読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

施術+ベーシック講習について

2017年4月のみ、水曜木曜「操体施術+ベーシック講習」をご優待致します。

 

blog.teizan.com

 

また、2017年5月から当面「操体の施術+ベーシック講習」の開催日を

祭日、第一、第三月曜(祭日の場合は移動のことあり)、水曜、木曜と致します。

 

今まで、独立した「ベーシック講習」をやっておりましたが、この度「操体の施術+ベーシック講習」のみといたします。

★初回のみになります。二回目からは「ベーシック講習」単発でも受講可能。

 

こちらは、初回の場合になりますが、

操体の施術とベーシック講習の組み合わせになります。
(初診料5000円、施術料8000円、講習料15000円で合計28,000円のところ、25,000円となっております)



理由

操体の施術により「操体によるきもちよさ」を味わっていただきたいのと、やはり体験していただかないと、操体の魅力はお伝えできません。

 

お店まで行って、その名物料理を作るところを実際見て、写真を撮ったけど、食べてこなかった!みたいな感じです。

 

また、セルフケア(般若身経及び色々な動診と操法)にせよ、一度「操体を体験」していただくことによって、よりよい結果を期待できます。

 

一番素晴らしいことは、操者(私)と、被験者(受講生)が、操体を通じて「快」を共有できることです。

 

「きもちのよさでよくなる」ということを、まず体験してほしいのです。

 

また、例えばの話ですが。操体を受けたことがない」(習っただけ)の人に、操体をレクチャーされるとか、操体をやってもらう、というのはどうでしょう?
少し不安になりませんか?

 

私は師匠、三浦寛先生の治療を受けてから、講習に参加しました。

 

その昔、受講生の中に「自分は先生の臨床を受けたことがない(講習で十分やってもらっている)」という人がいましたが、私は「自腹で治療費を払って受けることに意味がある」と思いました。この人は何故かそれを自慢にしていたのですが、何故自慢していたのかは未だに謎です。。

 

これは私の感じたことですが、単にケチ臭かった気もします(笑)
多分これは本当です。この人は、勉強をケチったのです。

★モノにしたいのだったら、ケチはダメです

私は「師匠の治療を受けずして、講習に参加だけで、果たして操体を体得できるだろうか?」と思っていました。

 

最初に書いたように、

 

「お店まで行って、その名物料理を作るところを実際見て、写真を撮ったけど、食べてこなかった!みたいな感じ」

 

なのです。

 

私にせよ、折角操体を勉強しに来たのだから、受けて体験して良さを味わってよ!思うのであります。

 

f:id:lovecats:20170329122146j:plain