントの方を呼びました。

殺虫剤とハエ叩きをもって、冷静にハチの駆除をしてもらったのですが、一週間前に蜂の巣を駆除したばかりなのだそうです。

今年はスズメバチが多いそうですね。

 

そして、会場の下見とセッティングに出かけました。

 

f:id:lovecats:20170919163001j:image

★ここで開会式などが行われます

 

f:id:lovecats:20170919162939j:image

★会場正面。冬はスキーのリフトの待合のような感じです。

 

会場に届いていた段ボールを開けて、ビニールシートを敷き、マットも敷いて、新部先生の易占のスペースも作りました。

丁度左から「オーラのカラー診断」(去年もやりましたが、今年もやりました。やっぱり紫でした)、新部先生の易占、足趾の操法®のブース、その隣が平直行さん(元東京操体フォーラム実行委員だったんですが、今は操体とは別のことをやってます)、その隣が、アーユルヴェーダの「シロダーラ」のブースです。

我々が一番最初にセッティングを終えました。

 f:id:lovecats:20170919163040j:image

そして、ここは「白樺の湯」という露天風呂つきの温泉があります。

 

私の他の男子、瀧澤さんと寺本さん、新部先生の三人は、なんだか知りませんが、30分くらい長風呂してました(愉しかったのかな?)

 

そして、夕飯を済ませ、部屋で宴会です。

 

今日、会津高原尾瀬口駅で買った、ダボス会議オバマさんが飲んだという冷酒はすぐなくなり、ぐいぐい飲んで、結局私達の部屋に三浦先生も泊まりこんだのでした。

 

 

 

伝統療法カンファレンス2017

2017年9月1日、三浦寛先生、東京操体フォーラム相談役、新部健太郎氏、実行委員の瀧澤君、寺本君、そして私の3人は、北千住駅で駅弁を買い、今年から開通した会津若松直行の「アクティ」に乗り込みました。

 

f:id:lovecats:20170913114558j:image

今年は、東武で開通SL「大樹」が走るそうで、看板が目立ちます。

 

「アクティ」は、新しい車両で、かっこいいのですが、「けごん」のように食堂車がなく、車内販売がないのが残念です。なので北千住で駅弁を調達するわけです。

 

f:id:lovecats:20170913115237j:image

 私は「はらこ飯弁当」。

 

北千住から会津高原尾瀬口まで直通というのは便利ですね。

 

皆で駅弁を食べつつ歓談しているうちに、会津高原尾瀬口に着きました。約3時間です。

 

それから駅前の、お母さんが一人で切り盛りしている蕎麦屋で美味しいお昼をいただき、駅のお土産売り場で、「オバマさんがダボス会議で飲んだ」という冷酒を買いました。

 

そこからホテルの送迎バスで、会津高原ホテルに到着です。

 

f:id:lovecats:20170913120726j:image

ろj

 

 

続報「女の機嫌の直し方」

 先日の「塾SOTAI」で、実行委員賢人組の半蔵氏が紹介してくれた、黒川伊保子さんの「女の機嫌の直し方」、もう、電車の中で爆笑しそうになった。

 

 

 

 

メールマガジンか何かで、シマジ先生が「バーのママ効果」のようなことを書いていらした記憶があるが、バーのママの役割は、共感して、話を聞いてくれるところだ。

まず、これをアタマに入れてほしい。

 

そして一週間後、東京操体フォーラム実行委員勉強会があったのだが、

 

明らかに読んだ人と読まない人がいた。

 

読んだ某氏は、帰宅時間が遅れた際、本の通りに素直に対応したところ、見事、奥方の機嫌を損ねずに(映画、マトリックスのようにね)済んだという体験談を披露してくれた。

 

 

一方、読んでいないメンバーであるが、

個人的には「いちばん読んで欲しい面々が読んでない(笑)」と、思った。

★すんません!

 

彼らが読まなかったのは
「今の自分とは関係ない」(別に女の機嫌を直したいという必要がない」
「そもそも女の機嫌など直す必要はない。機嫌が悪くなったら黙らせる」
というスタンスではないかと思われる。

 

今、必要ない?

と言っても、嫁がいなくても、患者さんやクライアントに女性はいるだろう。

 

別の人で「自分のクライアントはおばあちゃんばかりだから」と言った輩がいたが、おばあちゃんだから、もっと必要なのだ。

 

また「女の機嫌なんか直す必要はない」と思っていて、今は平気でも、相手は我慢して我慢しているかもしれない。

 

熟年離婚などは、この結果ではないかと思う。

 

先日、師匠の猫がスネて棚の奥に潜ってしまった。
私は「機嫌そこねたんですかねえ」と師匠に言った。

女性脳的にはここで「そうかもね」と、共感してもらえれば、私も納得?するのだが、師匠は

 

「そんなの、猫に聞け」と言った。

 

私はここで爆笑しそうになった。典型的な男性脳的返答である。

 

注:  臨床時には、我々は中性的な脳になる。特に操体は、女性脳的な使い方をする。師匠は、臨床時に「女性脳を使う」ので、普段は男性脳っぷりを発揮しているのかもしれない。

 

なお、私はバツイチだが、離婚を決意したエピソードのうちの一つを紹介しよう。「そのうちの一つ」である。

 

海外旅行と、優待が当たったので、モト夫と、その後輩夫婦で海外に行くことになった。

その時、成田空港のカフェで、モト夫は飲み物を買った。四人いるのに「自分の分と後輩夫婦の分だけ買った」のである。

 

私はもちろん激怒した。

 

もう帰ろうかと思ったし、海外旅行も全然楽しくなかった。

 

その後半年位で離婚した。

 

私も、なんであの時あんなに腹が立ったのか、よくわからなかったが、納得した。

 

こんな時は「ツマ」を最優先にしないといけないのだ。

 

こういう場合、日本の男性は、近しい女性を後回しにしたりするが、「オット」「彼」は、ツマや彼女を優先するのが、正解である。他の人は、ツマや彼女を優先することについて、褒めはするが非難はしない。

 

★人前で、自分の妻なり彼女を「下」に扱って、「この男はすごいやつだ」と思われることは、まずない。

 

★「男尊女卑」主義者は流行らない

 

シマジ先生も、メルマガに「愚妻」と書いていらっしゃるが、最近は資生堂福原義春ご夫妻を真似して、奥様には「ですます調」でお話をされているとか、年の瀬のコンサートには必ずご一緒するとか、一ノ関に行かれる場合などは、気を遣っている感を感じる事ができる。

 

そして、私がこの本を読んでもう一人思い出したのは、松岡正剛校長である。

(畠山はISIS編集学校に在席しており、未詳倶楽部にも入っている)から、

 

松岡さんは、お話する際、

「そうだよね」

 

と、共感なさるのである。

 

「それは違う」「でも」というような「相手の意見を最初から否定する」という言葉は、使わないのである。

 

お〜!

 

あの「そうだよね」が、松岡さんの秘密だったのだ!