読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「赤めだか」ふたたび。

年末にドラマで「赤めだか」をやっていました。
そのせいか、私が2013年と、その前に書いたブログも
検索にヒットしたようです。
(年明け4日でPV200 ってそのせい?)

なんと、談志師匠をビートたけしさん(さんづけしちゃう)、
談春師匠を二ノ宮君がやるとな。
他のキャストもなかなか。

ちなみに、私はこの番組を観た後、
風邪を引いたので、お正月は密林プライムビデオを
観ていたのですが、偶然にも、志らく役の濱田岳
鴨川ホルモー」と「偉大なるしゅららぼん」
(どちらも原作は万城目学)に出ていてびっくりしました。

 

 

鴨川ホルモー [DVD]

鴨川ホルモー [DVD]

 

 

 

blog.teizan.com

そして、原作の中に、私が一番グッとくる台詞があります。
師匠が後輩に目をかけるので、その後輩(志らくさんです)に
嫉妬が芽生える時のこと。
以下は談志師匠の台詞です

お前に嫉妬とは何かを教えてやる。

己が努力、行動を起こさずに対象となる人間の弱味を口であげつらって、
自分のレベルまで下げる行為、これを嫉妬と云うんです。
一緒になって同意してくれる仲間がいれば更に自分は安定する。
本来なら相手に並び、抜くための行動、生活を送ればそれで解決するんだ。

しかし人間はなかなかそれができない。嫉妬している方が楽だからな。

芸人なんぞそういう輩の固まりみたいなもんだ。

だがそんなことで状況は何も変わらない。  

よく覚えとけ。

現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで
仕方ない。 現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。
そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。

現状を認識して把握したら処理すりやいいんだ。

 その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う。


嫉妬するのは簡単ですし、
世の中のいやがらせや犯罪などの原因は
嫉妬にあると言ってもいいかもしれません。 

かといって、それに対して文句を言うだけではなく、
現状分析をして対処法を考えて実行せよというのが
談志師匠の哲学なのです。

 

私は勿論この台詞をたのしみ?にしていたのですが、

たけしさんの台詞には結構シビれました。


番組を観た私の知り合いが、
「ドラマの中で、一瞬たけしが談志に見えた」と言っていましたが
確かにそんな感じでした。

 

 

えこひいきされる技術 (講談社+α新書)

えこひいきされる技術 (講談社+α新書)

 

そして、島地勝彦ですが、サロン・ド・シマジに行って
一杯お願いすると、オリジナルの「名言コースター」が出てきます。

「嫉妬するより、嫉妬される人間になれ」
というものがあります。

 

毎度言っていることだが、嫉妬する人間よりもされる人間の方が百倍上等だ。
子供の頃に俺は母親から「勝彦、嫉妬する人間でなく嫉妬される人間になりなさい」と言われて育った。
この言葉は、会社員時代に男たちの陰湿な嫉妬の矢面に立たされた俺にとって、救いであり宝物だったと言えるね。

 

そして「師匠がいるっていうのは
(存命、鬼籍に入っているにかかわらず)
いいことだな」と思うのでした。