操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

伝統療法カンファレンス2017(3)

さて、土曜日、ついに伝統療法カンファレンス2017初日です。 朝食後、早速バスでホテルから会場である「スペーシア」に移動しました。 我々はすでに昨日ブースを設営していたので、余裕です。 徐々に他の参加者も集まってきました。 奥の広間では筋整流法の…

ついに「ワンダーウーマン」を観たの巻

昨年の「バットマン vs スーパーマン」で突如現れたワンダーウーマン。 そのあまりのかっこよさに度肝を抜かれ、早く公開されんかなと一年待ちました。 主演のガル・ガドットは、ミス・イスラエルで元軍人という(イスラエルは女子にも兵役があるんですよね…

伝統療法カンファレンス2017(2)

さて、宿について一休みして、三浦先生の部屋に行ったところ、スズメバチが四匹入って来て、皆で焦ってフロントの方を呼びました。 殺虫剤とハエ叩きをもって、冷静にハチの駆除をしてもらったのですが、一週間前に蜂の巣を駆除したばかりなのだそうです。 …

今日の視診触診講座

伝統療法カンファレンス2017

2017年9月1日、三浦寛先生、東京操体フォーラム相談役、新部健太郎氏、実行委員の瀧澤君、寺本君、そして私の3人は、北千住駅で駅弁を買い、今年から開通した会津若松直行の「アクティ」に乗り込みました。 今年は、東武で開通SL「大樹」が走るそうで、看板…

仏教塾のレポート。

東京国際仏教塾のレポートを、8月中に書いてしまいたい。 というわけで、参考図書を駒場図書館へ借りに来ました。 蓑輪顕量先生、東大の先生なので、図書館に本がある。他の参考図書もあったので、助かるなあ。 読むの大変そうだけど(笑)

続報「女の機嫌の直し方」

先日の「塾SOTAI」で、実行委員賢人組の半蔵氏が紹介してくれた、黒川伊保子さんの「女の機嫌の直し方」、もう、電車の中で爆笑しそうになった。 女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書) 作者: 黒川伊保子 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル 発…

操体臨床見学の巻。

夏期講座二日目。 私自身も、師匠である三浦先生の臨床を見学することはあまりないのですが、今日は、講習の際に、臨床を見学することになりました。 受講生にとってもいい勉強になりますし、 ★こんなチャンスは滅多にありません(定例講習の受講生もそんな…

ひかがみの触診

今日の午後のラストは『視診触診』。 三浦先生にも登場頂いて、ひかがみの触診。 「ひかがみの触診」にも、「作法」があります。 形が美しいということは、ちゃんと出来ている(からだの使い方、動かし方ができている)ということ。 「ひかがみの触診」で、…

操体プレミアムベーシック夏期講座

今日明日は「操体プレミアムベーシック夏期講座」の初日目。 午前中は「操体概論」「般若身経」(クラシックバージョンと半歩前足バージョン)を四時間。午後は、三浦先生が登場です。

「操体です。整体じゃない」

私達が名刺を出したり、何をやってるかお話すると 殆どの確率で、 「操体?整体じゃないんですか」と、聞かれます。 私の講習の受講生で「操体、っていってもわからないから、「整体」で、広告を出せば」と、言われた人もいます。 「操体は、いいところを動…

今日の講習(足趾と定例)8月6日

被験者(患者様、受け手)に、痛みや不快感を与えることなく、さらには「きもちよさをききわけ、味わう」というプロセスを踏んで良くなるのが、「操体の快」のメリットと言えます。 また、被験者が「強烈な快適感覚」を味わっていると、それは操者にも伝播し…

「女の機嫌の直し方」「なぜ与太郎は頭のいい人よりうまくいくのか」

読書です。 女の機嫌の直し方 (インターナショナル新書) 作者: 黒川伊保子 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル 発売日: 2017/04/07 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る これ、女性と接する機会(会社とかもですよ)が多い男性、また…

21世紀の操体を学ぶ。

2017年操体プレミアム・ベーシック夏期講座は8月11日、12日の二日間開の開催です。 「ここを押さえておけば、操体臨床を理解できる」というキモの部分、「操体を勉強していると、ここでつまづく箇所がわかります。 blog.teizan.com 「操体ベーシック講習」を…

操体の真髄は「治す事まで関与するな」ということだ。

今の世の中、ネットサーフィンをしていると、興味がありそうな広告が出て来ます。 「奇跡のテクニック」「素人でもすぐ結果が出せる」「売上げ月300万なんてすぐ」「患者さんが途切れないテクニック」 大抵は無料動画配信で、メルマガに誘導し、セミナーに参…

藝術部@映画鑑賞7月

6月後半から、7月にかけて、何やら色々多忙だったので、水曜日(レディスデー)や、1日、14日という「映画が安い日」に見そびれていた映画。 今回、TOHOシネマズでポイントもたまったし、水曜だし、ということで、久しぶりに映画館に足を運びました。 ★え~…

