操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「残念な努力」書籍案内

2019年秋の東京操体フォーラムのテーマは

「『がんばるな』にかくされた操体の秘密」

でした。また、東京操体フォーラムのブログ(今私が書いてます

blog.tokyo-sotai.com

も「がんばるな」「がんばらなくてもいい」、がテーマとなっています。

 

「がんばるな」というと「え~?どうして」と言われます。それについて色々書いて見たわけです。

 

そんなとき、目に入ったのがこれです。

 

なんだか、惹かれるタイトルではありませんか。

 

ざんねんな努力

ざんねんな努力

 

 というわけで、早速密林でポチってみました。

なお、アスコムさんの本なので、登録すれば電子版も読めます(便利!)

 

著者の川下和彦さんは、子供のころから頑張っても頑張っても何故か報われず。しかし、ある日偶然試した方法で、ちょっとした手応えを覚え、それを繰り返しているうちに、あれよあれよと変わったのだそうです。

 

また、川下さんは「習慣化エバンジェリスト」(畠山は「操体エバンジェリスト」です)としても活躍されています。

 

頑張っていないのに。

 

さて、登場するのは、久しぶりに集まった大学のゼミの仲間達です。
頑張っても頑張ってもなんだか上手く行かない。そんな時、センセイが面白い話をきかせてくれるのでした。

 

この話は、劇中話になっています。

 

ガンバってるのに苦行レベルにうまくいかないガンバール国と、ガンバラン国です。ガンバール国の住人、ミサキはふとしたことで、ガンバラン国へ行くのですが、そこで、不思議な人達に出会うのです。

 

この話を聞いて、ゼミ仲間がどう変わったか。

 

なお、最後に「ガンバラなくても結果を出す十ヶ条」が示されています。

私は「日曜は、操体の勉強の日」と決めてから20年以上経ちます(三浦先生はもっと長い)。

まあ、仏教塾の修行とか海外遠征時は講習をお休みしましたが(講習は、優秀な後輩が代講してくれますし)、基本的に「毎週日曜は操体の講習の日」「第二日曜の午前中は、東京操体フォーラム実行委員勉強会」とか「第五日曜は、塾SOTAI」というように、年間に予定を入れてしまいます。

 

私は、操体の勉強が一番大事だからです。仕事は別として、一週間に一度は(私はオブザーバという立場が近いですが)勉強の場に臨みたいのです。


海外行くのも大抵は操体の用事です(笑)し、地方出張も操体の用事です。

 

去年、松岡正剛先生のイベントで仙台に行きましたが(それも師匠と笑)、仙台は仙台でも、いつもは全く行かないところに行ったので、新鮮でした。

 

岩手のTさんなどは、毎月一度は必ず上京してますし、多い時は二回来ることもあったりします。

それは「習慣」になってるからなんですね。

月に一度は操体の聖地、三茶に行かねば!って。

 

また、三浦先生の講習を20年近くみていて分かったのですが、

「多くに取り組もうとすれば、意志の力を摩耗させる。やるべきことをシンプル化すべし」とあるように、

 

レッスンに全部出て、早く習得しようと頑張ったりすると、大抵はポキっと折れます。つまり、多くのことに取り組もうとすると、意志が折れちゃうんです。

 

それから、一度「やすみぐせ」がつくと、足が遠のきます。
仕事とかでしたら仕方ないところもありますが、これも事実です。

 

というのを考えて、今度「操体法基礎講座A」を企画しました。

「無理なく習慣化」ということで、月イチ(条件によっては月二回参加可能)月謝制です。

blog.teizan.com

 

ちなみに、操体の「自然体立位」なども最初はできなくて当然なのですが、やっているうちにできるようになります。

というか、最初はできなくて当たり前なのです(簡単そうにみえるけどね)。

 

「最初は意識してやっていることも、繰り返すことで無意識にできるようになる。繰り返し行動で、自らを自動化すべし」

これ、大事です。

 

そして「効果を実感できないことは続かない。自分へのご褒美を見える化すべし」というのもなるほどです。

 

なかに、上は黒いセーター、下はデニムという姿の一家が出てきます。
スティーブ・ジョブズISSEY MIYAKEの黒のタートルを特別注文していたというのは有名な話ですし、オバマ元大統領が、スーツの色は二色と決めていたというのも有名な話です。つまり「今日は何を着ていくかな」という選択だけでも疲れるから。

絵本のようにサクサクっと読めますが、奥が深い本ですよ。

 

そうそう、勉強法も載ってます。

がんばらない勉強法。これもかなり役に立ちますよ。

 

 

