読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

反応しない練習。

「あ!反応しちゃった!」ということはよくあります。 例えば最近「○○に行きたいなぁ(相談と誘い。日時は結構先を提示)。どう?」「勝手に一人で行けばいいだろ」 という会話の数日後に「勝手に一人で行けばいいだろ」と言った方が 「○○に行きたいけどこの…

女性蔑視発言と「侍女の物語」について。

数日前、新アメリカ大統領の「女性蔑視発言」に対するデモがあった。 実は、男性は女性に対し「怒り口調」「命令口調」「上から口調」で言っても良いのだが、オンナはそう言われても「うふふ」とか「たおやかで優しく」という答えを期待されるのである、そう…

施術&ベーシック講習

いつでも受け付けております。所要時間は3時間~。操体の施術と操体のベーシックの講習です。誰にでも同じ話をして終わり、ではなく、一人一人のニーズに細かくお答え致します。 「楽」と「快」の違いがわからずして、操体をやっても相手に伝わりますか?ま…

瞬間脱力。

いわゆる第一分析では、瞬間急速脱力に導きますが、ある条件を満たすと、第一分析でも「瞬間急速脱力」でなくとも、ボディの歪みを正すことができます。 先年、新潟の全国大会で、ある新潟のグループが「般若身経」の実技の際、前屈して、瞬間的に脱力!後屈…

効くときと効かない時があるのはどうして?

ある方(国家資格を持っており、操体に興味はある。ちょっとやってみてはいる)から聞かれました(複数の方がいらっしゃるので話をまとめてあります)。 この方は、定例的に私のところにやってくる 「操体法は、効くときと効かない時があるんですが?」 「き…

KK適塾へ行く。

KK適塾とは。 KK適塾 2016 大阪大学大学院教授(博士)デザインディレクターの川崎和男先生が主宰する「「コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座」が主宰する講演会である。 適塾:適塾(てきじゅく)は、蘭学者・医者として知られる緒方洪庵が江戸時代後…

2017年春季東京操体フォーラム速報(1月)

★お待たせしました。速報です。 2017年春季東京操体フォーラム 開催のご案内 テーマ: 操体新旧臨床譚~よみがえる橋本敬三&最新症例集(仮) 日時: 2017年4月29日(土) 9時半~17時 場所: ルーテル市ヶ谷センター〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町1丁…

クスグリ療法(続き)

以前、スペインで講義をした際、実技指導で「クスグリ」をやったら、皆面白がってやめず、時間オーバーになったことがありました。 先にも書きましたが「クスグリ療法」(万病を治せる妙療法にイラスト付きで載ってます)、意外とやり方をハズしている人が多…

David Bowie is デヴィッド・ボウイ回顧展

davidbowieis.jp はい、1月13日に行ってきました。この大回顧展は、当日券もあればありますが、事前に日時指定券を買っていったほうが懸命です。また、ヘッドホンを装着して音を聞くので、世界に浸りたい人にはぴったりです。 よくある美術展などのように、…

今日の視診触診(膝の傾倒編)

今日の午前中は「視診触診」。 テーマは膝の左右傾倒です。 これは、例えば膝を左に倒す場合、右足は外反の動き、左足は内反の動きの複合であり、それに伴って骨盤が捻転してくるという動きです。 一番ポピュラーだと言われていますが、実は「身体運動の法則…

知りたいことを明確に(あきらか)にするのが、第一歩です。

ある方(仮にAさん)に年賀状をいただいて、ふと目をやると「今年は易ではどんな運勢なのかな?」と書いてある一枚を見つけました。 これ、何気にふつ~っぽく書いてあるのですが、占いをする身にとっては結構「難題」でもあります(笑) 占いの「命」という…

お金はエネルギーの流れである

お金はエネルギーなのです。 先日、あるマンガを読んでいたら「霊能者が除霊をした場合」や「お坊さんが祈祷をした場合」の話が書いてあり(なんのマンガかバレバレといえばバレバレ)ました。 例えば、霊能者が除霊をします。その際、依頼者からお礼をいた…

