操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

言葉の誘導は「体感語」であり「催眠誘導語的」である。

言葉の誘導は「体感語」であり「催眠誘導語的」である。

なので「被験者の理性で理解させようとしないこと。被験者のからだが理解すればいい」

 

 

東京操体フォーラムには、数人の相談役がいます。

全て私の知りあいです。

皆、その道のスペシャリストです。

 

なぜ、相談役をお願いしているかというと「操体の常識は世間の非常識」みたいなところがあるので、客観的に外からみてもらっているというわけです。

 

 

「そういえば、言葉のてにおはがちょっとおかしい」という指摘がありました。

 

そうなんです。
日本語をしっかり学んでいるとそういうところがあるかもしれません。

私自身「ら抜き言葉」を、口語ならともかく、文章に書く輩はどうしたもんよ、と思うクチです。

 

しかし、これらの言葉は、我々の師匠から派生している言葉なんです。

 

うちの師匠、三浦寛先生は「天からヒントや言葉が落ちてくる」人です。

いや、ホントに降ってくる人なんですよ。

 

★実際「答えはわかるけれど、プロセスが抜けている」ことがあるので、プロセス解明は弟子の役目であると、半蔵さんと私がプロセスを追っかけています。

 

なので「へ?」と思う事もあるのですが、いままでのことを考えてみると、ほぼ間違いないし、患者さんは良くなっているし、からだは変わります。
我々は「師匠の言うことはまず、やってみよう」となるわけです。

 

私達は、まず「完コピ」します。

 

そして、自分なりのアレンジは「完コピ後」です。

 

「完コピ」をやるには、素直さが必要です。

最初、完コピはは恥ずかしいのです。


それが吹っ切れると、次のステップに上がれます。

 

不思議なのは、修業の途中で「自分なりにアレンジしたい」という人に限って、結果が出せないか、コケるのです。これは本当に不思議です。

 

なぜ、完コピするか。

それは「効くから」です。

 

そして、何で「ちょっとヘンな感じ」がするのか(特に、日本語をしっかり学んだ人からすると、ヘンな感じがするかもしれません)。

 

それは「本人」にではなく「からだ」にむけてかけている「体感語」(操体用語です)が入ってるからなんです。

 

「からだ用の方言」と言ってもいいかもしれません。

もっと言えば、催眠誘導語に近いかもしれません。

 

面白いというか、不思議なのは「被験者のからだは、操者の言葉の誘導に、忠実に反応する」ということです。

患者さん(被験者)が動いてくれない、というのは操体をやる人の悩みによく挙がりますが、それは「操者が悪い」のです。

からだではなく、アタマに問いかけるので、被験者は「あれ?」と「動き」を考えてしまうのです。

 

操体の言葉の誘導というのは「本人」に行うと、「本人のアタマ」が働きます。

私達は「アタマ」ではなく「からだ」に問いかけたいのです。


本人のアタマ(エゴ)は、こっちのほうが正しいとか、左右平均してやらなきゃとか、回数が多いほうが得だとか、正しい正しくないとか損得勘定します。

 

そうではなく、からだに問いかけることによって「快不快」をききわけていただくのです。

 

一番いいのは、きもちのよさを充分味わっていただいて、意識がぶっとんでいて、感覚の世界に入っている時です。

そういえば、キーワードがいくつかあるのですが、「へ?なんでそれ?」というのもあります。

 

私も最初「へ?それ?」と思ったことがありますが、実際に目の前で、被験者の「からだ」が反応するのをみて、あるいは言語を越えて(日本語がわからない人に対して)も反応するのをみて「体感語ってあるんだ(ほぼ催眠誘導?)」納得しました。

 

そして、その「体感語」の出し方ですが、そこがベテランの腕の見せどころです。

ベテランは「完コピ」ではなく(師匠でさえ、実際にはオリジナル完コピを超越したものを使っています)、自然に使います。

 

ちなみに、講習の場では「右手関節を内旋」とか「左足首を内反」とか言ったりしますが、これを、ふつーのクライアントに言っても「へ?なにそれ?」と言われます。

ビギナーは、講習でならっている通りに自分のクライアントに言葉をかけ、「何難しいこと言ってんの??」と言われます。当然です。

 

特に、講習に出ていると「言葉が分かっている仲間」と組んでやるので、相手はちゃんと動いてくれますし、難しい誘導語もわかってくれます。

しかし、実際の臨床ではそんなわけには行きません。

 

講習の場では完コピ、臨床の場では「クライアントファースト(臨機応変にクライアントが理解できるように」というように、言葉の鍛錬を積んでいくのです。

 

