読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「女子の人間関係」

「書庫」ではなくこちらで紹介しようと思う。

 

女子の人間関係

女子の人間関係

 

 ★紙の本もあります★

 

この本を読んで

自分が何故

群れたくないとか

女子会よりもオヤジと飲んだほうが気が楽だとか

オトコ友達のほうが多いとか

スピ系のマダムの集団には嫌われるとか
(その反省点もよくわかった)

 

スピ系のマダム集団ではなくとも
ある種の女性には嫌われるワケもよくわかった。
(別に嫌われてもいいけど)

 

★私は「女」度が低いのだ
オヤジだという説もあります。。(笑)

 

★師匠のファンの方にはよく嫌われます(笑)

 

そして
私は「占筮家」の顔も持っているが、
相談に来る女子の悩み(人間関係)の
原因というのが

 

よ~くわかった。

 

女子の人間関係の悩みは
「女」度が高いこと、
それに巻き込まれていることがほとんどなのだ

 

★この本には「具体的にどうしたらいいか」ということも
書いてある。

 

 

そしてこの本は

「オンナ同志の付き合いに何だか疲れている」
というアナタに役にたつし、
妻やパートナーや彼女が
何故オンナ友達の悪口を言う割には
結構付き合いが長いのか、という疑問を持つ
殿方にも役立つであろう。

 

 

私は女子校育ちだが、昔から友達は「群れない」のが多かった。

大学まで10年間同じところにいたが、どうやら「女子校育ち」のほうが
「女の嫌なところ」を学ばないで育つような気がする。

 

というのは、高校から編入してきた同級生の多くは
「男子」に目線が行っていたのだが、中学からの組は
あんまり気にしていなかったような気がする。

 

オンナというものは、そもそもオトコに
選ばれる性である。

 

この「選ばれる性」というのがどうやら根本的な問題らしい。

そして、この「女」の特徴を知ると、女性との関係がスムーズになると言っているのである(女のいやな部分をこの本では「女」と言っている)

  • 自分よりも恵まれた女性に嫉妬し足を引っ張る
  • 裏表がある
  • オトコの前でかわいいオンナとか頼りないオンナを演じる
  • 他の女性を差し置いて自分だけが好かれようとする
  • 恋人ができると激変する
  • すぐに群れたがる
  • 自分は自分、他人は他人という見方をすることが苦手
  • 自分と違う意見やライフスタイルを持つ相手を尊重できず「自分が否定された」とみなし、そういう人を敵ととらえる
  • 感情的に「敵」「味方」を決め、自分をちやほやしてくれる人には限りなく尽くすが、「敵」にはとことん感情的に攻撃する
  • 陰口とかウワサ話とか他人についてのネガティブな話が好き
  • ストレートに話さず、間接的で曖昧な話し方をして「ねえわかるでしょ」という態度をとる。わかってもらえないと機嫌をそこねる
  • 「お母さんぶり」「お姉さんぶり」をする。相手のことは自分が一番わかっているという態度で、悪気はなくとも意見の押しつけをしたりする

この本の目的は

「女」に注目することによって、女性としてたのしめることを失わないまま、しなやかに強くなることができる。
結婚している/していない、働いている/働いていない、子どもがいる/いない、どんな立場でも関係ありません。

「女を捨てた」わけではなく「女」のいやな部分から解放されて生きていく、という新しい生き方を目指せるのです。

 ということ。