読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「快からのメッセージ」増刷のお知らせ

お待たせ致しました。

品切れになっていた「快からのメッセージ」が増刷になりました。

「皮膚へのアプローチ」を詳しく学びたい方は是非。
私は自分の受講生には「絶対読め。わからなければ100回読め」と言っています。
「楽と快の違い」がわかり、皮膚へのアプローチの理解が深まります。

快からのメッセージ―哲学する操体

快からのメッセージ―哲学する操体

 

 ★たにぐち書店さんに頼んだほうが早いと思います。

ここ最近、「皮膚」に対する興味が、
操体関係者の中でも高まっているようです。

先にも書きましたが、皮膚という概念がなかった時に
師匠、三浦寛が「皮膚への接触」を発表した際、

多くの操体関係者は

何言ってんだ?

みたいな反応をしました。
私は目の当たりにしております。

ところが、近年は「何言ってんだ?」と言っていた
方々から「皮膚操体」という言葉を聞きます。

 

私は、五年前に「五年後、今まで皮膚を無視していた
操体関係者が『操体って皮膚よね』と言い出すよ」という
予言をした話を書きましたが、まさにその通りになっている
という次第。


「快」の時もそうですが、「皮膚」についても
操体ってみんなのものだから、自由に使っても
いいじゃ~ん」というに違いありません。

まあ、そこが結構ずるいといえばずるいと思います。

 

それはさておき、

 

★浦自身は最近「皮膚操体」という言葉は使わず
皮膚へのアプローチ、渦状波と言っています。

「皮膚操体マッサージ」
操体的マッサージ」など、

(注:そもそも、マッサージという言葉は、
資格所有者以外は使ってはいけないものです)

皮膚を引っ張ったり揉んだりつまんだり捻ったりという
刺激がメインのようです。

「楽な動き」をやっていた先生方が、
「言葉だけの快」に移行した時のように、
(言葉では快、といっているが、やっていることは
楽か辛いかの比較対照なので、診断分析が混乱している)

皮膚に触れれば「皮膚操体」みたいな
安易な感じも見受けられます。


★三浦が唱えている「皮膚へのアプローチ」は、
刺激にならない接触です。

これを「渦状波®」と言います。

面の渦状波、点の渦状波というものがあります。

これらは、刺激にならない、皮膚への接触です。

そこが違うのです。