読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「猫まみれ」@杉並公会堂

先週2月24日「猫まみれ」が、杉並公会堂で開催されました。

空前の猫ブームのようですが、20年以上前から猫派です。昔はわんこも家にいました。


peatix.com

 

Mr.Mac Academyという組織(わんこ関係が多いらしいです)、の代表、日置さんが、「猫系の人脈がない」ということで、獣医の野澤延行先生と、猫関係の著書が多い、加藤由子さんの対談を企画したところ、野澤先生(私のFBのお友達です)の人脈で、動物ものまねの江戸屋まねき猫師匠、歌う獣医しおんさんも参加のイベントになりました。

 

 

野澤先生とはFBでのお友達ですが、昨年10月に発売された、18歳以上のご長寿猫の家族の話を綴った(Amazonでは売り切れみたいですよ)「ご長寿猫に聞いたこと」で、私も陰ながらお手伝いている次第(私のくろねこも登場しています)。

 

君と一緒 ご長寿猫に聞いたこと 18歳以上の猫103匹と家族の物語

君と一緒 ご長寿猫に聞いたこと 18歳以上の猫103匹と家族の物語

  • 作者: 野澤延行,ご長寿猫研究会,伊東昌美
  • 出版社/メーカー: 株式会社 日貿出版社
  • 発売日: 2016/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 実は「ご長寿猫研究会」のみなさんも、私の猫友だったりします。

 

さてさて、今回は加藤由子先生(動物行動学専門著書多数)が登壇なさるということ。猫ビギナーズだった頃から(実家にいたわけではないので、猫を拾って勉強しまくり)お世話になったので(今も部屋に何冊か置いてあります)これはたのしみ。

 

<新版>雨の日のネコはとことん眠い (PHP文庫)

<新版>雨の日のネコはとことん眠い (PHP文庫)

 

 上は新版ですが、私は下の単行本を読んでました。
会場にも、この本を読んだという方がいらっしゃいましたね。

雨の日のネコはとことん眠い―キャットおもしろ博物学

雨の日のネコはとことん眠い―キャットおもしろ博物学

 

 最近読んでいるのがこれ。

これですね、サブタイトルが「愛猫がいちばんよろこぶ育て方」、なんです。

「飼い方」じゃなくて「育て方」というのがいいですね。

 

★私達「エサ」とか言わないもんね。「まんま」とか「ごはん」っていうもんね(笑)
飼う、じゃなくて一緒に「暮らしてる」だもんね(笑)

 

ネコの気持ちは「見た目」で9割わかる! (だいわ文庫)

ネコの気持ちは「見た目」で9割わかる! (だいわ文庫)

 

 加藤先生野澤先生は30年以上のお付き合いがあるそうですが、猫には「恋」をする野澤先生と「科学的根拠」で臨む加藤先生。いわばツッコミの加藤先生に、ボケでかわす野澤先生のトークは大爆笑でした。

猫も人間も30年前とは変わっている、確かにそうですね。
今は家の中にいるしね。

 

そして次は、動物ものまねの、江戸屋まねき猫師匠。
野澤先生の師匠でもあると聞いています。
馬とかニワトリとか、やはり一番は発情期の猫をオスメス鳴きわけるという芸ですね。
私は最前列のど真ん中で大爆笑でした。
寄席とお笑いにはよく足を運ぶのですが、今度是非高座で師匠!
そして、親猫子猫合わせて五匹保護しちゃったという話には感激です。

 

そして、歌う獣医、しおんさん登場。

「しっぽしっぽ」って、聞いたことがあるなと思ったら、「みんなのうた」で聞いたことがある歌でした。ディズニー映画の「おしゃれキャット」から、そして最後は照明が暗くなって、Catsの”Memory”。パワフルで優しい歌声を堪能しました。
ご自身の心の不調などから歌を始められたそうで「人と動物のこころとからだを音楽の力で癒したい」という主旨で色々な場面で活動なさっているそうです。
ここには載せませんが、歌う獣医さんの歌姫姿をしっかり撮ることができました。

 

そして最後は、登壇者全員によるトークです。

 

f:id:lovecats:20170228105445j:plain

こちらもおおいに盛り上がり、猫にまみれたあっという間の2時間でした。