操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

チックと操体

操体は、もともと「息食動想」と環境のバランスを考えています。最近では、新しい軸も加わっていますが、基本はこれです。

 

この4つは、お互いに補完しあっており、どれかが悪くなれば、他も悪くなり、どれかが良くなれば、他も良くなります。

 

我々操体実践者(操体プラクティショナー)は、一番アプローチしやすい「動」の部分からアプローチしますが「言葉」を使って「想」にアプローチすることもあります。

 

橋本敬三先生は「言葉は運命のハンドル」とおっしゃっていますが、本当にそうだなと思います。

 

私のところに、定期的に来ている方がいます。

すでに自覚症状などはおさまっており、日々のからだの使い方、動かし方のアドバイスを体得しました。

 

それまでは「加減が分からずに、やりすぎてどこかを壊す」ことの繰り返しでした。

 

また、最初は「歪みさえ取れれば、自分は健康になる」とか思っていたそうですが、最近は、何となく「操体の考え方」が分かってきたそうです。

 

一般的には「歪みは悪い」「歪みがあるから不調が起こる」というように、歪みは悪者にされがちですが、操体では「不自然の自然」というように言います。

 

「あっていい歪み」と「ないほうがいい歪み」とも言います。

 

わかりやすく言えば、職業的なボディの歪みです。

スポーツ選手などは、ある部位を集中して使うので、かなり特徴的なからだをしていることがありますし、職人さんとかも、同じです。

 

これを「左右対照がいいんだから、矯正しよう」と、骨格の矯正をすると、スポーツのパフォーマンスが上がらなくなったり、職人さんは仕事ができなくなったりします。

 

確かに不自然ではありますが、独自のパフォーマンスを発揮するために、許容度以内で不自然の自然が成り立っているのです。

 

 

そして、からだは、構造を歪ませてまで、立ってくれているんです。なんとも健気ではありませんか。

 

それを「歪んでいるアンタ(からだ)が悪い」(って、そもそも歪ませた原因を作ったのは「私」)いうのは、ちょっとひどい言い分ですよね。

 

というわけで、自分の調子が悪いところに対して「痛いオマエが悪い」(でも本当は、その原因を作ったのは私である、という罪悪感もある)とは思わなくなったそうです。

 

 

この方は、お話を伺っていると、あるキーワードを使っていました。

私は、そのキーワードが、その方の「生き方」そのものに関わっているのではないかとしばらく考えていましたが、ある時思い切ってそのことを伝えてみました。

 

その言葉を使うことによって、その方は、実際の生活の中でかなり損をしてきた、つまり、本来のその方の才能を過少評価されてきたのではないかと思ったのです。

 

最初は「なんで?」「なんでこの言葉がいけないの?」のような反応でしたが、その後、気をつけるようになったそうです(たまに出ますが)。

 

その後、気がついたら前から出ていたチックの症状が出なくなりました。

 

 

手首を捻った時。

銭湯に行くとき、シャンプーとか石鹸などをまとめたカゴを持っていきます。

色々入っています。

それを左手で持った時、持ち方が悪かったのか、左手首を捻りました。

 

あの「捻挫した瞬間」的なイヤな痛みです。


帰宅途中、手首を色々動かしてみました。

幸い、痛みはありません。

 

こう言うときは、初心?にもどって「痛くない方」に動かしてみます。

 

右手で、左手首を内旋に決めてみました。

 

コキン!という音がしました。

 

「お、入った」という手応え。

 

しばらくして、左手を掌屈して内旋してみると、また「コキン」という音が。

 

 

f:id:lovecats:20201214194553j:plain

 



「ルシファー」シーズン5 後半放送開始!

心の潤いには、やっぱり本とか映画とか音楽が必要ですよね。

 

私は根っからの映画好きなので、映画を観るなら映画館なのですが、いかんせん、映画館に行けなかったりすると、NetflixとかAmazonプライムとかDisneyplusとか観るわけですね。

 

Disneyplus、4月は「ファルコン・アンド・ウインターソルジャー」で堪能しましたが、6月はついに、ソーの弟、ロキが主人公のドラマが始まります。


Netflixなどは、コンテンツが多すぎて、知りあいでNetflixを見ている人に「何が面白い?」と、聞いたりするのが最近です。

私が聞かれた場合、イチオシなのが「ルシファー」です。

 

