読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

足趾の操法と即効性。

足趾の操法集中講座」を毎月二回、第一、第三日曜の午前中開催している。

前回は「触診」の講義をした。

以前から「触診」の重要性を説いている。
問診、視診、触診、動診。
触診は、動診に先立つものだ。

f:id:lovecats:20130627170556j:plain

 

今日は「足趾の操法」の個人レッスン。
私が被験者役になった。
脛骨(内側)の際に触れると、骨の際がざらっと、
のこぎりの歯のような感触がある。
足底から内果(うちくるぶし)、アキレス腱の間のくぼみに、
ぶよぶよしたような、妙なかたまりがあり、その隣は
指尖(しせん)がずぶずぶ入る。「虚」になっている
状態だ。
先日の打撲のせいもある。

受けているうちに、妙な固まりが溶けてゆき、
元気がなかったところに弾力が出てきた。

受講生のOさんは驚いていた。
私もわかってはいるけれど、やはり驚いた。

これだけでもからだの感じは全く違う。