読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

100万ピースの存在。深町めいしゅう氏の個展

それは3月25日、渋谷道玄坂のライブハウスで
佐藤正治さんのバンド、MASSAのライブが始まろうとしていた時だった。
師匠と寺本君と私は、ある男性に出会った。
話を聞いてみると、佐藤さんの奥方、香さんともご縁があり、
師匠が先日購入した絵の作者「まーくん」をご存じだという
「貼り絵画」の深町めいしゅうさんである。

30日に個展「 貼り絵画展 100万ピースの存在 」の
レセプションがあると聞いた。

場所は駒場、松見坂の「テルチ」というバーである。

丁度この日、私は駒場東大の生産技術研究所お仕事の日だったので
テルチ」には徒歩でも行けたのだが、三茶で師匠をピックアップせねば
ならない。一度三茶まで戻って、タクシーに乗った。

淡島通りの松見坂あたり」と言ったら、タクシーの運転手が
元気に返事をしたものの、へんなところへ行く。
カーナビで「渋谷区松見坂」という住所を探したらしい(汗)

「ええっと、松見坂は駒場です」と言ったら
「渋谷区を探してるんですが、駒場がないんです」というので(汗)
駒場は目黒区ですよ」と言う。
運転手は「目黒区」を探しているが、うなっている
画面に「駒場」が出ていたので
「カーナビに『駒場』って出てますよ」と言ったら
「え?これってババじゃないんですか???」という答えが(笑)。

こまばだ〜っ(笑)

その後路地に迷ったりしてタクシーはやっと到着した。
寺本君が先に待っていた。

 

レセプションは既に始まっており、挨拶をして中に入り、めいしゅうさんの
作品の現物を(ネットで写真は観ていた)観て驚いた。
100万ピースの存在、とはまさに。写真ではとても伝わってこないような
迫力がある。

f:id:lovecats:20150401154024j:plain

私が一番惹かれたのは、この「木」。
時節柄桜のような気もするが、これは丁度3月11日の
震災後の作品だそうだ。

私はこの絵の左側にものすごいパワーを感じたので、
手をかざしてみた(流石視診触診講師笑)。
盛り上がってくるようなエネルギーを感じた。
師匠と寺本君に手をかざしてみるように言うと、
二人ともそこに「気のかたまり」のようなものを感じたようだった。

とにかく間近で観るとすごい迫力なのである。

f:id:lovecats:20150401154644j:plain

★これ、貼り絵です。

f:id:lovecats:20150401154856j:plain

厚みと立体感と色の鮮やかさ。

いや〜、いい目の保養をしたものだ。

ありがとうございます♪