END OF THE ROAD/ KISS live in TOKYO

12月8日、第二日曜は東京操体フォーラム実行委員の勉強会(重要な勉強会です)と、午後は操体法東京研究会の定例講習であった。

 

私は「今日は仙台初日か。。。」と、仙台に思いを馳せていた(笑)

 

第二日曜じゃなけりゃ、行ったかも。。

 

というのはKISSの END OF THE ROAD の日本ツアー初日が仙台だからなのであった。


仙台は私にとっては縁深い土地であるし、操体の発祥の地でもある。うちの屋号の「TEI-ZAN」は伊達政宗公の諡号だし。

 

また、KISSは私が四捨五入すると40年以上も愛しているバンドなので「KISSよ、仙台を選んでくれてありがとう!」という気分であった。

仙台のキャパは4000名くらいということで、めちゃくちゃ羨ましいハコであった。

 

師匠(前回と前々回はKISS行ったが今回はパス)に「私のKISSファン歴は操体歴より長い」と言ったところ

「比べるな」と言われた(はい、比較しません・・・笑)。

 

と、12月11日、私は早めに後楽園に向かった。グッズを買おうと試みたが、目星いものは売り切れていた。

 

キャップを買おうと思ったが、キャップも、ベティ・ブープのKISSメイク版のTシャツも全部売り切れていた。

 

f:id:lovecats:20191212115243j:image

 

しかし、ガチャがあったので、ガチャはやった(笑)

 

f:id:lovecats:20191212115255j:image

チケットは「地獄のアリーナ」だった。
ウドーのプレミアム会員になって年会費を払った甲斐があったというものだ。

 

会場内で、東京操体フォーラム、Team Sotai InfinityのT本君と待ち合わせる。

f:id:lovecats:20191212115309j:image

 

 

 

f:id:lovecats:20191212115319j:image

f:id:lovecats:20191212115342j:image

 

 セットリストは以下のとおり。いつものようにKISS ARMY(KISSのファンのことです)に向かって

”You Wanted The Best

You Gotta Best

The Hottest Band In The World, KISS!!”

という声と共に、巨大スクリーンに、名物マネージャ、ドグに誘導されメンバーが入って来たよと思ったら、空から降りてきたのだった。

 

 

1. Detroit Rock City
2. Shout It Out Loud
3. Deuce
4. Say Yeah
5. I Love It Loud
6. Heaven’s on Fire
7. War Machine
8. Lick It Up
9. Calling Dr. Love
10. 100,000 Years
11. Cold Gin
12. God of Thunder
13. Psycho Circus
14. Let Me Go, Rock ’n’ Roll
15. SUKIYAKI
16. Love Gun
17. I Was Made for Lovin’ You
18. Crazy Crazy Nights
19. Black Diamond

Encore
20. Beth * KISS feat. YOSHIKI
21. Rock and Roll All Nite * KISS feat. YOSHIKI

 

今回「おっ!」と思ったのは、ドラムのエリック・シンガーのドラムソロ。バスドラを打ちながら、上半身で汗を拭いたり、グローブを外したり、居酒屋でおしぼりを使うおっさんのような仕草をして、我々を笑わせてくれた。

 

そして、アンコールではなんと、X-JAPANYOSHIKIが白いロングジャケットで登場、彼の十八番であるピアノを弾きながら、エリックが "Beth" を歌っている時は、スマホのライトが灯ったのだった。

そして最後の”Rock n’ Roll All Nite”ではYOSHIKIがドラムを叩くという演出。

いや~。よかったですね。

 

今回、ポールは喉の手術後ということで、ちょっと心配していたのですが、元気そうで安心。

ポールは前回に続き「上を向いて歩こう」(SUKIYAKI)を披露。

この辺りは当然ながら絶唱(笑)。宙乗りもしてくれたし、ギターをぶっ壊してくれたし。

ジーンはやはり安心感があり(火も吹いたし、血吐きもやってくれた)

トミーもやっぱり安心感がありました(ギター燃やしたり)。

 

私の前に座っていたオジサマは「ありがと~う!」と絶叫していたが、私も同感だった。

 

KISSが何故人気があるのか。

それは、ファン思いだからにつきると思う。また、ビジネスを熟知しているともいえる。

今でこそ、アーティストのマーチャンタイズは普通だが、彼らはデビュー当初から、物販にはチカラを入れていたのだ。

 

★この本を読むとよく分かる。

KISSジーン・シモンズのミー・インク

KISSジーン・シモンズのミー・インク

 

 

そして、KISSは「ビートルズ」のモデルを上手く活かしている。

ポールは、当然ながら、ポール・マッカートニー
ジーンは、個性的なジョン・レノン
トミーは、ちょっとクールで寡黙なジョージ
エリックは、ちょっとおとぼけでムードメイカーのリンゴ

なのだ。

 

これで最後なのだろうか。

 

私は「アンプラグド」で戻ってくると思うのだが。

 

あと、ポールのソロ・ユニット(KISSの曲は全くやらず、ソウル・ミュージックのみ)The Soul Stationも、また来てくれることを祈る!

