読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「猫さまのお告げ」。易のことば。

こんにちは。

操体と易と猫が大好きな畠山裕美です。

 

何だか最近私の周囲で易が流行っています。まあ、易って操体同様、流行はないんですけど、

いや、易って、日本には仏教伝来の頃に伝わって、占術としてメジャーになったのは江戸時代です。

 

と、思っていたら、こんな本が出ていました。

 

ニャンともならないときの「易」の言葉 猫さまのお告げ

ニャンともならないときの「易」の言葉 猫さまのお告げ

 

 

六十四卦(か)それぞれに猫さまの写真と、お言葉がのっています。

写真はなかなか面白いもの、カワイイものが揃っています。

原文(短いけど)と、訳も載っています。見開き一ページに一つの卦という構成です。

 

本をビブリオマンシー(本を開いたところに書いてある文章から読み解く占いの一種)のように、本を開いて観ます。

 

 

例えば「風地観」(ふうちかん)。

きれいなものは目の幸せ。それを探しに旅にでてみよう

みたいに結構ざっくり書いてありますが、隣のページに詳細が書いてあります。

 

面白いのは、爻(こう)のかわりに、「開運アドバイス」が載っていますが、
猫の顔が6つ並んでいます(六爻を示しているんでしょう)。

ここから好きな猫を選ぶ、つまり「何爻」か選ぶわけです。

 

★ちなみに表紙の猫さんは「天風姤(てんぷうこう)」

うまい話と悪い女は
風のようにやって来る。

なるほど~。確かにこの猫さん、悪女っぽい(笑)

なんかそんな感じですね。

 

「へえ、易って面白い!」というとっかかりになるといいですね。