操体は簡単そうに見えるの巻。

その昔、1970年代後半、三浦先生の「操体法東京研究会」の前身の講習に、三浦先生の学生時代の同級生が参加したのだそうです。 その方は、三浦先生が「あとでちゃんと紹介するから」と言ったにもかかわらず、仙台の温古堂に行き、橋本敬三先生に会ったのだそ…

操体の歴史の一コマ

デスク回りの写真を整理していたら、こんな写真が出てきました。 いや〜、こんな写真があったんですね。 これは多分2000年頃の、初期の東京操体フォーラムの写真(青山でやってた頃)だと思いますが、左が長野の故白澤先生、真ん中で座っているのが故瓜生良…

2017年春季東京操体フォーラム「よみがえる橋本敬三の秘技(仮)」

昨日日曜は、今年最初の「東京操体フォーラム実行委員勉強会」でした。 追って紹介しますが、実行委員に新しいメンバーも加わり、新年の決意を新たにした次第です。 さて、今年の春のフォーラムですが、4月29日(土)に、ルーテル市ヶ谷センターで開催致しま…

新年のことば(医道の日本)

「月刊医道の日本」誌の新年号に、毎年恒例の「新年のことば」。 今年も私の師匠、三浦寛先生が「新年のことば」を寄稿しています。 (パソコンで打ったのは私) 「患者から見た鍼灸」というテーマです。 三浦先生は、鍼灸と柔道整復の免許を持っています。…

50歳からのエネルギー変換と見えない力の三拍子

私は年末にお参りにいって、初詣は松の内派なので、初詣はこれからです。 しかし、お賽銭をぶん投げる人が多いのは何故(笑)。 その話を講習の時にしたら「明治神宮の影響では」ということになりました。あそこは投げないと届かないですよね。。 私は投げま…

新年とチベッタン・ボウル

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 今日は早速朝から講習だったのですが、午前中の部が終わり、師匠が登場し、年頭の一言を参加者がそれぞれの一言を述べました。 私は昨年から仏縁というか、色々なご縁に恵まれ、つい最近…

意外と難易度が高い「クスグリ操法」

というのは、操体では有名な赤ちゃんや小さい子向けのやり方です。 子どもに無意識の動きを起こさせ。カラダの歪みを整えるものです。 「クスグリ」というので皆くすぐるようですが、正確にはくすぐるのではありません。 万病を治せる妙療法―操体法 (健康双…

腰痛を改善する「印」??

今日は私が担当の「足趾の操法集中講座」と、三浦先生の「新創生期講座」とも、今年最後の講習です。 ★といっても、元旦は日曜なので、元旦から講習です(笑)★ホントによく勉強してますよね、私達★でも、勉強した分だけ上手くなるのは、事実です 午前中です…

「葦かびの萌えいずるごとく

年末のおすすめ。地湧(じゆう)社から。 元々は、橋本敬三先生の本(からだの設計にミスはない)、三浦先生、今先生の「操体法治療室」を出版していた、柏樹社から出ていたのですが、多くの書籍などを引き継いでいる地湧社から再発売されました。 教えてく…

腰は反らせず、拇指は反る。

この二つはとても大事です。 操体の講習の新タームが始まると、私はまず受講生の姿勢をみます。 勿論、まだ「操体的なからだ」にはなっていません。 我々は、臨床をスムースに運ぶために、まずは「操体的なからだ」を作ります。 「作法」を学びます。 先にも…

勘違いに気づく。

例に出して申し訳ないのだが、後輩のために書いておこうと思う。 橋本敬三先生がおっしゃっていた「骨盤」の状態は、「骨盤の前弯曲」「後弯曲」である。これは、現在一般的な「骨盤の前傾」「骨盤の後傾」とは逆になる。 我々は、橋本敬三先生にならって、…

「悟り」ということ。

なんだか仏教がらみの話ばかりになるが、たまたま「悟り」という言葉をみて、思い出したコトを書いておこう。 私自身、実際に千日回峰業やその他にも命をかけた荒行をなさった大阿闍梨にお会いし、すごいことをやり遂げた人の、何か吹っ切れた明るさというか…

護摩祈祷に思う。

12月4日に、仙台の奥座敷、秋保の慈眼寺の護摩祈祷に行って来ました。 その後に、「霊験修法曼荼羅」を読んだわけですが、この4巻に、護摩祈祷(この場合は、不動明王)の最中、お坊さんはどんな感じなのか、どんなことをしているのかの、手順などが描いて…

