読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

末端からか、腰からか。

橋本敬三先生が90歳を越えてから
「連動は末端からなんだけどな」と、ある弟子に言った。

「般若身経」として知られている操体の「基本運動」には、
二つの意味がある。
一つは、養生法、健康体操として、健康維持増進のためとして。
もう一つは「からだの使い方、動かし方のルール」としてである。

これは非常に便利なもので、
基本であり(スタンダードであり)
診断法であり(動かしてみるとわかる)
治療法(自分で治せる)
の3つの側面を持つ。

般若身経は何度も改訂されている。


先日講義でも話をしたのだが、私の受講生が10年程前、
関西地方の操体講習を受けるというので、「行ってらっしゃい」
と、送り出した。
その後聞いてみると、側屈が側屈ではなく
「脇伸ばし」というらしい。
興味深いので、関係者に聞いてみたところ、側屈をすると、
股関節に痛みや異常を訴えるヒトがいるので、側屈ではなく
「脇伸ばし」と言っているらしい。

私は考えた。
これは「膝のちからをホッとゆるめる」以前の、自然体立位で
やっているからではないか。

橋本先生の本で、般若身経で「膝のちからをホッとゆるめる」という
記載があるのは「からだの設計にミスはない」からだ。
それ以前には「膝のちからをホッとゆるめる」という記載はない。

からだの設計にミスはない―操体の原理

からだの設計にミスはない―操体の原理

「万病を治せる妙療法」などの口絵は、膝がピンと伸びている。
この状態で側屈をすると、確かに股関節近辺に負荷がかかる。

そして、膝の力をホッとゆるめて行うと、母趾球付近に体重が乗り、
側屈しても股関節には負担がかからない。

「O脚のヒトはどうするのか」という質問もあったが、
膝がゆるんで(曲げているのではない)、体重が母趾球辺りにかかっていれば大丈夫である。

なるほどな、「般若身経」もマイナーチェンジをしているのだと思った。

冒頭に「末端から動く」という話を書いた。

側屈を腰から動かす、私も最初そう習った(三浦先生に習う前です)。
ところが後に、橋本先生が足の親指の裏(母趾球)で、蹴り込むように
とおっしゃっていたという話を聞いた。

また、最初に、前屈は踵に体重を乗せて前屈すると習った(ホントです)。
これは、多分「後屈は、つま先に体重を乗せる」という記載の逆と、
膝を緩めないからだろう(膝裏を伸ばしたまま前屈すると、踵に体重
がかかる)

そういうことを経て、「マイ般若身経」もマイナーにバージョンアップしている。

現在は、自然体立位の場合、橋本先生も著書に書かれているように、
利き手と軸足を考える。足は腰幅(骨盤が両足の内側に入る幅)、
つま先と踵は平行に。この際、踵と拇指球を意識すると、平行か
そうでないかわかる。

  1. 利き手と反対の足、つまり軸足を半歩つま先を内側に向けて立つ
  2. 骨盤を定位に戻す
  3. 背筋を軽く伸ばし、目線は正面の一点に据える
  4. 膝のちから、あるいはお尻の力をホッ、ゆるめる

この姿勢、武術の構えや立ち方に似ている。
膝をゆるめるのは、太極拳の「含胸抜背」(がんきょうばっぱい)
にも共通している。骨盤を反らさない(出っ尻にしない)のも、
似ている。ちなみに、骨盤を反らすと、前屈した際、
首のちからをゆるめることができない。

ここから、前後屈、左右捻転、左右側屈を、末端(母趾球)から
始める。

朝令暮改ではないが、原理原則に適っていれば、
マイナーチェンジを繰り返してもいいのではと思う。