読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

美の宴 操体フォーラム芸術部。

さて「うらめしや」の次は「美の宴」。

www.hotelokura.co.jp

 です。

ホテルオークラ東京の本館は、建て替えのため8月末でクローズします。

その前の、最後の大イベントなのです。

f:id:lovecats:20150814171439j:plain

f:id:lovecats:20150814171925j:plain

★「テラスレストラン」にはお世話になりました。




操体の創始者、橋本敬三先生のご子息のお一人は、
ホテルオークラ東京に勤めていらっしゃいました。

橋本保雄さんと言って、伝説のホテルマンと言われていた人です。
保雄氏が引退後、「橋本保雄が引退してから、オークラのサービスの
質が下がった」とどなたかが本に書いていました。

 

★なお、保雄氏が東京の宮城県人会の会長をしていたという話を
聞いたことがあります。
保雄さんは昭和9年、私の父は昭和10年生まれなのですが、
私の父も東京の宮城県人会の役職だったそうなので、
二人とも生前知り合いだったかも、と思うと面白い限りです。


三浦先生から、
保雄氏が、全国大会(全国操体バランス運動研究会)の席で

「君達は、自分達が勉強したことを、こんなに安売りしていいのか」
という話をなさったことを聞きました。

 

操体を「健康体操」だと思っている方々
例えば私は実際「操体って安いもんだと思ってました」(今も思ってるでしょう)
という言葉を関西の操体指導者から聞いています。

 

まあ、健康体操とかラジオ体操習うのに、
わざわざ東京行ったり、高い受講料払うことはないでしょう。

 

だから「操体って安い」とか、操体のイベントの
参加費用が2000円とか3000円とか、
驚くような安さなんだと思います。

逆に「操体は臨床として素晴らしい価値があるし、
からだが満足してくれる」という信念があれば、
それなりのお代はいただくのは当然です。

 

★健康保険が効くとか、
もっと安いほうがいいという方は、そちらに行けばいいのです。

例えば一回1000円の保険治療に20日間かかるのと、
10000円の治療に2回かかる場合。

そういう選択の自由もあるのです。

 

橋本敬三先生も「頂ける人からは、しっかりいただきなさい」
と、おっしゃっているのです。

 

操体」が、ホテルオークラのヘルスクラブで
長年提供されつづけているという、質が高いものなのだ、
ということを、私は誇りに思っています。

 

なので「操体って安いものだ」とは思っていません。

まあ「体操みたいなもんだし、安いもんだ」と
思って提供指導しているのと

「素晴らしい価値がある日本医学だ」という
信念で提供指導しているのとでは、
違って来るのは当然です。

 

 

と、話が少し逸れましたが、

橋本保雄氏はホテルオークラに、
日本で初めてのヘルスクラブを作り、
三浦先生はそこでずっと顧問(つまり、
ヘルスクラブの会員さんに、操体の治療を提供している)
を担当しているのです。

 

また、敬三先生が上京した際は、
泊まるのはオークラで、
遠藤周作氏と対談したのもオークラの和室です。

 

そして、橋本先生は、
今回の「美の宴」の展示会場(平安の間)で、何度か操体
セミナーをなさっています。

 

 そういえば松岡校長もここでセミナーなさってましたね。

 

というわけで、前置きが長いですが「美の宴」に
行って参りました。

平安の間というのは、本当に絢爛豪華な部屋なんですが、
その豪華さと選りすぐりの名作がマッチしているんです。

 

入り口付近には、上村松園の作品が何作か展示されていました。

知ってはいるものの、もしかして実物は初めてというもの
ばかりでした。

展示はまさに「美の宴」。
金屏風の前で何かお目出度い宴がひらかれているようでした。

暗い絵や、ネガティブなイメージの絵は敢えて
今回は展示されておらず、
ひたすら美しく、お目出度く、
うっとりとするようなものばかり。

 

見終えてから、エレベータでオークラ本館の正面玄関に
上がりました。

展示は20日まで、オークラ本館は31日までです。

 

是非どうぞ。