読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

操体の専門家の地位向上のために。

一般社団法人日本操体指導者協会
設立したのは、2010年のことです。

 

操体の専門家の地位向上のためです。

 

医道の日本社などからは、
三浦寛先生による操体の専門書が何冊も出ています。

操体臨床への道しるべ―快適感覚に導く診断と操法

操体臨床への道しるべ―快適感覚に導く診断と操法

 

 にもかかわらず、

一方では「操体って健康法でしょ」という
意見も多いのです。

 

つまり、操体は臨床であると思っている人達と
操体は健康体操であると思っている人達がいるのです。

 

多数の人が「操体法って健康体操」派だと思われます。

 

これは致し方ないことかもしれません。

 

もっとズバリと言えば、

操体を学ぶには時間と自己投資が必要だと思っている人達と
操体は健康体操だから、時間もお金もかからないと
思っている人達の違いです。

 

このミゾをどうにかしたいと思ってはいるのですが、
なかなか歩み寄ることができません。

 

歩み寄ろうと我々も努力しているのですが。

 

グランドキャニオン並みのミゾというか谷が
横たわっているのです。

 

★これに嫌気がさして、操体から離れる人も
いたりします。。。

 

それならば

 

ミゾを埋めるよりも、
それならば、操体臨床家の地位を向上させて
若手で実力のある指導者を育成しようと。

 

操体プラクティショナー®
操体実践者、操体の専門家)という
言葉を作ったのは、2000年くらいのこと。

 

最近でこそ、色々な名称が
登場していますが、
操体実践者には名称がありませんでした。

 

実際
操体というものをやっています」というと
「整体じゃないんですか」とほぼ100パーセント聞かれます。

 

かといって「操体師」というのは、
なんだか整体師の真似のようですし、
実際操体と整体はそのプロセスが全く違います。

 

整体は悪いところを動かす
操体はいいところを動かす

 

こういうことも踏まえて、
操体をきちんと、手順を踏んで
プロフェッショナルとして活動するに値するという
証として、
操体プラクティショナー®の認定を行っています。

 

文武両道、というのが理想です。

 

技術ばかりでも
理論ばかりでも足りません。

 

このバランスです。

 

机上の理論だけでは、
実践哲学である操体は方手落ちですし、
技術だけでは、
痛み取り屋とか技術屋です。