読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

寝違いを操体でどう対処するか。

昨日の話。

フォーラム実行委員のS君は、寝違えたらしい。

というわけで、実際に寝違えの患者なりクライアントが来たらどうするか。

 

実は、ギックリ腰と寝違えというのは、結構な臨床家泣かせの症状。
私も駆け出しの頃はアタマをぶつけたものです。

★私が最初に操体を習ったのは、三浦先生の初期の受講生の受講生の方でした。

ましてや、第一分析と「連動操体っぽい」もので、「痛いほうから痛くない方へ」しか習っていなかったもので、結構ぶつけました。

私が「きもちよさでよくなる」に走ったのは、「辛い方から楽な方へ動かして、瞬間急速脱力」では「足りない」と思ったからなのです。

 

その後紆余曲折し「痛いところには触らずに、遠隔で行く」というのに巡り会いました。これは、驚きでした。ところが、三浦先生に師事してから、その上をいくモノがあることを知りました。

丁度そのころ、会社の倉庫でハシゴから転落し、上腕を骨折した若い男性が来ました。ギプスがもう少しでとれるところだそうですが、腕が猛烈に痛い。薬を飲んでも痛い。
その方は、初診ではなく、何度か診ている方でした。操体ならなんとかしてくれるだろうと、いらっしゃったのです。

こういう場合、ギプスをしている患部に触れることはできません。でも、操体はそれでもアプローチできます。遠方から、遠回しに行くのです。

 

昔話はおいておいて、

三浦先生(師匠)「誰かやってみるか」ということで、挙手した受講生の一人が師匠の「ここをさわってみろ」という言葉に従って、そこに触れます。

★どこに触ったかはナイショです

そこからもう一人交代して、同じところに触れてみます。

逃避反応はありますが、ちょっと甘い(笑)
その後、S君は立ち上がり、足踏み、膝の屈伸、前屈をやってみます。

先程よりはいいようですが「もっとどうにかしてほしいか?」という師匠の言葉に
首を縦に振ります。

そこで、もう一人の受講生が登場。
T12 に触れてみろという師匠。
ちょっとT12 の場所に躊躇か。

そこで私が「T12はここじゃ」と示します。

それから、彼は、そこにアプローチしました。

S君に無意識の動きが発動しました。

舞っているような動き。本人の口から「きもちいいです」という言葉が漏れます。

 

落ちついてから、もう一度足踏み、屈伸、前屈。大分いいみたいです。

 

最後、師匠が私を指名しました。

手のある箇所に触れて診ろということです。

 

触診は私の得意(笑)分野ですから、
「即逃避反応」です。
「同じ場所を五箇所押して、逃避反応を五箇所誘導してみろ」と師匠。

「ハイ。S君ゴメンネ」

かわいそうにS君は5通りの逃避反応を示したのでした。

といっても、私のは「秒殺」なので、痛いのはその時だけで、
あとはスッキリだからごめんね。

 

終わってから、S君は足踏屈伸前屈後屈、捻転などをやりましたが、
ほぼOK。

 

操体は、寝違えでも首に、痛いところに触らずにアプローチができるのです。

 

お疲れ様でした。