読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

夏バテ対策方法

f:id:lovecats:20130824092735j:plain

 

小十郎景綱ジョン・ランボー君お誕生日おめでとう(一歳)
最近学習してドアをあける(らしい)。

お天気のことは言うなと言いますが、
今年も去年に引き続き暑いですね。朝5時に起きてもすでに暑い。

流石に早朝の散歩(トレーニング)はお休み中です。

先週は余りの暑さにバテていましたが、
うなっている時に「甘酒は夏の季語」というのを思い出しました。
甘酒というと冬じゃないですか?と思っていたのですが、
江戸時代は暑さにやられて亡くなるヒトが多かったので、
甘酒で栄養をつけていたんだとか。栄養ドリンクだったわけです。

 

どちらかと言えば暑さに弱い私ですが、
健康のバロメーターは、食欲です。
と言っても、調子が悪くても食べられるものがいくつかあります。

それは、タン塩です(笑)。
タン塩にご飯だったら、食べられます。
参鶏湯なんかも「効くなあ」と思います。

また、回復期などに「これだ」と思うのは、三茶にある
「長崎ちゃんぽん」のもつ煮込みです。
これは「きたなシュラン」でも認定されています。
私は半煮込み(ハーフサイズ)で十分ですが、ここのは本当に美味しい。

ある料理研究家は、子どもの頃わかめの味噌汁を飲むと風邪が治る、
と、信じていたそうです。

森鴎外の娘、作家の森茉莉が書くエピソードに面白いものがあります。
彼女あるいは彼女がモデルの少女は三歳の時、百日咳にかかっります。
そして「この医者が言ったら当たる」という医者に
持たないでしょうと言われます。ところが、病床で熱に浮かされている
彼女は「にゅうと、ねい」と言います。
父は「牛と葱」と気づき、上野の精養軒に注文します。
彼女はこの「牛と葱」を食べてから、劇的に回復するのです。

何かそういう「生きる力を与えてくれる食べ物」があるといいなと思います。

甘い蜜の部屋 (ちくま文庫)

甘い蜜の部屋 (ちくま文庫)