伊達政宗公生誕450年

仕事で仙台に行って来ました。 今回は余裕のあるスケジュールで行ったので、久しぶりに瑞鳳殿を訪れることができました。 今年は、政宗公生誕450年という年です。下の写真は記念の御朱印ですが、左上に「貞山公御霊屋」(ていざんこうおたまや)とありますが…

易と久保利弁護士。

昨日、防衛大臣辞任のニュースを観ていたら、コメンテーターとして、日比谷パーク法律事務所の久保利英明先生が出ていらっしゃいました。 久保利先生は、株主総会から総会屋を一掃したという凄腕の弁護士です。 サロン・ド・シマジでもたまにお目にかかりま…

今日は足趾の操法です。不眠症には足趾だよね

第一日曜、第四日曜の午前中は「足趾の操法®」。そろそろ皆さん、お免状が出ます。 「極上のきもちよさと、健康を提供できる」のは、足趾の操法®が一番です。 足趾の操法集中講座 ← 随時募集中 先日「ためして○○○ン」で、膝の痛みを改善するやり方をみました…

操体マンダラ(続報)

東京操体フォーラム実行委員には、芸達者が多いのですが、 毎回「イギル」という弦楽器と、ホーメイで会場を盛り上げてくれるのが、若手実行委員の寺本雅一君です。 フォーラム相談役の巻上公一氏のご縁で、操体とのご縁ができました。 2017年操体マンダラ …

マンダラとホグワーツ魔法学校。

昨日は「操体マンダラ」でした。 時空を越えた話が登場しました。 素敵なゲストの方が「ホグワーツ魔法学校のようなところ」と評して下さいました。 曼荼羅と魔法。 確かにそうかもしれないと思います。 時空を越えるとか、触れない臨床とか、そういう感じで…

高級キャットフードを買ってみた。

猫ではありませんが、実家にいた犬(23年前に亡くなる。シェルティーで、当時は珍しい?室内飼い)は16歳まで長生きしました。 当時の犬の、死亡理由の一位は、フィラリアでした。 私は親に「犬のフィラリアの薬を買え」としつこく言っていたので、フィラリ…

「なんかしらんけど、良くなった」

操体マンダラ開催中です。 橋本敬三先生との出会いの話から、色々な患者様の話やご縁、臨床の話が飛び出しています。 橋本敬三先生が、三浦先生におっしゃった言葉。 「治すことまで関与するな」 また、ある患者さんの話。お母様が以前来ていたので、操体を…

2017年操体マンダラ

2017年7月17日海の日。 今年も「操体マンダラ」開催です。 今回は、「温故知新」の書も。 操体漬けの一日が始まります。

点滴で腕が痛くなる、という訴えに関して

暑い盛りに、点滴を二日続けて受ける羽目になりました。初日は100ccで20分くらい、二日目は一時間以上かけて500ccを点滴しました。 初日は右手、二日目は左手でしたが、二日目は点滴中でも腕を曲げられるという針を使いました。 点滴自体で大分良くなりまし…

今日の視診触診。仙腸関節あたり

今日、第三日曜の午前中は、視診触診講座です。 今日は、最初に伏臥位での足関節の「決め方」をやりました。 その後は、梨状筋から仙腸関節付近の「ねらい撃ち」。 これは、わたくし、めんこい人間にしか教えません(笑)。 十数年前、受けた治療家の先生か…

2017年プレミアム・ベーシック夏期講座(8月11、12日)

2017年8月11日(金)山の日、12日(土)二日間開催いたします。 一般社団法人日本操体指導者協会では、GWに引き続き、操体プレミアム・ベーシック夏期講座を開催いたします。 プレミアム・ベーシック夏期講座とは? 畠山裕美が開催している「ベーシック講習…

速報「落語の仮面」by 三遊亭白鳥

藝術部からの速報です。 落語好きも「ガラスの仮面」好きも、勿論両方好きな人は二倍たのしめます。 落語の仮面1 アーティスト: 三遊亭白鳥 出版社/メーカー: wazaogi 発売日: 2017/06/30 メディア: CD この商品を含むブログを見る さて、このジャケ写真をみ…

阿闍梨蒼雲 霊幻怪異始末(1)

わたくし、今年の誕生日から一年は、数秘学でいうところの「サイクル7」の年です。 「修行の年」「内面を見つめる年」とも言われています。 そういえば、お寺で修行してるじゃん! と、一人ツッコミしたりしますが、今年は本当にお寺やお坊さんに縁があると…

花戦さ・ローガン

私は基本的にテレビは見ません。家人が観ているとか、銭湯でちょっと観るとか、あとは「必殺スペシャル」なら観るか(笑)。 映画も、借りてきて観るのはどうもダレるし、テレビで映画を観てもダレるので、映画は映画館で観ることにしています。 数年前まで…