読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

伝統療法カンファレンス2015 その2

さて、筋整流法の腱引き体験にやってきた。

畳敷きの広間に敷物が敷いてあり、
問診票に名前を書く。
私は別に辛いとか痛いところはないので
全身の調整ということでお願い。

最初に左側を下にして休む。
割と痛い?というイメージがあったのだが、
そんなことはない。
また、強さは大丈夫か聞いてくれる。

 

臀部と腰は「おおっ」と、来たが
顔をやってもらった時は寝るかと思った。

 

実は、上手い人がやると、痛くても
それは一瞬だし、きもちよかったりする。

 

操体の「ひかがみ」の触診などでは
逃避反応が起こる程「一撃」でやる。
私達はその一瞬の逃避反応を見て、
瞬時に動診を考えることもある。


一瞬である。
私はこれを「秒殺」と言っている。
下手なのは「生殺し」と言う。

 

私が腱引きを受けたのをきっかけに、
フォーラムのメンバーも続々と腱引きを
受けに行った。

皆「体験してみないとわからないものですね」と言っていた。

 

同時に、筋整流法の皆さんも、足趾の操法®を受けにきてくれた。
皆さん、きもちよさを味わっていただいたようである。

 

互いに他流の施術を、お金を出して受けるというのは
とても勉強になるのだ。

f:id:lovecats:20150905135607j:plain

足趾の操法®施術中。