ぼくのにゃんた

わははは。読んで泣きなさい。 わたくし、不定期ですが、駒場東大の生産技術研究所にも行っております。 バリバリ文系のわたくしが、理系の殿堂みたいなところに行くというのも不思議なことですが、大学を卒業するとき、本当は大学院に行きたかったのですが…

縁は苦となる 苦は縁となる

私は操体を学ぶ者として、橋本敬三先生の著書はしっかり読み込み、反芻しているつもりであるが、いくつか疑問に思っていることがある。 それは、橋本敬三先生が書かれたことではなく、その受け取り方だ。 例えば「自分は組織の長にはならないよ」という言葉…

読書日記12月17日。

ほぼ毎日本は読んでいますが、併読や平行読みをしています。 最近はいませんが「マンガなんでけしからん」という方、いましたね。 マンガ読むとアタマが悪くなるとか(笑)。今やマンガは日本が世界に誇る文化です。私も相当なマンガ読みです(笑) というわ…

ノーベル賞。

丁度銭湯からあがって、タオルを持っている時に、テレビの緊急速報で 「ノーベル文学賞、アメリカのボブ・ディランさんが受賞」 というニュースを聞いてびっくりしました。 それはびっくりしますよね。 "We are the World"のPVなんかでも、トリに出てきてメ…

仁義礼智。

先日、周易のクラスが終わってから、同じクラスの方たちと先生が、黒板に文字を書いていました。 仁 礼 智 云々・・・ 周易と言えば孔子様、孔子様と言えば「八徳」。 「後なんだっけ?」と、皆さん言っているので 「仁義礼智忠信孝悌です!」 「ハタケヤマ…

命・卜・相・医・山

命・卜(ぼく)・相・医・山(さん)を、中国五術と言います。 占いついでに。 普通、占いでは「プロの占い師だったら、命一つに卜二つはマスター」とか言われます。何故なら、命だけではカバーできないものや、卜だけではカバーできないこともあるからです…

失せ物と易と臨床。

世の中には独学で学べるものと、師匠について学ばないと習得ができないものがあります。 操体は独学ではまず難しいでしょう。というのは、人を相手にするものですし、感覚の分析を伴うので、机上の理論ではどうしても補えないところがあるからです。 英会話…

テスト勉強とタロットとマンガ。

知人がブログで、欲しいものを買い、我慢するよりも効率があがった(ざっくりですいません)という話を書いていました。 私ですが、欲しいものは買う派です。 カメラとかレンズとかiPhoneとかiPadとかは買います。 そして、思い出したことがあります。 学生…

12月の藝術部映画鑑賞日記。

この前は itsuka-monogatari.jp というのを見てきました。 世界初のおとぎ話として書かれた作品の映画化です。一言で言えば、母になる、若さと美貌を望む、まだ見ぬ大人の世界に憧れる、というように、女の考えることや望みは、400年前も現在もあまり変わら…

笑いと免疫力

「笑い」と「免疫力」の関係はよく知られています。 何年か前に、村上和雄先生の講演を聞いたことがありますが、先生「日本笑い学会」の会員で、吉本の協力で、糖尿病の患者さんに「お笑い」を体験する前後に血糖値を測る、という実験をしたところ、血糖値が…

「触れ方のマナー」と「感覚」

先日、仙台の奥座敷、秋保の慈眼寺に、塩沼亮潤大阿闍梨を訪ね、お話を伺いました。 その際、大阿闍梨が「感覚」の重要性についてお話して下さいました。 ★瑞鳳殿へ向かう並木道 感覚というのは、とても繊細なものです。 いや、オレは鈍感だよ、という人でさ…

制服姿の少女に思う。

先日、仙台に行った時の話です。 仙台駅前を歩いていた私は、プリーツスカートの制服を着た、多分高校生(中学生くらいにも見えましたが、高校生だと思います)の女子生徒が反対側から歩いて来るのが見えました。 プリーツスカートの下からは、黒いタイツの…

12月の読書日記(1)

