読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「動く」という言葉を使わずに、相手を操る。

言葉の誘導と言えば、私達はあえて「動いて」とか「動かして」という言葉を使いません。

 

というのは、よく師匠が言いますが「自分の動きとからだの動きは違う」から。

 

「動いて」というと、「自分(つまり意識全開)」が動いてしまうのです。
「からだ」の動きと「自分」の動きは違うのです。

 

この二つを使い分けるのに、私達は言葉の誘導を勉強します。

 

実際にやってみると分かるのですが「からだが反応する適切な言葉」を用いると、確かにそうなるのです。

 

相手は「相手のアタマ・意識」ではなく「からだ」なのです。

 

この辺りは、もしかするとヒプノセラピーなども関係してくるのではないかと思ったりします。

 

f:id:lovecats:20160329084457j:plain

 

 

言葉の誘導。

 

意外かもしれないが、操体で重要なのは、腕(テクニック)もあるけれど「言葉の誘導」なのである。

 

そして、操体で一番難易度が高いのが、

「不特定多数の被験者相手に、言葉の誘導だけで操体をやらせる」ことだと思う。

 

私は健康運動指導士のライセンスを持っているが、ある健康運動指導士の方から、資格更新研修で「操体をやった」というヒトがいたので、

「へえ。どんなのやったの?」と聞いてみた。その研修では、初対面の人間が二人一組になって、色々な操法をやり合ったとのことだった。

 

これ、ありがちだが、操体の勉強法としては非常に大雑把なものだ。

 

そもそも、ウルトラ初心者が二人一組になってやる、というのはよくない。
初心者が操体を体得する方法としては、下の下だ。

★熟練者、あるいは熟練者と初心者が組むというのであれば、悪くはない。

 

★なお、私の受講生で「ある操体の講習に行って、初心者が二人一組で操法をやったが、相手が力加減がわからないので、具合が悪くなった」という方がいた。

 

 

操体」といっても、膝二分の一屈曲位で膝を倒すものがあるが、倒した膝を支えた手を「ぱっ」と離したりしているのを見たことがある。

(私はK療法もといK医学をやっているヒトがそうやっているのを見た。K療法の故U氏は、操体法東京研究会操体三浦寛先生に習っているので、倒した膝を支えた手を、被験者の脱力と共にはなす、というようなことは習っていないハズなのだが??
これも「伝言ゲーム」のような感じで、妙なやり方が横行したのだろうか?)

 

傾倒した膝を操者が支えていて、操者がいきなり手を離して「瞬間急速脱力」させるのは、ふつ~に考えても危険である。

 

★「瞬間急速脱力」は、結構操者のスキルが要求されるのだ

★「瞬間急速脱力後の保持」方法は重要だが、実は操体の本には載っていない

 

 

最近は、カルチャーセンターでの整体のクラスなどで「初心者(つまり、力加減などが分からない)同志が二人一組で組んで行って、怪我などをする」ことがあるので、「いきなり二人一組で」というのは避けているという話を聞いたことがある。

 

 

ちなみに、操体法東京研究会の定例講習では、未熟な受講生同士のみによる練習などはやらないほうがよい、としている。というのは、どちらか、あるいは双方が間違っている場合もあるからだ。これは今までの事例から言っても間違いない。
初心者は、指導者の下で練習することが大切なのだ。

 

まず、順番としては、

 

  1. 指導者がやっているものを見る
  2. 指導者から受ける
  3. 指導者にチェックをいれてもらいながら、やってみる
  4. チェックをフィードバックする
  5. 他の受講生がやっているものを見る
  6. 評価する

 

ということになる。

 

 

f:id:lovecats:20160401080032j:plain

実行委員勉強会。

毎月第二日曜の朝は、東京操体フォーラム実行委員勉強会です。

今日は友松誠氏(からだバランス調整院)から本の紹介がありました。

なかなか興味深い内容です。

 

 

 

 

足趾の操法®は、毛細血管を刺激して脳を活性化する。

FBである人が「操体は素晴らしい健康法です」と、書いていました。

いや、健康法の前に、ドクターが治療に用いていた(それも自費診療で)ものなんですけど。実際、今から30年前のデータを見ると、初診料と治療費で5000円、今で換算すると一万円くらいでしょうか。

