読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

操体は、リベラルアーツである。

これは、今回の秋のフォーラムの初日のテーマである。

最初「操体は学問でなければならぬ」と言ったのは師匠だった。

操体は、リベラルアーツである」と言ったのは、
東京操体フォーラム賢人組、鍼灸や漢方、理学療法、クラシックから文学までと
幅広くカバーする東の賢人こと半蔵さんである(西の賢人は日下さんだ)。

操体法、というのは、
操体の中でも、橋本敬三医師が行っていた臨床の部分を指す。

操体、というのは「息食動想プラス環境」をも含めた
橋本哲学(死生観や生命観などを含む)全体を指す。

なので「操体法」というのは操体のほんの一部分に過ぎないのである。

操体の中には、神代文字とか宗教とか食養とか性に関する話とか
日本神話とか、とにかく色々な話が登場する。

また、操体の根底に流れているのは

「絶対」と「相対」の区別を明確にする、
つまり、生まれながらにして救われているという「絶対」と
娑婆で自分のやったことは因果応報で返ってくるという「相対」の
違いを明確にするということだ。

これは「救いと報い」という言葉で書かれている。

あることをないと思い、ないことをあると思って苦しむ。
これを仏教では「妄想苦(もうぞうく)」というそうだ。

今回のフォーラム初日では、

橋本敬三先生が晩年勉強なさっていた

「相似象」や、九星気学
易、宗教(大本教とかもろもろ)などが登場する。
操体と何が関係あるの?と思うかもしれないが、

これが関係しているのだ。

私自身もとっても愉しみにしている。


2014年秋季東京操体フォーラム(速報) « 東京操体フォーラム