読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

GWの講習の予告。

昨年は「般若身経インストラクター養成講座」をやりました。

毎年ゴールデンウィークは、
結構お得?な講習を企画しています。

さて、今年のGWの予告ですが、

2つの講習を連続して五日行う予定です。

講師は

三浦寛人体構造運動力学研究所所長、操体臨床歴40数年)と、
わたくし畠山裕海(はたけやまひろみ)です。

予定

f:id:lovecats:20140926171436j:plain

5月2日(土)3日(日)は、

足趾の操法に加え「手指の操法」、そして
最近足趾の操法に仲間入りした「アレ」です。

受講対象者は、足趾の操法アドバイザー、
もしくは現足趾の操法集中講座受講生、
操体法東京研究会講習受講生です。

また、操体プラクティショナー
感覚分析診断操法士の受講も可。

なお、足趾の操法アドバイザーも、
スキル向上とブラッシュアップのため、
数年に一度程度の「更新研修」も兼ねる予定です。

一般の方で、
受けて見たいという場合は応相談。

 

そして5月4日5日6日は

操体のみならず、
現在の手技療法界に圧倒的に
足りない「視診触診」に、気功を用いた
「直感力」の「総合診断・分析力養成ギプス??」とでも
言うべきものを行う予定です。

視診触診には「コツ」があります。

また、操者一人一人も、それぞれからだに独特のクセが
あります。

そのクセの補正をすすめていきながら、

臨床家、手技療法家、ヒーリング関係者などに
必須の「邪気などを除ける」手法を指導します。

ワタシはその昔、某所で
「才能あるから気功やらない?」とスカウトされて
外気功(医療気功)を学びましたが
20年経ったので、そろそろ後輩に伝授してもいいだろうと
三浦先生に相談したところ、快諾いただいた次第です。

 

レイキの方には申し訳ないのですが、
私が気功を習ったセンセイのところには、
「レイキじゃ間に合わない・・」という
レイキ・ヒーラーの方が結構いらっしゃっていました。

エネルギーの補完循環システムが違うからだと思います。


これは本格的な「修業」であり、
講習終了後も一定期間「業(ワーク)」を積んでいただきます。

「ワタシぃ、霊感つよいからもらっちゃって・・・」というのは
臨床家としては、自衛不足です。

エネルギーのコントロールができるということは、
診断分析にも役立ちますし、
「あの先生はなにか違う・・」
「なんだか手が違う・・」

ということもありますが、

ご自身も

「手がいくべきところに、自然にいく」
「触れるべきところにふれることができる」
「直感力が深まる」
というメリットを感じていただけると思います。

 

★こちらの三日間は、特に受講資格などはありません。

 

詳細はまた追ってお知らせいたします。