講習中は、先輩に言葉を修正されまくります。

 

今まで漫然と使ってきた言葉を、再構築するのです。

 

第二分析以降は、これが大事です。

 

今回、こんな貴重なことに気づくことができました。

 

ありがたいことです。

操体と胆石。

知人がGW中胆石の発作で入院だったそうです。

お見舞いのメッセージを送り、「実は私も胆石持ちです」と書いたところ、「操体法で胆石は治らないの?」と聞かれたので、考えました。

 

さらに、以前ヨガの先生が書いた本で、ヨガ教室の生徒さんから、「指切っちゃったんですが、ヨガで治りますか?」と聞かれたという話を思い出しました。

 

ヨガで(あるポーズをしたら傷がぴたっとくっつくとか瞬時に治るとか)は、瞬時には治りません。が、患部を一晩高くするとか、回復は早められると思います。

 

以前、足趾の操法集中講座で、参加中の受講生が、包丁で、指先が皮一枚繋がっているくらいの大怪我をして、包帯を巻いてきたことがありました。

もう一人は、バイクで転倒したという受講生。こちらは打撲です。

 

こんな時は、やはり「実践」です。

臨床家はタダでは起きないのです。

 

どちらも、予想よりはるかに早く回復しました。

 

勿論、患部をいじくり回したりしたわけではありません。患部より遠方からアプローチするのが、操体的アプローチです。

 

★転んでもタダでは起きないのが臨床家で、どうやって身体が変わるのか、治癒に向かうのか、それを自分のからだで体感するのも、修行です。

 

そして、一度も怪我したことがなくて、病気もしたことがない人が、治療家(臨床家)にはなれません。

人の痛みや辛さが解るのが、プロなんです。

以前学校で「今まで病気一つしたことがない健康体です」という人がいましたが、途中インターンで治療院に行っていましたが(詳細はおいときます)撃沈していました。

というのは、患者さんの辛さがわからないから

 

私のところに大昔来た受講生(体育会系の屈強な男子)は「なんでお客さん(その時は若い女性)に毛布をかけるんですか」と、聞きましたが、その時は私が驚きました。

勿論、リラックスして副交感神経優位になると、体温が下がったりするからです。

 

体育会系の屈強男子は「施術中に体温が下がって寒くなるかもしれないから、頃合いを見計らって毛布をかける」ということがわからないのです。

 

というわけで、臨床家は「一病息災」くらいがいいと思っています。

 

なお、私の胆石ですが、発作を起こしたりはしないので、温存しています。

操体をやっていても、病気になったり、どこかおかしくしたりはしますが、回復は早いです。

 

私自身、胆石を操体で治そうとは考えていません。
しかし、発作を起こしたり悪さをしない程度には抑えておけるだろうし、例え何かの時に悪化しても、回復は早いだろうと思っているのです。

 

また、自然療法に頼りすぎて、というのも考えものです。

その点、操体はもともと医師が考案したものですから、西洋医学も否定はしません。

 

操体と西洋医学の違いは、病気になる順番と治る順番が違うということ。

例えば、西洋医学では「胃潰瘍の原因はピロリ菌なので、胃を消毒する」という方法をとります(器の中身にアプローチする)、操体では、「息食動想」のバランスを整え、ボディの歪みを正し、軸の適正化をはかることによって、からだの内圧を正常化させ、器の外側から調整していきます。

 

まあ、操体というのは、ぎっくり腰や五十肩とか、痛みにも対処できますが、根源的な快復力や、免疫力を高めるというのが、本来の目的なのではないかと思います。

 

 

 

操体法基礎講座(6月開講)のご案内

【ご案内】現在の状況から、6月の開講に致しました。

引き続きのご参加をお待ちしております。

 

 

2020年6月開講の、操体法基礎講座のご案内です。
月謝制で月一、じっくり三時間のレッスンです。ほぼ個人レッスンになりますが、じっくりと操体を学ぶことができます。

 

「セルフケア」「免疫力を高める」「感覚を磨く」というのは勿論ですが、

 

 

xn--tqq763c.com

2020年3月12日 昨今の状況により、途中からの参加も可能と致します。

見て、受けて、やってみる。

畠山が長年(20年)以上操体の個人指導をしていて分かったのは、「見て(イメージして)」「受けてみて(体験して)」「やってみる(実践)」という順を踏むのが、操体の習得には効果的であると分かりました。
「見せただけ」で「はい、やってみて」というのは、初学者にとってはハードルが高い場合もあります。「見て、受けて、やってみる」。この3ステップで操体を体得します。

原始感覚を磨く

原始感覚とは。それは「快か不快か」をききわけるちからです。この原始感覚、昨今の環境状況などから、なんとなく鈍りがちです。そこからくるのが「様々(身体的・精神的)な不調」。情報に頼りがちになるので、直感が鈍っているといっても良いでしょう。

その「原始感覚」磨くには?

