読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

影向 yow gow

10月26日、渋谷のパルコ劇場に「影向」(ようごう、と読みます)
を見に行ってきた。

www.parco-play.com

 

私にとってはお馴染みの松岡正剛さん、田中泯さん、石原淋さんに、
生ははじめて?の宮沢りえちゃん(りえちゃん、と呼んでしまいます)による、

からだは、呟く。ことばは、裂ける。影が、動き始める。

 

という世界。

 

井上陽水の「夢の中へ」が流れ、
音楽が止んでから会場は真っ暗になる。

オレンジのライトの中に浮かび上がるのは、
パンツ一丁?の田中泯

身体に関わるモノとしては、70歳を越えてなお
あの筋肉を保って身体表現をするのか、
非常に興味深い。

 

以前本楼で泯さんと淋さんの舞を「本楼」で
至近距離でみたことがある。

 

私はカメラを構えていたが、
一番多かったのは、ハダシの泯さんの足の写真だった。

 

ちなみに、師匠もカメラを持っていたが、
やはり泯さんの足の写真が多かった。

 

この辺りは職業病みたいなものだろう(笑)

 

その後、赤いロングコートを纏った長髪の男性登場。
パンツ一丁?の泯さんに洋服を与える。

 

これが、山本耀司さん。今回の舞台の衣裳担当。
海賊っぽくて格好いいぞ。

 

のたうち回りながら、子どもがいやいやズボンを履くような
感じで泯さんが服を着ていく。


そして、登場人物が次々とあらわれる。

松岡さんの低い声。

私は松岡さんの声好きなので、
じっくり堪能。

 

★私の脳内執事(笑)の声は、
実は松岡さんなのである。

 

そして
通りのいいりえちゃんの声。


何だかすごくインパクトのある、
急いでいる女?のような、
座頭のような?
剣豪のような?
帽子を被った松岡さんのアタマを、細くて長い竹の棒で
叩いて去っていく淋さん。

(ここは余りにインパクト大でした)

 

内容を書くのはちょっと野暮な感じ。

これは、

 

考えるな。皮膚で感じろ

"Don't think. FeeeeL!"

というブルース・リー先生のコトバどおりにしたほうが
いいのだろう。

 

f:id:lovecats:20151026183829j:plain