ルシファー、元々「明けの明星(モーニングスター)と呼ばれていた天使が、神に背いて堕天し、悪魔となって地獄の王に。で、地獄の王に飽きちゃったので、天使の街、ロサンゼルスにやってきて、ナイトクラブを経営し、なぜかロス市警の民間顧問となって、クロエ・デッカー刑事と殺人事件を解決するというお話です。

そこに、家族(神様とか女神様とか、兄の天使とか)の問題とか色々絡んできますが、登場人物が皆面白すぎて魅力的です。一話完結なので、気軽に観ることができますよ。

 

『LUCIFER/ルシファー』シーズン5 後半 予告編 - Netflix - YouTube

youtu.be

シーズン5の前半で、コロナ禍のため撮影が中止になり、オンエアが遅れましたが、ついに5月28日から、後半が始まりました。

 

私はこの半年、これを生きる支え(笑)にしてきたと言っても過言ではありません。

シーズン1のDVDを買って、東京操体フォーラム実行委員のメンバーに無理矢理(笑)貸し付けて、ルシファーの魅力を伝道している次第です。。

 

 

今回は「お父さん」、つまり「神」が出てきます。

私が三度見してしまったのは、シーズン5の10話。

日本語タイトルが「聖なる迷惑カラオケ大会」という話です。

 

そもそも、ルシファー役の、トム・エリスが歌上手いんです。

 

何がお薦めかというと、しょっぱなから、ルシファーが赤いパジャマ姿でピアノを弾きながらバラードと歌っちゃったりします。

 

この曲、昔よく聞いたな、と思って調べましたが、Wicked Gameという曲ですね。

よくMTVでヘビロテしてましたっけ。

個人的には、ずっと「なんていう曲だっけ・・」だったので、すっきりしました。


www.youtube.com

こちら↓ルシファー版


www.youtube.com

 

 

「神」が、皆を歌わせて踊らせちゃうんですが、殺人現場(アメフトのスタジアム)で、いきなり、Queenの "Another one bites the dust”(地獄へ道連れ)が始まっちゃったり(これが面白い)、取調室でこれまた The Policeの ”Every breath you take”が始まったりします。

 


www.youtube.com

ラスト、ルシファーと神のデュエットは、「レ・ミゼラブル」の ”I Dreamed a Dream”(夢やぶれて)も、何だかちょちょ切れそうです。

 


www.youtube.com

 

それでは、あなたも自分にマッチしたストレス解消法を見つけて、少しでも気分よく過ごして下さいね。

 

 

息を吐きながら?

先日「操体の施術+ベーシック講習」を受けに来られた方がいらっしゃいまして、色々お話を伺いました。

施術+ベーシック講習(日曜開催追加) | %blog

www.teizan.com

 

この講習ですが、施術を受けることができて、なおかつ操体の基礎をレクチャーし、その人に合わせたセルフケアのメニューを組み立てるという、当方一番の人気メニューです。

 

いらっしゃる方に伺うと、多いのが

「本を読んだけどわからない」

「ならったけどわからない」

「きもちよさっていうのがわからない」

 

というのがベスト3に挙がります。

 

この方に聞いてみたところ。数年前に、あるところで操体法を習ったのだそうです。

まあ、第一分析時代のものですから、瞬間脱力は当然と言えば当然ですが、私が気になったのは

「きもちよ~く、自由に好きに動いてください」と

「きもちよさを探して(動いて)」というようなニュアンスだったようです。

 

★私が「ダメ」だといっている2例です。

「きもちよ~く、自由に好きに動いてください」と

「きもちよさを探して(動いて)」と言ってる操体指導者は、勉強が足りません。
何が足りないかというと「楽と快の違い」を分かっていないんです。

 

「これが何でダメなんですか」と聞かれました。そりゃそうです。

その方は、ずっとそれが正しいと思ってやってきたのですから。

 

考えてみてください。

私などは、這うようにしてやってくる人に操体の施術をしたり、ギックリ腰になった方の所へ行ったりするわけです。

辛くて苦しくて動けない人に

「きもちよ~く、自由に好きに動いて下さい」なんて言えますか(笑)

言ったら、怒られちゃいます。

 

つまり「きもちよ~く、自由に好きに動いてください」と言ってるような人は、体操の指導をしているとか、動けるような元気な人しか診てないんです。

 

あと、きもちよさは、探してもみつかりにくいです。

 

これは、やってみればわかります。

 

