読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

芸術の秋。北斎とウフィツィ。

昨日夕方、以前からチケットを買っておいた、東京都美術館
ウフィツィ美術館展(ウフィツィとはイタリア語でofficeのことらしい)へ行ってきた。

途中、空いていたらボストン美術館から来ているHokusai展にもよろうかと思ったら、70分待ちだったので、素通りした。

ウフィツィ美術館フィレンツェにあり、メディチ家が多いに関わっている。


ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで Arte a Firenze da Botticelli a Bronzino: verso una ‘maniera moderna’

ボッティチェリの「パラスとケンタウロス」もやってきている。

東京都美術館は広いのでなかなか見応えがある。
これは、フィレンツェに行きたくなってきた。

そして今日、たまたま上野に用事があり、折からの冷たい雨。
これはもしかしたら空いてるかも?と思い、上野の森美術館に寄ってみた。

ここは上野駅から一番近いのだ。

雨が降っていたが、人が並んでいた。しかし15分くらい並べば入れるという。
私は前売り券を持っていたので並ぶことにした(美術展はチケットを買っていったほうが便利である)

浮世絵が好きだ。
西洋絵画でもミュシャとか好きだし、色がいい。
あと、お化けや妖怪のシリーズも楽しい。
先日も世田谷美術館に「ジャポニズム展」を二回見に行ったが(これもボストン美術館)、浮世絵に目が行ってしまった。

実は、浮世絵専門の太田記念美術館とか、来年は年間パスポーを買おうと思っている位なのである。


ボストン美術館浮世絵名品展 北斎|上野の森美術館|2014年9月13日(土)〜 11月9日(日)

雨が激しく降ってはいたものの、すぐ屋根の下に入ることができた。
平日夕方で雨なので、いつもよりは空いているようだった。

入場も制限入場だ。

ちなみに、お連れ様がいたりするとこのお連れ様がまたせっかちなので(笑)
まず音声ガイドなどは聞いているヒマがない。
今日は結構たのしみだったりする音声ガイドを借りた。
案内は市川猿之助。いい声だ。

有名な「神奈川沖浪裏」(Great Wave)とか「凱風快晴」(赤富士と呼ばれている)をはじめ、観たかった百物語の「お岩さん」。五枚つづりの北斎にしては珍しいと言われる「吉原遊郭の図」。美しい花鳥画シリーズ。

混んではいるものの、十分堪能できた。

図録を買ってきたが、もう「うっとり」である。

もう一度行こうと思っている。

その前に、前半見に行った菱田春草展の後半にも行かねば。
これは前半後半とで展示物が変わるので二枚組のチケットを買った。

前半が白猫、後半が黒猫なのだ。


菱田春草展/2014年9月23日(火・祝)~11月3日(月・祝)/東京国立近代美術館

前半には既に行き、白猫と黒猫があまりに可愛いので連れて帰ってしまった(笑)

f:id:lovecats:20140927214558j:plain

考えてみると、今年の秋は「私のマーガレット展」にも行ったし「ジャポニズム展」にもいったし、リサ・ラーソン展にも行った。台湾の故宮博物館の展覧会(ハクサイは既に帰国後)も行った。なんやかんやで行っているものだ。