 

操体は確かに養生法などとしても価値がありますが、まずは医師が治療に用いていたものなのです。養生法としての操体は、そのほんの一部でしかありません。

 

今月末には「2017年春季東京操体フォーラム」が開催されます。

2017年春季フォーラム(速報) « 東京操体フォーラム

 

そして、GWには

blog.teizan.com

これをやります。

養生法、健康法としての操体とともに、自分の治療に取り入れたい(取り入れているが、効果がなかなか出ない、言葉の誘導などがわからない、力加減などはどうすればいいのか?など)という治療家、セラピスト向けです。

なお、操体が「万病を治せる妙療法」のままだと思ったら、大間違いです。

操体はもっと時代に沿って、やさしく、パワフルに進化しているのです。

 

そして今日のブログのタイトルですが、

 

「ぐずぐず脳」をきっぱり治す!  人生を変える7日間プログラム

「ぐずぐず脳」をきっぱり治す! 人生を変える7日間プログラム

 

 という本をたまたまAmazonの「読み放題」(Unlimited) で、読んでいたところ、「足の裏を磨く」というのを見つけました。

 

黒川さんは「足の裏をたわしとかでこすってもいい」ようなことを書いていますが、要は足の裏の刺激は、毛細血管の血行がよくなり、ということは冷えなどが解消され、そして足の裏だけの血行が良くなるのではなく、脳の活性化にも繋がる」のだそうです。

 

これは「足趾の操法®」にも言えることです。

終わった後に「目がぱっちりした」「アタマがすっきりした」とかありますから。

 

また、活性化というか、一瞬深い眠りに入って、その後スカッとします。

 

 

 

 

 

「女はがんばるほど、しあわせから遠ざかる」

という一節を見つけた。

 

操体を学んでいる者ならば「なるほど」と思うだろう。

 

「頑張るな,威張るな、欲張るな、縛るな」というのが「バルの戒め」である。

 

★ちなみに、がんばるな、というのを「だらしなくてぐーたらしててもいい」という解釈をしている方もいらっしゃるが、私はそうは考えていない

 

 タイトルはなんとなくちょっと恥ずかしいがインパクトあり、だ。

黒川さんは人口知能の研究者である。

 

先日、テレビで20年前の「横綱」と「タレント」の破局について、何とも後味の悪い別れ方をしたこの二人を呼び出して、そこをほじくり返そうというものをやっていた。

 

タレント女性は「優勝したら結婚」ということで、スケジュールを開けたり色々準備していたそうなのだが、横綱の代理人から「結婚はありません」みたいなことを告げられて、それっきりという状態だったそうである。

 

話をきいてみると、横綱が「相撲が取れない時に結婚、結婚と言われて」というようなことを言っていたが、なるほど、と思った。

 

オトコが仕事で悩んでいる時は、見守っていたほうが良かったのに「優勝したら結婚だよね?式どうする?新居どうする??」みたいな感じで、プレッシャーを与えてしまったのだ。

 

つまり、がんばりすぎちゃったのだ。

 

ちなみに、黒川さん曰く

 

「がんばる」よりも大切なこと。

それは、左脳、右脳、その二つをつなぐ脳梁(のうりょう)などの「脳のはたらき」と「男と女の脳の違い」を知って自然体で生きること。

 

 

また、左脳、右脳という分け方がある。私はハーマンテスト(左脳と右脳の優位性を調べるもの)をやったところ、右脳優位だったが、右脳優位だからといって左脳を使っていないわけではない。右脳が「感じる」なら左脳は「考える」のである。

要はどちらも使っているということで、その使い方に人や性別によってクセがあるということだ。

 

そして「愛されてしあわせになる」ために大切な脳の力とは。

 

それが直観力なのだ。

 

さて、カンのいい方はもう気がついているかもしれない。

 

直観力とは、「快か不快かききわけるちから」、原始感覚でもある。

 