未だに「楽な方にきもちよく~」と言ってる人は、果たして「楽イコール快なのか」と、自分のからだで試してみて下さい。

数年前、大阪で、操体をやっているマダーム達に三浦先生が質問した際、

「きもちよさが分かる人」では、挙手2名でしたが、「楽か辛いかが分かる人」と聞いたら、会場の殆どが挙手しました。

 

これは、指導者が「楽な方に気持ちよく~」と言っていても、実は習っている方は「楽か辛いかはわかるけど、きもちいいかっていうとよくわかんないけど、まあいいわ~」という感じで、スルーされてきたんだと思います。

 

また「きもちよ~く、自由に好きに動いてください」というのは、実は、第二分析の言葉のパクリなんですが、

そもそも第二分析では「きもちのよさが確認できてから(つまり診断分析をしてから)、はじめて「きもちよさに委ねて」と進めていきます。

 

きもちよさをききわける前に「きもちよ~く、自由に好きに動いてください」なんて言いません。これは「診断/分析」をすっ飛ばしていきなり「操法/治療」に行っているのです。

 

操体操体法で「快」を扱う場合は、必ず「診断分析」(快的感覚の有無を確認し、そのきもちのよさを味わって見たいというからだの要求感覚を確認し、確認がとれたら)はじめて、

「そのきもちのよさを味わって」と、持って行くわけです。

 

ちなみに、タイトルの「息を吐きながら」ですが、その方は、息を吐きながら動いて、三秒後に息を吐きながら、脱力、と習ったとのことでした。

 

しか~し、なんで息を吐きながら、なのでしょうか。

これには理由があります(知ってます?私は、三浦先生からその理由を教えてもらいました)。

 

また、私達は現在、息を吐きながら動く、ということは、やっていません。

そもそも、橋本敬三先生の卒寿のお祝いの席で「呼吸は自然呼吸でいい(呼吸に集中すると、感覚がききわけられなくなるから)」と、橋本敬三先生ご自身が「自然呼吸でいい」とおっしゃっているわけです。

 

なので、吐きながら動くとか、吐きながら脱力する、以外にも道はあるわけです。

 

さて、20世紀までは、自然呼吸でも良かったのです。

しかし、この20年間で、世界は大きく変わりましたよね。

 

自然呼吸にプラスαが必要な時代になってきたのです。

(私自身、それを操体法東京研究会で学んでいます)

 

操体の原理原則は変わりませんが、社会的環境が変わり、人間の生活様式や、ストレスの度合いが変わってくれば、操体もそれに沿った進化が必要です。

 

f:id:lovecats:20210603171042j:plain

何だか美しい卵かけごはんの写真が撮れたので。

 

HOKUSAI

東京の映画館が、6月1日からやっと開館になりました。

この前映画を観に行ったのはいつかというと、3月の「エヴァンゲリオン」でした。

二ヶ月以上も映画館に行かない、なんていうのはあまりないのですが、これもコロナ禍のためですね。


また、映画のチケットを予約するにしても、今現在では「当日分」しか予約できません。早く普通に映画鑑賞ができる日が来て欲しいものです。

 

さて、公開延期になっていた「HOKUSAI」を観てきました(久しぶりに六本木に行きましたが、映画館に行って帰って来ただけでした。今度は香妃園の鶏そば食べて帰ろう)。

映画『HOKUSAI』公式サイト 気持ちを込めて公開中

www.hokusai2020.com

 

今は、コロナ禍で中断していますが、私自身、太田記念美術館(原宿にある、浮世絵専門の美術館)の年間会員だったくらい、浮世絵好きなんです。

 

 

そして、この時代は、蔦屋重三郎(蔦重)、滝沢馬琴(蔦重の下で番頭をやってた)、柳亭種彦喜多川歌麿東洲斎写楽葛飾北斎山東京伝歌川広重など(映画に登場するのは、蔦重、歌麿写楽、馬琴、種彦、北斎)、江戸後期の町人文化を代表する大スターが出た時代です。

 

なお、北斎は海外で「有名な日本人」に入っているそうです。

 

また、今回特筆すべきは、若き日の北斎柳楽優弥(どうしても土方十四郎を思い出す私笑)が演じ、晩年を田中泯さん(みんさんは、さんづけしちゃいます)が、演じています。

そして蔦重は阿部寛(この方はヅラものも似合いますね。「のみとり侍」もよかったし)。

 

