読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

確定申告だよ!excelのデータを「やよい」に取り込む

というわけで、自営業者にとっては一番アタマの痛い時期になりました。

税理士さんに頼まなくても、自分で20年近くやってるから自分でできるので、
自分でやっています。

 

さて、今回はちょっとお手伝いしていただいて、

エクセルにちゃちゃちゃっと入力していただきました。

それを長年使っている「やよいの青色申告」にインポートしようということです。

 

手順を忘れるといけないので、書いておきます。

私のように根っからのMacユーザであるけれど、
経理ソフトは仕方なく(笑)「やよいの青色申告」を使っている方は多いのではないでしょうか。
(ついにMacでも使えるクラウドが出たようです)

で、単純なデータ計算はexcelのほうが簡単ですよね。

 

まず、このサイトを参考にしました。

金額は2,000 ではなく 2000のようにカンマはいれないこと。

そして日付けは2016/02/06みたいにするのですが、

私の場合、最初にExcelの表の書式設定で2月6日 になっていたのですが、
西暦も入れると2015年のデータなのに、すでに年は明けているので、2016年になっていました。これは、検索と置き換えで、2016を2015にしました。

12px.com

ありがたや。

この方もMacExcelデータを作ってるんですね。

ここにテンプレートがあるのでDLします。

そして、ここにExcelのデータを入れるか、もしくは他からコピペします。

Aは全部2000、idは連番、T、W、Xは全部0、Yはnoです。

さて、このExcelファイルをCSVに変換しますが、
「名前をつけて保存」で、CSVカンマ区切りで保存しますが、

Excelからcsvに変換すると、数字の後に半角スペースが入ってしまいます。

そうするとインポート時にエラーが出ます。

★なので、Excelの時に、
A、B、T、W、X、Yの「セルの書式」を設定します。
セルを選択し、「セルの書式設定」をクリックし
「ユーザ定義」を「0」にします。

一度保存します。

そこから、改めてcsvに変換します。

 

★そして、MacExcelで打ち込みをしている場合、
テキストの形式変換が必要な場合があります。

www.vector.co.jp

やよいにインポートするには形式を(MacExcelWindowsで開く場合)

テキストエンコーディング:Shift JIS
改行コード:CRLF にする必要があります。

このソフトでチェックできます。

 

そして、テキストの一行目を消すこと(大事)

そして保存したモノをあ「やよい」にインポートするわけですが、
インポートできるのは「仕訳日記帳」です(重要)。(2017年2月6日追記)


そして、インポートに成功しないと、ちゃんとエラーメッセージがデスクトップに保存され、どこが変なのか教えてくれます(csv前の半角スペースでは一度サポートさんにお世話になりました)

 

というわけで、Excelのファイルをcsvに変換してそれをテキストファイルにしてという
手順です。

 

多分また来年もやると思うけど、きっと忘れるのでやり方を書いておきました。

 

なお、不明点はサポートセンターにお尋ね下さい(笑)