その答えが、操体です。

じっくり、ゆっくり、本格的に

この講座の特徴

  • ひとりひとりに合った「操体のプログラム」を作成致します
    • ひとりひとり、からだや心が違うように、マッチした操法は違うものです
  • 操体は、「健康体操教室」のように、揃ってエクササイズ、というものではありません。個々人のリズムに合わせて進めます。どこかに痛みや気になるところがあっても参加できます。
  • 「見て、受けて、やってみる」という実践的な方法を用います

 

この講座の目的

この講座は、こんな方のために企画しました。

  • いきなりプロ向けではなくて、基礎から勉強したい
  • 操体に興味があるのだけれど、誰にならったらいいかわからない(情報が多すぎる)
  • 操体の本を読んでもわからない
  • 操体を勉強しながら、自分の体調を整えたい
  • 操体を自分の臨床(治療)に活かしたい
  • 直感を磨きたい

この講座の担当講師は、こんな人間達です (Team Sotai Infinity)

  • 操体が好きで、操体の専門家である
  • 実際に治療(臨床)で操体を実践している
  • 生活の中でも操体を活かしている
  • 操体が好きだけど「操体バカ」ではない
  • アート(芸術)方面にも操体の方向性を見いだしている

つまり、操体のテクニックを教えているのではなく、操体の恩恵にあずかっているメンバーです。

操体法基礎講座A

操体的なからだをつくる」
「セルフケアを可能にする」
「第三者への操法」への第一歩

全12回 2020年6月~2021年5月(途中からの参加も可とします)

  • 第2土曜夜 18時~21時
  • 第4水曜夜 19時~22時
  • 土曜と水曜は振替可能

対象 操体の基礎を学びたい方(プロ・アマを問わず)
講義、実技、呼吸法(操体的な呼吸法)
個人にあったプログラムの作成
セルフケア、家庭でのケア
施術、治療への応用(他の手技療法)
からだをこわさない、からだの使い方、動かし方

操体の臨床経験(実際の治療)豊富な講師陣による指導。
操体創始者橋本敬三先生の直弟子、三浦寛の直弟子が指導致します。

 

  • 入会金 20,000円
  • 月謝方式です。(月額 11000円税込)
  • 12回
  • 毎月お月謝を納めていただきます。 一ヶ月お休みする場合は、翌月にその月の分もお支払い頂きます
  • クレジットカードでの決済可
  • 土曜日曜水曜は振替可能です。
  • 特典 年間一括(2020年6月~2021年5月)でお支払いの場合は土曜水曜両方のクラスに参加可能です。
  • 休講、変更のある場合は、すみやかに事務局から連絡致します
  • 2020年11月は開催日程を変更予定です

操体の臨床経験(実際の治療)豊富な講師陣による指導。

操体創始者橋本敬三先生の直弟子、三浦寛の直弟子(操体ラクテイショナー資格所有者)が指導致します。
畠山裕美瀧澤一寛寺本雅一
東京操体フォーラム 実行委員紹介


開催場所:世田谷区三軒茶屋徒歩3分(操体法東京研究会講習会会場)

正式開講の前のプレ特典(上記参照)
対象 操体を学びたい方(プロ・アマを問わず)
修了時 一般社団法人日本操体指導者協会より修了書発行
後援 一般社団法人日本操体指導者協会 、東京操体フォーラム操体法東京研究会

お申し込み

お問い合わせ

 

f:id:lovecats:20200312164632j:plain

 

春のフォーラム、無事終了しました。

今回はzoomによるフォーラム開催。

 

畠山はWebEXで40名を一人でさばいたことがありますが、今回はzoomです。
何度かやると、度胸がつきますね。

 

私は三浦先生と三茶の会場にPCを二台設定し、カメラや照明、マイクなどを準備して臨みました。

 

朝9時半から結局は夜19時半ころまで、盛り上がりに盛り上がりました。

脳みそを使い切った時の疲労感とともに、zoomの特徴と、オフラインで顔を合わせての会議との違いもよくわかりました。

これは、今後役に立つと思います。

 

途中、PCのコンセントが半壊していたのを忘れていて、PCの電源が落ちる(メインでなくてよかった)とか、古いPCの調子が悪くなったりして焦ったこともありましたが、なんとか終えることができました(そろそろMacBook Proだな)。