北斎は色々なエピソードがある人ですが、今回は「引っ越し魔だった」とか(一説によると、弾圧から逃げるためだったとか)、北斎漫画(今見てもキュートすぎる)とか、有名な(私は現物を「春画展」で見ました)「蛸と海女」とか、娘のお栄を「おーい」と呼んでたので、お栄の雅号が「葛飾於為(おうい)」になったとか、そういうのは出てきません。

 

ここで出てくるのが「天保の改革」です。

簡単に言えば「町人文化が花開き、それをけしからん、とした幕府(水野忠邦)があーとやアーティストをを弾圧した」というもの。

 

映画のしょっぱなで、蔦重の店、耕書堂が役人達に押し入られ、本や絵が焼かれたりします。また、当時は「本の装丁が華美」ということで、処罰されたんだそうです。

 

もしかすると、町人が本を読んだりすると、過激な思想にかぶれるとか、華美な服装や、華美なものはけしからん、みたいな感じだったのでは、と思います。

「自分より下の者が、華美なものを纏ったり、華美なものを持ったりするなんて、けしからん」って、思い切り「嫉妬」のシステムです。

 

今、コロナ禍を理由に、映画館閉めろとか、デパート閉めろとか、そのうち「灯火管制」とか「贅沢は敵だ」とか言う人が出てきたらどうしようかと心配したりしちゃいますが・・。

 

今回クローズアップされているのは、あの「HOKUSAI BLUE」と言われている青い色です。

 

途中で、田中泯さん演ずる北斎が、顔料の入った器を湿らせ、頭から青い顔料を被る、といシーンがありますが(途中から、北斎田中泯さんにしか見えなくなってきて困った)、あの色を使った波や、赤富士のエピソードや、風に吹かれてものが吹っ飛んで慌てている市中の人々を描いたものとか、有名な作品のエピソードが出て来ます。

 

いや~、見て良かったです。

是非大画面で、北斎・ブルーを愉しんでください。

 

なお、蛸と海女(しつこい笑)は出てきませんので、ご家族でご覧になっても全く問題ありません(笑)。

 

で、何故か見おわったら、「銀魂」(実写版)を見たくなったのは、多分、柳楽優弥のせいです(笑)。とくに「銀魂2」だな。

 

蛇足ですが、最近大河ドラマを見ても「銀魂」を思い出してしまう私です。

 

「アタマ」と「からだ」は違う、と操体は考える。

操体法を指導していて、たまに「これはちゃんと伝えないとなあ」と思う事があります。

 

それは、操体操体法において、きもちのよさや、感覚をききわけるのは、「被験者(私)」ではなく、「からだ」であるということです。

 

この話をすると「?」と言う顔をされることがありますが、よく「目が食べたい」という話を聞いた事があるでしょうか。

英語では”My eyes are bigger than my stomach.”(私の目は私の胃袋よりも大きい)という言い方があるそうですが、おなかは一杯なのに、目が食べたい、ということです。

 

からだの本音(おなか一杯だよ)に対し、脳(目というか欲)は(美味しそうだな、おなか一杯だけど食べちゃおうかな)となることです。

 

操法で言えば、操体法は、比較対称した場合、やりやすい方を選択します。この話をすると「反対側はやらなくていいんですか」と言われることがあります。

「左右まんべんなくやったほうがいい」「やりにくい方を多くやったほうがいい」「やる回数は多いほうがいい」「操法の数は多い方がいい」

これらは、全て「アタマ」で考えた「損得勘定」です。

 

からだは「やりやすい方だけでいいよ」と言っているのに、アタマ(意識)は、

  • 左右まんべんなくやったほうがいい
  • やりにくい方もたくさんやった方がいい
  • やる回数は多いほうがいい
  • 操法の数は多い方がいい

と、考えるのです。

 

我々は、ここで「アタマ」ではなく「からだ」(先程の例で言えば、お腹がいっぱいなのに、目が欲張ってまだ食べたい、となっている状態)にアプローチするために、

  • 言葉の誘導

を用います。

例えば
「あなたはこれがきもちいいですか?」

「このきもちのよさ、からだにききわけられますか?」

という二つの問いかけがあります。前者は「あなた(アタマ)」に問いかけており、後者は「からだ」にききわけさせているのです。

 

アタマとは、損得勘定、正しいか、正しくないか、などで考えます。

からだは「快か不快か」(好きかきらいか)を選択します。

 

