読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

イスタンブール経由、マドリッドへ

5月1日に成田空港を発ち、約12時間のフライトの後、トルコは
イスタンブール、アタチュルク空港に到着した。

トルコ航空機内食は美味しい。
今まで何度も食べているがハズレがない。
オリーブオイルとレモンの入った小袋(ドレッシング?)がついてくるが、
これ、何にかけてもいいアクセントになる。

私のように、オリーブ、オリーブオイルの類いが好きなら気に入ると思う。

f:id:lovecats:20130501133012j:plain

一度目の機内食。チキンソテーとナスのトマト煮、
スモークサーモンのサラダなど。

 

着いたのはまだ日が高い7時少し前だ。

イスタンブールは三度目なので、空港も少しは勝手がわかる。
トルコ航空は、トランジット(乗り換え)の場合、一定時間の滞在と、
翌日のその方面の最初の便に乗ると、トランジット・ホテルに一泊できる。

というわけで、トルコ航空のデスクに行き、トランジット・ホテルに泊まり
たい旨を告げ、スターバックスでしばし待つ。

その間、今回同行している三浦先生と島根の福田先生と、バレンシアでの
セミナー(Sotai Forum 2013 Valencia)の内容と、これからの予定について
打ち合わせ。

その後トランジットホテル(今回は空港近くのコートヤード・マリオット)に
バスで移動する。セキュリティが厳しいというか、ホテルのロビーに入る際も
荷物のチェックとボディチェックがあった。

ロビーで暫く待ち、やっと部屋のカードキーをもらう。エレベーターで
宿泊階の8階を押すも、何故か押せない(?)。
0階(1階のことです)に戻り、係員に聞くと、セキュリティの問題上、
エレベータ内に、カードキーを入れる穴があり、そこにカードを挿さないと
目的階に行けないのだそうだ。

というわけで、やっと部屋にたどりつく。

その後ホテルのロビー階にあるレストランへ。

f:id:lovecats:20130501211352j:plain

チキンとヨーグルトのケバブ、ピッツア・マルゲリータ、
オリーブとエビのトマトソースパスタをオーダーする。

翌日は3時起き、4時集合ということで、就寝。