 

 

 

 

 

 

2020年開講 操体法基礎講座Aのご案内

この度、東京操体フォーラム操体法東京研究会の有志で"Team SOTAI Infinity" というチームを結成致しました(三浦寛先生公認)。

f:id:lovecats:20191210154004p:plain

 

その発足記念として、2020年に「操体法基礎講座A」を開講いたします。

 

 

操体法基礎講座A



操体的なからだをつくる」
「セルフケアを可能にする」
「第三者への操法

 

この講座の目的

この講座は、こんな方のために企画しました。

操体に興味があるのだけれど、誰にならったらいいかわからない(情報が多すぎる)
操体の本を読んでもわからない
操体を勉強しながら、自分の体調を整えたい

 


この講座の担当講師は、こんな人間達です

 

操体が好きで、操体の専門家である
・実際に治療(臨床)で操体を実践している
・生活の中でも操体を活かしている

つまり、操体のテクニックを教えているのではなく、操体の恩恵にあずかっているメンバーです。


操体基礎講座A
操体的なからだをつくる」
「セルフケアを可能にする」
「第三者への操法

 

期間と回数 全12回 2020年4月~2021年3月
①第2土曜夜 3時間 18時~
②第4水曜夜  19時~22時
★土曜と水曜は振替可能

対象 操体の基礎を学びたい方(プロ・アマを問わず)
講義、実技、呼吸法(操体的な呼吸法)
個人にあったプログラムの作成
セルフケア、家庭でのケア
施術、治療への応用(他の手技療法)
からだをこわさない、からだの使い方、動かし方

操体の臨床経験(実際の治療)豊富な講師陣による指導。
操体創始者橋本敬三先生の直弟子、三浦寛の直弟子が指導致します。

 
2020年4月正式開講

2020年1月~3月(プレ期間)
★1月~3月はプレ期間として特典つき
・限定の操体施術会に参加できます(第三日曜)
・入会金 20000円を10000円に
・月謝 月額11,000円

・入会金 20,000円
・月謝方式です。(月一度 11000円税込)
・4月~3月の12回
・毎月お月謝を納めていただきます。
・土曜日曜水曜は振替可能です。
・一ヶ月お休みする場合は、翌月にその月の分もお支払い頂きます。

★クレジットカードでの決済可
★特典 年間一括(2020年4月~2021年3月)でお支払いの場合は土曜水曜両方のクラスに参加可能です。


休講、変更のある場合は、すみやかに事務局から連絡致します。
2020年11月は開催日程を変更予定です。

操体ベーシック講習A(基礎)
全12回 2020年4月~2021年3月
講義、実技、呼吸法(操体的な呼吸法)
個人にあったプログラムの作成
セルフケア、家庭でのケア
施術、治療への応用(他の手技療法)
からだをこわさない、からだの使い方、動かし方

操体の臨床経験(実際の治療)豊富な講師陣による指導。
操体創始者橋本敬三先生の直弟子、三浦寛の直弟子(操体ラクテイショナー資格所有者)が指導致します。
畠山裕美、瀧澤一寛、寺本雅一他

開催場所:世田谷区三軒茶屋徒歩3分(操体法東京研究会講習会会場)

 
正式開講の前のプレ特典(上記参照)

対象 操体を学びたい方(プロ・アマを問わず)

修了時 一般社団法人日本操体指導者協会より修了書発行

後援 一般社団法人日本操体指導者協会
東京操体フォーラム操体法東京研究会

 

xn--tqq763c.com

Team SOTAI Infinity

 

操体法基礎講座のご案内(2020年開講) | 操体.com

 

お申し込みフォーム

お問い合わせ

アナ雪2。眉毛の秘密。

アナ雪2、見ました。

www.disney.co.jp

アナと雪の女王2|映画|ディズニー公式

 

さて、先のブログで「レリゴー」が、「ありのままの私を愛して」みたいな歌ではなく、「いい娘はもういない。もう偽らない。これから大変だけど、自分を偽る必要はないんだ」という歌だったというお話でした。

 

つまり、カミングアウトです。

 

そして、気がついていたかと思いますが、アナとエルサの姉妹が、今までのディズニーのヒロインと全く違うところ。

 

それは、眉毛です。

眉毛にちょっとクセがあり、全開の笑顔ではない。笑っていても、普通にしていても、どこかちょっと陰がある。八の字眉毛なんです。

リンクのサイトのエルサなんて、見て下さい。

眉根にシワを寄せているんです。

今までに、ディズニーのヒロインで、眉根にシワをよせて困ったような顔をした娘がいたでしょうか??

