読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

操体と便秘の解消。

私は、その人のお肌の状態で、ほぼ便秘症かそうでないかわかる。
便秘症の方の皮膚には、独特の雰囲気があるからだ。それは、如実に表皮に現れる。

その解消のアドバイスをして、男女問わずきもちいい生活を送っていただきたいと思っている。

私は殆どテレビは見ないが、お付き合いで見たりすると、最近の性能のいいカメラのお陰で、歌手やタレントの肌荒れがよく見える。グラビアやポスターでは、修正機能を使っているのだろう。

 

今日の話題はダイエットと、便秘の話だ。

どちらかと言えば、胃腸が弱いので、あまり便秘で悩んだことはない。しかし、女性はホルモンの関係で、月経前に便秘ぎみになり、開始とともに下痢ぎみになることがある。月のリズムなので、対策はたてられるが、あまりいいものではない。

足趾の操法をやっていると、被験者のお腹がぐるぐる鳴ることがある。面白いもので、操者にも伝染する。また、足趾の操法のあとに、お通じがあったという話も聞く。

介護をされていて、ご家族の方がお通じの具合がいまひとつよくない、という場合は、足趾の操法は役にたつ。

私は2日もお通じがないと具合が悪くなるが、一週間、十日というのは、大変だなと思う。

「いくら食べてもいいが、ちゃんと出しなさい」と、師匠は言う。

 

ところで、以前からだを壊したあと、カフェコロンを試したことがある。20日くらい入院したので、何か試してみようと思ったのだ。

これは何かというと、コーヒー浣腸のことだ。

オリゴ糖の入ったコーヒーを、体温程度の温湯で薄め、それを使う。

私が一時研究していた、エドガー・ケイシー療法でも、コロニックスと言って、直腸洗浄を勧めている。

なお、断食をする前には、浣腸をする。橋本先生も、断食前には、高圧浣腸をかけたと書いておられる。

近代印度の父、マハトマ・ガンジーも、平和祈念の断食業の前には腸を洗浄したと聞いている。

「浣腸」と、聞いただけで、拒否反応を起こす方もいるかもしれないが、お腹の中に余分なものを溜めて、そこから毒素が派生することのほうが、からだにとっては良くない。

 じつは、コロンクレンズ(直腸洗浄)は、クレオパトラの時代から、美容法として行われてきた。昔の人も、便秘が美容に良くないのは分かっていたのだ。

マリリン・モンローも美容のためにやっていたというし、故ダイアナ妃は、香港のクリニックでコロンクレンズを定期的に受けていたらしい。

また、海外では、肌が透き通るようにきれいになる美容法として、知られている。

私が聞いた時は、肝臓の毒消しになると聞いた。

肌と肝臓。肝機能が弱まると、シミができたりする。美肌にも関係あるのだ。

なおダイエットをして、便秘になるというケースもあるが、入れるものが少なければ出るものが減るのは当然だ。しかし、やはり便秘は防ぎたい。

このあたりは、食物繊維をとるとか、むしろコロンクレンズで、腸内で発生した、滞留便をきれいにしたほうがいいのではと思う。

 

幸いにも、「肌がきれいですね」と、言っていただけることがあるが、親に感謝するのと、ちょっと弱いお腹のせいかもしれない。

コロンクレンズは暫くやっていないが、確かに肌にはいいようだ。

 

(ケース) カフェコロン 155g×6缶

(ケース) カフェコロン 155g×6缶

私が大学を出て最初に入った会社では、ダイエタリーファイバー、つまり食物繊維を売っていた。

そこで聞いたのは、一度、お腹の中をきれいにすれば、スリムになれますよ、という話だ。水道管と同じで、汚れがたまって流れがわるいのなら、一度、きれいにする。

断食な前に高圧浣腸をかけるのもそのせいだろう。

カフェコロンスターターセット30缶(正規品)

カフェコロンスターターセット30缶(正規品)