 

今回は、このためにわざわざWi-Fiを導入してくれたHさん、ありがとうございました。結婚後、実行委員を引退していたSさんも顔を出してくれました。

三浦先生、実行委員の皆さん、ありがとうございました。

相談役の駒居義基先生(神戸)、川崎隆章先生、太田剛先生、福岡の新部健太郎先生、道後の荒木基次先生。

佐藤正治さん、香さん、巻上公一さん、綾子さん、兜人君、そしてスペインはマドリッドのI君、今井さん、高橋さん。ありがとうございました。

 

本当ならばなかなか会う機会がない、九州や四国の仲間達、そしてマドリッドとも繋がるなんてなんだかすごいとしか言いようがありません。

 

最初は乗り気でなかった人や「本当はzoomでやるなんて不満だ」という人もいたようですが(安全と命のためですから、それは勘弁してくださいね)、結果的には多いに語り、おおいに考え、脳みそを使い、心地良い疲れが残りました。

 

f:id:lovecats:20200430160328j:plain

 

おうちで写経!

畠山は、曹洞宗で在家得度した仏弟子です。

活動としては、南無の会坐禅会や、東京国際仏教塾の活動や、豊川稲荷東京別院の大般若講、読誦会などに参加していますが、コロナウイルス関係で、全て中止になっている状態です。

 

先週は、予定であれば鶴見の総持寺に一泊参禅に行く予定だったのですが、こちらも中止になりました。

 

豊川は、個別の参拝や、個別のご祈祷は大丈夫です。

 

さてさて、豊川稲荷は、稲荷と言いますが、曹洞宗のお寺です。

ご本尊は、曹洞宗のお寺なので、お釈迦様ですが、お祀りされているのは、荼枳尼天(だきにてん)さんです。


普通、密教荼枳尼天さんは、白い狐さんにのって、剣を担いでいらっしゃいますが、豊川の荼枳尼天(荼枳尼眞天)さんは、稲穂を担いでいらっしゃいます。

 

荼枳尼天さんも2タイプいらっしゃるということです(剣をお持ちの場合と、稲穂(こちらは豊川)をお持ちの場合)。

 

荼枳尼天さんの真言ですが、「ノウマク・サマンダ・ボダナン・キリカ(キリカク)・ソワカ」が知られています。

一方、豊川の荼枳尼眞天さんの真言は「オンシラバッタニリウンソワカ」なんです。

南無豊川荼枳尼眞天 オンシラバッタニリウンソワカ

 

 

何を言いたいのかっていうと、赤坂の豊川稲荷も、愛知の豊川稲荷も、曹洞宗のお寺で、お坊さんがいるんだから、柏手を打たないで、合掌しようよという話です。

 

先日来日したQueenブライアン・メイも、豊川稲荷東京別院に参拝して、インスタに「日本の神道神社」と書いていましたが、伏見稲荷は神社だけどさ、豊川はお寺なんだってばさ。

 

というわけで、話がすっとびましたが、

「おうちで写経」のすすめです。

www.sousei.gr.jp

普通、写経と言えば「般若心経」ですが、今回、こちらでは「消災妙吉祥陀羅尼」(しょうさいみょうきちじょうだらに)の写経用紙をDLできます。

 

「消災妙吉祥陀羅尼」は、豊川稲荷の大般若講などでは読まれますし、豊川稲荷と言えば「消災妙吉祥陀羅尼」という感じもしますが、短いお経です。読む時は三回読みます。下記のとおり、豊川は祈祷寺なので、当然と言えば当然かもしれません。

 

※「消災妙吉祥陀羅尼(しょうさいみょうきちじょうだらに)」とは
災いを仏さまの「偉大な光」で消し去るお経です。曹洞宗のお寺では毎朝のお勤めでお唱えするほか、特にご祈祷の際にお唱えします。

 

なお、前にも書いた記憶があるのですが、駒場に古いお地蔵さんがいらっしゃいます。

こちら、「悪病締め出し地蔵」さん。駒場地蔵尊とも書かれています。相当古いお地蔵様ですが、大事にお祀りされています。

 

ちなみに、豊川別院には「身代わり地蔵」さんがいらっしゃいます。

お地蔵様は、地蔵菩薩といいます。僧形をしていらっしゃいますが、実は閻魔大王様と同一人物なのです(この辺りは「鬼灯の冷徹」とか読んで下さいね~)。

 

お地蔵様の真言は「オンカカカビサンマエイソワカ」です。21回唱えます。

 

f:id:lovecats:20200427125716j:plain

f:id:lovecats:20200427125650j:plain

 

 

