読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

腰痛の原因を知らない人はまだまだ多いのです

f:id:lovecats:20160415183748j:plain

写真は、私がここ数年通っている、易の学校の近くになる「皆中稲荷」様です。

御利益(宝くじに当たるとか)で有名なお稲荷様です、

 

さて、先日易のクラスに行ったところ、同じクラスの男性が、数日前に重い荷物を持って、ぎっくり腰になったと言う話になりました。

すると、芋づる式に?先生が「ぎっくり腰だと思ったらヘルニア(椎間板)だった話」になったり、やはり世の中には腰痛でお困りの方が多いのだと痛感しました。

 

その男性の方に「いつもどうやって床に落ちたものを拾ってます?」と聞いてみると、右手で拾う場合、右足を出して右足に体重をかけており、なおかつ痛めたところは、右の背中から寛骨(骨盤)の辺りです。

 

なるほど、これは、右手でモノを拾う時、右足に体重をかけるという動作が、積もり積もってぎっくり腰になったのでしょう。聞いてみると、何度もやっているそうです。

 

右足に体重をかけるのではなく、左足に体重をかけることによって、ぎっくり腰やそれに伴う腰痛は防ぐことができます。

 

以前にも書きましたが、私の担当美容師さんは、これで「膝の痛みが解消」したという事実もあります(操体受けたわけじゃなくて、私が口頭で伝えたことをマジメにやっただけ)。

 

それはほんの小さなコツなんです。

 

それを知っていると知らない。これが「上手い下手」にも繋がってきます。

 

治す前に「壊さないように大事に使う使い方を指導」し、万が一壊しちゃったら、痛みを与えず、きもちよさを聞き分け味わうことにより、症状疾患を解消する、というのが操体です。