読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

萌える「エロスキ」。

はい、タイトルを見て「何じゃ?」と思ったことだと思う。

日本人なら「エロ好き」と想像してもおかしくない(笑)。

EROSKIというのは、スペインでも大手のグループ企業なのだそうだ。
小売り、流通、旅行代理店などを手がけているらしい。

ホテルの近くをうろうろしている時、道を歩いている女性がいたので
聞いてみると、近くにあるスーパーマーケットの場所を教えてくれた。

その通りに進んでいくと、スーパーマーケットがあるではないか。

f:id:lovecats:20130502123100j:plain

★EROSKIの入り口です。

それにしても、どうして異国のスーパーマーケットというのは
面白いんだろう。
見たことがないものがある。想像を絶するものがある。
「これ何だ?」という物体がある。
「こんな巨大なヨーグルト、何日で食べるんだ?」というのがある。
かの「ポッキー」は「Mikado」という名前で売られている(ああ、
買ってくればよかった)。かにかまぼこも売っているが、似たような
もので、シラスに似せた「しらすかまぼこ」みたいなものもある。
とにかく燃えて萌えるのである。

私が毎日食べていたのは、プリン(フラン)だった。日本のプリンと
大差ない。実は日本でも殆ど毎日一個は食べているので、プリンが
売っているのは非常にありがたかった。

ワインが1ユーロ25セントで売っている。
日本からの輸入味噌汁がやけに高い。
日清の焼きそばとか出前一丁も売っている。

スペイン住まいが長い小野田先生曰く「日○のカップヌードルとか
売ってるけど、日本のと微妙に味が違う」とのこと。

なお、スペインの大きめのスーパーマーケットでは、お肉屋さんと
チーズとハム屋さん?と、魚屋さんは量り売りしている。

f:id:lovecats:20130502123423j:plain

アンコウを何度か見かけたが、小野田先生によると、スペインでは
通年アンコウを食べるのだそうだ。もっとも、アン肝は殆ど日本に
輸出しているらしい。そういえば日本で見かけるアンコウって、
「スペイン」って書いてあった。

いかんいかん。ついつい夢中になりまして・・・