ここで政治的なことを云々言うわけではありませんが、 以前ある人物が、ブログか何かで「自分の名前は自民党の代議士の名前からもらったもの」と書いていたことがありました。 私は「へえ-」と思いました。文脈からみると、どうもそれは「自慢」と読めるわ…

慈眼寺の護摩祈祷に行く(5)

護摩祈祷が終わると、大阿闍梨の法話があります。 お坊さんでも、最近は「はい」という返事ができない人が多いそうです。 というのは、親御さんが返事をしなくても怒ったり注意をしたりしないので、返事をしないのが当たり前、ということもあるそうです。 ま…

慈眼寺の護摩祈祷に行く(4)

こちらは慈眼寺の本堂、左手奥に護摩堂があります。 参拝者休憩所に行き、護摩木にお願いごとを書きます。一つの護摩木に名前と満年齢を書いて、裏にお願いをかくのですが、1本1名一願です。 なんやかんやで合計10本くらい書いて(松岡校長の平癒祈願とか、…

慈眼寺の護摩祈祷に行く(3)

写真は、門の前の池です。 境内。ベンチがあってちょっと公園のようです。 門をくぐり、境内に入ります。 ★護摩祈祷の際は、整理券を配っているそうなので、まずは参拝者休憩所に行って、整理券を貰って下さいね。 そして経緯は省きますが、なんと!護摩祈祷…

慈眼寺の護摩祈祷に行く(3)

写真は、門の前の池です。 境内。ベンチがあってちょっと公園のようです。 門をくぐり、境内に入ります。 ★護摩祈祷の際は、整理券を配っているそうなので、まずは参拝者休憩所に行って、整理券を貰って下さいね。 そして経緯は省きますが、なんと!護摩祈祷…

慈眼寺の護摩祈祷に行く(2)

さて、前回は人数もいたので、ハイヤーをチャーターしたのですが、今回はのんびりと行く事にしました。 秋保には秋保温泉という温泉があります。温泉まではバスが一時間に1本は走っているのですが、慈眼寺がある秋保大滝まで行くバスは、土日祭日しか走って…

慈眼寺の護摩祈祷に行く(1)

今年の2月、雪の中、仙台の奥座敷、秋保の慈眼寺を訪ねました。節分の前日というとても忙しい中、塩沼大阿闍梨にお会いしました。 福聚山 慈眼寺 シマジ先生がweb対談なさったご縁で、ご紹介頂いたというわけです。 以下は対談です。 gendai.ismedia.jp gend…

2016年秋季東京操体フォーラム。

いよいよ開始です。

「からだ」が情報を隠す時。

今日の午前はワタシ担当の「視診触診講座」と言っても、最近は「ミドル講習」みたいなものです。 そして、目的は「三浦先生の講習とは芸風が違う」「操体初心者(操体を受けたことがない)」という人を想定してやっている、ということです。 例えば師匠の講…

藝術部活動。クラーナハ

先週の金曜日は上野トーハクに、「禅」を。白隠禅師のだるまさんの絵や(お茶目)、仙厓さんの脱力系とか、何故か特別に若冲が出ていたり、戦国大名と禅の関係の展示(瑞巌寺と政宗公もちろんあり)ありと、見ごたえありでした。 今日は上野西洋美術館へ「クラー…

秋季フォーラム開催に向けて

今日は赤坂の豊川稲荷(実はお寺です)の、荼枳尼眞天に、ボジョレー・ヌーヴォーをお供えしてきました。 秋季東京都操体フォーラム開催も近づいてきました。準備は着々と進んでいます。 実は、昨年、フォーラムの開催を阻害するような、卑劣なことをした輩が…

ききわけれらる人は・・

「からだの声をききわけられる人は、そうでない人の感覚がわからない」 ということもあります。 何度か書いていますが、身体能力が高く(原始感覚にも優れている)、快不快のききわけができるとか、アタマで考えなくても「からだが反応」するような人も勿論…

「からだの声をききなさい」とはいうものの。

「からだにききわけて」というのは、操体の臨床でよく使うキーワードです。 これは、体感語のひとつで、相手(エゴ)が、わからなくてもからだが体感してくれる言葉の一つです。 操体では、この「体感語」をよく使います。 私達は「言葉のちから」を知ってい…