読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

操体臨床家は、自分のケアができる。

操体の臨床をやっていると、
操者(治療者)も元気になってくる。
それが操体の特徴の一つでもある。

他に「治療者も元気になってくる」
なんていうモノはあるだろうか?

これは、治療者(操者)も、被験者と一緒に
「快」を味わい、共有するからである。

 

なので「楽な方に動かして、瞬間休息脱力」では
快の共有はできないし、
「どちらがきもちいいですか」
「きもちよさを探して(動いて)」というような
いわゆる「※迷走分析」では、被験者が「快を味わう」
というケースは殆どない

 

※迷走分析 
第一分析と第二分析を混同、つまり「楽」な動きに対する診断分析と、「快適感覚」に対する診断分析を混同していること。
特徴としては「どちらがきもちいいですか」という問いかけや、最初から「きもちよく動いて」という指示をしたり、きもちのよさを押しつけ、「楽」の問いかけをしているのに「きもちよさ」を強要し、被験者に「自分はきもちよさがよくわからない」という不安を与えてしまうことが多い。

 

また「自力自療」の操体もあるので、
日々のメンテナンスも可能である。

「連動」をマスターしており、
「快の回路」が通っていれば、
からだを動かさなくとも、また、
指一本動かしただけでも、快的感覚を味わうことができし

 

 

先日、柳生心眼流の島津兼治先生のお誘いで、
師匠と一緒に先生の勉強会に参加してきた。

f:id:lovecats:20150124213552j:plain

★手首の筋を操作する島津先生の図

前半の部では、人生50年近く腰痛に悩まされ、
それが腱引き(筋整流法)に出会ってから、
腰痛の悩みから解放されたというドクターの講義があった。

ドクター曰く、
「治療家(臨床家)は、やはり自分の健康維持管理が大切」
とのことで、なるほど、と思ったものである。

 

ちなみに、いわゆる治療家の先生方は、
結構短命が多い。

私の知っている先生も何人か
操体以外の先生方、例えば整体などである)
50代半ばや60代前半で急逝なさったりしている。
「健康」を指導している先生方が、である。
残念なことである。

これは、自分自身の健康を削ってまで、他者に貢献している
ということなのかもしれない。

 

操体に関しては、橋本敬三先生からして96歳という
長寿を全うされた。

これは「快」のお陰ではないかと思う。

橋本敬三先生は、85歳を越してから、
「きもちよさで良くなる」というように、操体の定義を
シフトチェンジなさった。

80歳までは、操体以外にも様々な治療法を
何でも試してみたそうだが、80歳にして
「自分のやっていることは間違っていなかった」と思うに
至ったという。それが「きもちのよさで良くなる」ということだ。

★これは「きもちよく動く」という事とは、ベツモノである。
★動いてみないと「快か不快か」はわからない。
★きもちよく動く、というのはその後だ。
★動いてみて、きもちよさを味わうことによって、良くなるのだ。