読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

恋愛障害(2)

 

恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか? (光文社新書)

恋愛障害 どうして「普通」に愛されないのか? (光文社新書)

 

「恋愛障害的なお悩み」に効くのはこれもあり↓

 

特に、「恋愛障害(1)」で書いたような、「ほめられすぎ君」が、「インチキ自己肯定」にはしる(社会や仲間内が許してくれることで「自分自身に深い疑問を持たないでいられる状態」)や、母親が娘にかけている「呪い」について詳しく書かれれている。 

 いわゆる「恋愛障害」的なものは、根底をつきつめると「自尊心」「自己肯定力」「自己受容」にかかってくるのではないだろうか。

 

「恋愛障害」だけではない。最近は「人にどう思われるか」が気になるという人がとても多い。

例えば以下は「自分の意志を優先できる人の思考パターン」である

  • 自分が「辛いな」と思った時は、熱がなくとも休みを取る
  • 言いたくない質問には答えない。笑ってごまかしたり、強引にでも話題を変える
  • ご飯は気持ちよく奢られる
  • 誰かと過ごす時「私と一緒に過ごせて幸せでしょ」と思う
  • 自分が行きたくない飲み会は当日でもキャンセルする

このリストを「恋愛障害」に悩む人に見せたところ、そのリアクションは「こんなの絶対無理!」というものだったそうだ。

 

そして、そういう場合「そんなに気にすることないよ」と言っても、本人は、それができないから困っているのである。

 

それに対応するエクササイズも載っている。