読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

博多@中洲の夜

考えたら五月は半分以上旅をしていたような気がする。
クライアントのUさんが、「旅慣れてくると、長時間のフライトが
短くなるって言いますよね」と言っていたが、確かにそんな感じがする。
今回イスタンブールまでの11時間は、何だか短かった。
持って行く荷物も減ってゆく。逆に「これは必要」というものも
わかってくる。

また、最近は飛行機に乗ると爆睡してしまうので、寝ていたら着いた
という感じなのである。

前置きはいいとして、6月5日、午後2時、福岡空港に着いた。
羽田で飛行機に乗り、気がついたら離陸していた。
次に目が覚めたのは、着陸時の車輪のバウンドだった。

今回は「読書の快楽」というイベントに参加するための福岡入りである。

その前のプレイベントとして、天神にある「書斎り〜ぶる」で、
中洲生活40年の藤堂和子ママと松岡正剛校長が「美しいオンナ」という
テーマで本について語るというトークライブがあるのだ。
今回このイベントを仕切っているのは、編集学校の同期師範代の中野女史である。
彼女は九州のISIS編集学校系の皆さんを束ねているのだ。

また、大阪の編集学校を束ねる赤松女史とも再会を果たした。

秋穂さんも一ヶ月ぶりである。

「中洲通信」というのは、聞いたことがあった。
それを30年続けたのが藤堂ママなのである。

また、ジャンケンが強いそうで、それでも有名らしい。

ママは本がお好きだそうで、本を読むために、目の手術まで
されたそうだ。何となくそれはわかる。

中洲通信 親子三代ママ稼業

中洲通信 親子三代ママ稼業


祖母から三代続くママ稼業。人生・恋愛論としても
なかなか参考になります。

本を読むことのメリットというか、読まないデメリットを挙げると

「聞いた話、読んだ話をすぐ鵜呑みにする」ということだ。
これはよくわかる。何か一つを読んでも、敢えて反対のことを書いてある
ものを読む。

例えば橋本敬三先生の本を読む。うちの実行委員連中は、原稿用紙に
「からだの設計にミスはない」を書き写している。これを繰り返していくと
あるいは「生体の歪みを正す」を何度も読み込んでいると、操体の骨子が
染みてくる。それから、操体とは全く反対のセオリーの本を読むと、
「どこが同じで、どこが違うのか」というのがわかる。
ところが、橋本敬三先生の本を読み込まずに、何でもかんでも読み込むと
「何でもあり〜の」みたいになる。


松岡正剛校長は、先日「オデッサの階段」で、美輪明宏さんが
「声がいい」というコメントをしていたのが印象的だったが、
声がいいのである。特にナマで聞くとそれがよくわかる。
私は声フェチなので、声がいいオトコには甘いのだ(笑)。
私の父は、友達から電話がかかってくるとよく出た。
友達にいつも「今の、お兄さん?素敵な声ね」と言われた。
歌も上手いヒトだった。まあ、父方のオトコ兄弟は皆声がいい。

うちの父はいいとして(笑)。

「え〜、松岡です」というシブい声にやられた輩は多いのである。
また、藤堂ママはハスキーでいい声をしていらっしゃる。
歯切れのいい博多弁でぽんぽんと松岡校長に返すのは、聞いていても
気分がよかった。
ここで博多の秋穂さん(あきほ整骨院@福岡博多で唯一の操体の師範代)と
再会。大阪でISIS編集学校を束ねる赤松女史とも再会したのであった。
なお、今回博多育ちの師匠も参加でした。

トークライブが終わったあと、中洲の元「ロックハリウッド」(現エタニティ)
で「読書の快楽 in ロックハリウッド」が行われる。

会場に移動して、入り口で待っていると、松岡校長が到着し、ご挨拶をする。
私は松岡校長を師匠のツーショットを撮るという積年の野望を果たす(笑)。

f:id:lovecats:20130606173844j:plain

秋穂さんに「ここってナンだったの?」と聞いてみると、浅草のロック座
系列のストリップ劇場だったらしい。舞台右手の螺旋階段がなんともいい。

中に入って席につくと、上の方から松岡校長の声がした。
「タバコ、こっちで吸えるよ」

次の瞬間見上げると、師匠が松岡校長と
ソファに座って互いに一服していた。

さてさて、時間になり、ライトダウンすると、右手の螺旋階段から
きらびやかな衣装に身を包んだパフォーマーが踊りながら降りてきた。
(編集学校の学衆さんだそうで)

同時にピアノと筑前琵琶がステージで鳴り響く。
後で聞いたところ、この三人は今日が始めての即興セッションだったそうだ。
ピアノもビンビン響いたが、琵琶のビンビンが印象的だった。
それにあわせて「どくしょの かいらく・・」という松岡校長の声が響いた。

スイッチが入る。

本とはもっと気軽に付き合っていい。

本を読めないという人は、大抵全部理解しようとか
内容のモトをとろうとする。

最後まで読めないことに対して罪悪感を抱いたりする。
そんなことはない。本とはもっと自由に付き合えばいい。