 

いろんな使い方があるもんだ@zoom

大学で使っているノートPC(13インチのMacBook Air)を持ち運ぶために、海外旅行で使っていたPCポケットつきのリュックを引っ張りだしてきました。

結構重いですから。

このリュックは「大容量重視」なので結構大きいのですが、普段使いにはちょっと大きいかなと、13.3インチ対応のPCリュックを注文しました。

 

レビューをみると、やはり「在宅勤務でPCの持ち運びをするのでPCリュックを買いました」という人が多いみたいです(って私もか)。

 

昨日は終日zoomで打合せと講習をやっていましたが、明後日は東京操体フォーラムをzoomで開催します。

 

今回私が面白いなと思っているのは、実行委員で鍼灸師PTで、漢方薬に非常に詳しい半蔵さんの講義です。

ドラッグストアで買える漢方薬を活かすという話です。

 

私は風邪っぽいなと思ったら、葛根湯か麻黄湯を飲んでビタミンCを大量に摂取して暖かくして寝れば大抵は大丈夫なんですが、

 

この話をある女性達(某大の秘書さんたちで、中高生の子供のお母さんでもあります)に言ったところ「知らなかった」と言われ、驚愕しました。

 

え?風邪引きそうになったら葛根湯飲んで温かくして寝るって普通じゃないんでしょうか。少なくとも私の周囲は鍼灸師や手技療法家が多いので、これはポピュラーなんですけどね。

あと、足湯するとか、蒸しタオルで首の後ろを温めるとか。。

 

さて、話をzoomに戻しましょう。日本でも「働き方改革」とかテレワークの推奨とかがありましたが、なかなか進まないようです。

 

私の周囲でも、最初「Web会議」と聞いて、あんまり乗り気ではなさそうな顔をしていた人もいました、

 

しかし、この状況でWebでの会議をせざるを得ない状況になりまして、今回、東京操体フォーラム実行委員勉強会や、定例講習、フォーラムもwebでやることにしました。

 

実際やってみると

「結構たのしい」「顔をみて話せるから臨場感がある」ということと、スマホしか持っていなかったけれど、これを機会にWi-Fiを導入してくれた人もいたりして、新しい局面が広がっています。

 

知りあいに聞いてみると、キリスト教の方は「zoomで礼拝」。

俳句をやる方は「オンライン句会」など、それぞれの使い方があるようです。

また、昨日もリンクを貼りましたが、秋保慈眼寺の塩沼亮潤大阿闍梨さまの、護摩修法のyoutubeライブ配信もすごかったですね。コロナ退散護摩修法をyoutubeライブ配信しちゃうっていうのがすごいと思います。

 

ちなみに、三つの密(三密っていうと、真言密教ですからねぇ)を避けて、規則正しい生活して、睡眠取って手洗いして、エチケットに注意して、そこから「ご祈祷」です。

 

 


塩沼亮潤大阿闍梨 護摩修法 ライブ配信

 

私達は、フォーラムの打合せなどをちょこちょことやっています。

 

 

操体法東京研究会定例講習(4月第四週)

今日は、午前中東京操体フォーラムに向けての打合せをZoomで行いました。

 

13時からは、仙台の秋保慈眼寺の、塩沼亮潤大阿闍梨護摩供用(コロナ退散)が行われたので、皆で視聴しました。

私も何度か参加したことがありますが、今現在、護摩供養も中止になっているそうです。ご覧になるとわかると思いますが、音と祈りのパワーが感じられます。

こういうのを体感すると、Wi-Fiだって空中を飛んでいるわけですから、大阿闍梨のご祈祷も時空を越えて飛んでくるのだと思います。

 

世の中には「目に見えないものは信じない」という人もいますが、例えば、ウイルスは肉眼では見えません。

しかし、ウイルスは怖い。見えないものは信じないのに、見えないものに怯えているという状況なのです。

 


塩沼亮潤大阿闍梨 護摩修法 ライブ配信

 

その後、14時からは定例講習をZoomで開催しました。

大切なのは、途切れないこと。

顔を見て話ができるのは、大切なことです。

 

今、操体に何ができるか。

 

例えば、足趾の操法は、足首から下に触れるだけでも可能です。

 

また「臨床を飛ばす(左脳とばし遠隔操法)」ことも可能です。これに関しては、色々な考えの人がいると思いますが、これでウイルス退治ができるわけではありませんが、これに、ご本人の「からだの中心と重心のとらえ方」や「第五分析」の理解と実行と合わせれば、何らかの変化(からだと心)は得られるでしょう。

 

 

f:id:lovecats:20200426145615j:image