読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

感応力。

私は占筮もしますのでひとつその時のお話を。

 

電話でお話していると、その方は精神科で薬を処方していただいているとのことでした。詳細は避けますが、娘さんと二人暮らしで、娘さんはお仕事が忙しく、ご本人は娘さんをサポートしつつ応援しているという感じ。

 

話を聞いているうちに、私自身の首筋のある一箇所に「キーン」というか「ブーン」というか、そんな感じがあり、私自身の首の温度がみるみる下がって行く感覚がありました。確かに首の後ろが冷たくなっています。

 

あ、これはその方に感応しているんだなと気がつきました。

本来はこういうのは「防御」するのですが、この方とは多分「感応」して鑑定せよという宇宙からの「ミチビキ」?だったのかもしれません。

 

「首、冷えてませんか?」

 

「はい、いつも冷えていて、自分でも冷たいなぁ、ってよく触っています」

 

「右側の真ん中あたりに痛いところはありませんか?」

 

「あります」

 

半分操体の臨床みたいですが、そんな時もあります。
心の悩みは、からだにあらわれることが多いからです。

 

f:id:lovecats:20160530182642j:plain