読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

2013年春季東京操体フォーラム

前回から一ヶ月以上時間が経ってしまった。というのは、サイトに第三者が
アクセスし、データの改ざんを行っていたり、あるサイトには「トロイの木馬
が感染していた。まあ、こういうことをやる輩はやるのだ。

そうしているうちに、2013年の大転換期の始まり(誕生数秘学)と言われる
4月になった。ボストンマラソンのテロ、中国の地震など、どうなっている
んだろう?ということが起こり始めた。

また、別方向ではあるが、東大救急病院の矢作先生が週刊現代に「死後の世界」
を語った。大学の先生がそんな事を言うなど、考えられなかった時代が、
変わってきている。三浦先生は「矢作先生は、橋本先生と同じ事を言ってる」
と、私に語った。

人は死なない?ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索?

人は死なない?ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索?

橋本敬三先生は、40年前、三浦先生に「自分のやっていることは60年先を
行っているから、今理解されなくてもしょうがない」とおっしゃったそうだ。

あきらかに、世界は転機を迎えている。

今度の日曜、28日は2013年春季東京操体フォーラムが開催される。

新しい実行委員も増えた。これも嬉しい変化である。

春は実技指導が中心で、今回も午前、午後前半は実技指導、
午後は三浦先生の講義がある。

操体は、進化している。今から20数年前、「楽ではなく快だ」
と、いう意見が出た時「そんなことない」と言った方々が
多かったそうだが、今は誰も「快」という。

「皮膚」という話が出た時も「そんなの操体か?」と言った方々が
いらっしゃったが、あと何年かしたら「皮膚」というものがクローズアップ
されるに違いない。

皆様のお越しをお待ちしております。