操体指導者は、この区別がしっかりできていないといけません。

この違いが分かっていないと「ちょっとしかきもちよくない」とか「これはきもちよくない」というように、きもちのよさ、快を大小で評価したりすることになります。

私はこの手の勘違いをしている人を数多く見てきました。

 

そう言う人は、結局「快」を「損得勘定」(多い少ない)でみているので、なかなかコアな部分にたどり着けないことが多いように感じます。

 

また、先日「身心一如」というものもある、という方もいました。

なので、「私とからだを分けるのか」というのです。

この場合ですが、私自身、厳密に言えば「こころ」「からだ」「自分」は、別のモノではあるけれど、密接に繋がっているという感じがあります。

 

身心一如というのは、当たり前と言えば当たり前ですが、ここでいう「心」は、どちらかと言えば「エゴ」や「アタマ」ではありません。

 

なので「身心一如」っていうから、ワタシのエゴもからだも同じでいいじゃん、とは思いません。

 

また、身体と精神は一体であって、分けることはできず、つのものの両面にすぎないという仏教の考え。 「身心」は、体と心のこと。 「心身(心と体)」ともいい、「しんじん」とも読む。 「一如」は、ただつであるさま。

 

本当は「からだ」「こころ」「アタマ(エゴ)」の3つがあるんだろうな、と考えています。

f:id:lovecats:20210513171955j:plain



 

2021年春のフォーラムが近づいてきました。

去年の春のフォーラムから、ネット配信に切り替えました。

非常事態宣言が出た時、仕方ないので借りていた会場をキャンセルすることになり、手探りでやったことを思い出します。

あれから一年、毎月の「東京操体フォーラム実行委員勉強会」も、仕事の関係などで三茶に参集できないメンバーは、zoomで参加しています。

二年前ならば「絶対web会議なんて縁がないだろう人」も、web会議やってますし、私も大学でのweb講義の手伝いとか、大規模会議やシンポのお手伝いとかを結構こなしたので、まあ普通?にこなせるようになりました。

 

それはさておき、4月29日(木)昭和の日、2021年春季東京操体フォーラムを開催致します’(webで)。

 

テーマは秋に引き続き「操体法クロニクルズ セルフケア」関係です。呼吸についてもやります。

 

www.tokyo-sotai.com

 

最近、私のところも「操体法の施術+ベーシック講習」に参加される方が増えており(こちらは、自力自動のセルフケアがメイン)、自分でケアできるところはケアして、免疫力を高めよう(操体法は、これにも一役買います)という機運が高まっているのではと思います。

 

もともと、操体法がブームになった当初は、仙台の橋本敬三先生のところに「医者から見放されたような患者さん」が来ていました。

ところが、それがいつからか「操体は自分でできる体操みたいなもの」という認識も持たれるようになっています。

 

これ、変ですよね。

 

・医者に見放された人が操体法を求めて仙台に来ていた(医師が関与する治療)
・しかし、現在操体法を健康体操とか養生法として見ている人もいる(養生法)

 

そんな、医者に見放されたような人が、自分でできる養生法をやってみて、治る、というのは普通に考えられませんし、もしそれが本当ならば、

 

操体法はもっとポピュラーになっているはずです。

 

この辺りのカラクリですが、

「専門家が、セルフケアできるようになるまで、ヘルプする」(専門家による)

「セルフケアできるようになったらセルフケアに」(自力自動のケア)

という、二段階がごっちゃになっているんです。

 

そして「正體術」の本にも書いてありますが、

  • 自分でもできます
  • しかし、それは、専門家に骨格の歪みを全て正して貰ってから

このように書かれています。

 

これは、操体法にも当てはまります。

  • 自分でもできます
  • しかし、まずは専門家にボディの歪みを調整してもらってから
  • なお、もともと健康で、問題がない人は、自力自動のセルフケアで、健康維持増進が保てます

 

ということですね。

つまりは、健康の度合いが40パーセントを切っているような方は、まずプロのケアを受けて、セルフケア(自力自療)ができるくらいになってから

 

なのです。

 

しかし、とは行ってもこのご時世、なかなか遠方まで足を運べません。

そこで「健康の度合いが低い方でも、負担なくできるような、セルフケアの補助になること」を、フォーラムでご紹介しようという次第です。

 

どうぞおたのしみに。

 

お申込期日が過ぎても、私にメール下されば何とかなるかもしれませんよ??

(私が事務局長なのです)