さて、この原始感覚や、直感力を磨くにはどうしたらいいか。


それは「きもちのよさ」をからだと心に補給することだ。

 

操体はどこか悪いとか、症状疾患を抱えている人専用ではない。
メンテナンスや「きもちのよさ」を補給することもできる。

 

ちなみに「きもちのよさ」は、女子のみならず、男性にも有効なのである。

 

 

 

 

「女はがんばるほど、しあわせから遠ざかる」

という一節を見つけた。

 

操体を学んでいる者ならば「なるほど」と思うだろう。

 

「頑張るな,威張るな、欲張るな、縛るな」というのが「バルの戒め」である。

 

★ちなみに、がんばるな、というのを「だらしなくてぐーたらしててもいい」という解釈をしている方もいらっしゃるが、私はそうは考えていない。

 

 タイトルはなんとなくちょっと恥ずかしいがインパクトあり、だ。

黒川さんは人口知能の研究者である。

 

先日、テレビで20年前の「横綱」と「タレント」の破局について、何とも後味の悪い別れ方をしたこの二人を呼び出して、そこをほじくり返そうというものをやっていた。

 

タレント女性は「優勝したら結婚」ということで、スケジュールを開けたり色々準備していたそうなのだが、横綱の代理人から「結婚はありません」みたいなことを告げられて、それっきりという状態だったそうである。

 

話をきいてみると、横綱が「相撲が取れない時に結婚、結婚と言われて」というようなことを言っていたが、なるほど、と思った。

 

オトコが仕事で悩んでいる時は、見守っていたほうが良かったのに「優勝したら結婚だよね?式どうする?新居どうする??」みたいな感じで、プレッシャーを与えてしまったのだ。

 

つまり、がんばりすぎちゃったのだ。

 

ちなみに、黒川さん曰く

 

「がんばる」よりも大切なこと。

それは、左脳、右脳、その二つをつなぐ脳梁(のうりょう)などの「脳のはたらき」と「男と女の脳の違い」を知って自然体で生きること。

 

 

また、左脳、右脳という分け方がある。私はハーマンテスト(左脳と右脳の優位性を調べるもの)をやったところ、右脳優位だったが、右脳優位だからといって左脳を使っていないわけではない。右脳が「感じる」なら左脳は「考える」のである。

要はどちらも使っているということで、その使い方に人や性別によってクセがあるということだ。

 

そして「愛されてしあわせになる」ために大切な脳の力とは。

 

それが直観力なのだ。

 

さて、カンのいい方はもう気がついているかもしれない。

 

直観力とは、「快か不快かききわけるちから」、原始感覚でもある。

 

さて、この原始感覚や、直感力を磨くにはどうしたらいいか。


それは「きもちのよさ」をからだと心に補給することだ。

 

操体はどこか悪いとか、症状疾患を抱えている人専用ではない。
メンテナンスや「きもちのよさ」を補給することもできる。

 

ちなみに「きもちのよさ」は、女子のみならず、男性にも有効なのである。

 

 

 

 

カラス。

まだ気温は低いものの、少しずつ春めいてきましたね。

今日は、三宿から駒場あたりまで、烏山緑道に沿って歩いてみました。


桜はまだちらほらですが、菜の花とかキンギョソウとか、ヒヤシンス、パンジーなどが咲いています。

f:id:lovecats:20170329123420j:plain

f:id:lovecats:20170329123535j:plain

水が温んできて、鯉も活発に泳ぎだしています。

4月になると、カルガモとか。

 

さて、カメラを担いで歩いている私の横には、緑の生け垣がありました。

 

そこにカラスが舞い降りました。

 

★カラスって、頭いいですよね。結構好きです。

 

私との距離はおよそ3メートルくらいです。

 

カラス、なんだか巨大な茶色い固まりを加えています。

何だろう?と一瞬目をこらすと、

おお!巨大なヒキガエルでした。

 

カラスがヒキガエルを捕らえて、生け垣のところに隠しているのです。
(隠しておく習性があるようですね)

 

慌ててシャッターを切ろうとしましたが、間に合いませんでした。

 

冬眠から目覚めたばかりのヒキガエル、カラスのエサとなりし。。。