「女の子はにっこり」とか「愛想良く」とか言われるもんです。

これだけでも違う。

 

まあ、眉毛が少し下がっているから、眉根にシワを寄せても怖い顔にはならず、困ったような顔になる。ディズニーのキャラデザイナーのすごさを感じます。。。

 

つまり、ニコニコ笑っていて笑顔全開、というような「求められる理想の女の子」というスタイルを破ったんです。

 

 

アナ雪2は大人向けではないかという話をちらほら聞きますが、結構ストーリーが複雑です。というか、クリストフがアナにプロポーズしようと色々試みるシーンの数々ですが、あれって、男と女の感性の違いとかすれ違いを実に上手く描いてますよね笑。

 

しかし、最後は、え?アナが即位しちゃって、エルサはやっぱり雪の女王なんだというお話でした。

 

 

読書日記@時の娘。

中学生の頃、夢中になって読んだ本が、密林で電子書籍となって私の前に再び現れた。

素敵な再会だ。

 

リチャード三世と言えば、シェイクスピアの戯曲でも醜悪な悪人として描かれている。

 

私が同じ頃読んだのは、森川久美の「天の戴冠」だったが、こちらはリチャード三世を悪人としては描いていない。

 

この本は、いわゆる「車椅子探偵」(足を骨折して入院注の刑事)が、書籍など、普通に手に入るものを使って、リチャード三世は兄の子供を殺して王位についた極悪人ではない、ということを解き明かしていくという話だ。

 

 なぜ、リチャード三世は悪人として描かれたのか?それは、タイトルの「時の娘」にもあらわれている。

Truth is the daughter of time.

真実は時の娘。

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

時の娘 (ハヤカワ・ミステリ文庫 51-1)

 

 

時の娘

時の娘

 

 

歴史は、常に勝者によって作られる。
リチャード三世の悪人のイメージは、後のチューダー朝によって記された虚構が「歴史」として現在も流布しているのだというのが答えだ。

 

似たような話で、徳川慶喜は、戦争をせずに負けを認めたようなことを言われてきた。しかし、近年では、慶喜公が戦をせずに江戸無血開城したのは、戦が起きれば江戸が火の海になる事が分かっていたからだと言われている。つまり、江戸を救ったのである。

当然ながら、明治の新政府は、慶喜公を良くは言うまい。

 

歴史は勝った者が編集する。そして作られる。

 

 

そしてもう一冊。

昨日、東京操体フォーラム実行委員の勉強会にて、T澤さんが色々興味深い「謎解き」をしてくれた。その鮮やかさは、この本を思い出させたのだ。

成吉思汗(ジンギスカン)の秘密 (光文社文庫)

成吉思汗(ジンギスカン)の秘密 (光文社文庫)

  • 作者:高木 彬光
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2019/09/27
  • メディア: Kindle
 

 これは、「義経成吉思汗伝説」を解いたものだ。先の「時の娘」同様、神津恭介がベッドの上で謎を解く。

私は元々判官贔屓なもので、この本は心に染みた。

 

この二冊はミステリーの名作と言われているものだが、名作は何度読んでも新鮮なものだ。

 

「動きより感覚の勉強をしなさい」って、操体です

この言葉は、操体創始者橋本敬三先生が90歳を過ぎてからおっしゃったことだと聞いています。

 

これは、操体が「楽な動きか楽じゃない動きか」(スムースかスムースじゃないか)という、「運動分析」の問いかけから、「感覚分析」に変わった時のことを示しています。

 

そして、これは、患者さん(クライアント)ではなく、操体指導者、施術者向けの言葉です。

 

今、操体のことは殆どの方は「快・きもちよさ」だと認識していると思いますが、これは「感覚」のことを言っています。

 

操体の指導者に必要なのは「感覚」、それも「原始感覚」。

つまり「快か不快かききわける力」です。

 

原始感覚を磨くには、いくつか方法がありますが、一番良いのが、操者、指導者自身が「質の高い快」を味わうことではないでしょうか。

 

たまに、自分自身が「操体的な質の高い快」を知らないのに、口先だけで「きもちいいですか」と聞いているようなケースを見受けますが、本人がイメージできないものを、他人に問いかけるということ自体がナンセンスです。

 

実際「快」を分かっていない操者が「快」とか「きもちいいですか」とか言っても、相手(被験者・クライアント)の「からだ」にはバレます。

 

「快の何たるかを知らずに、私(からだ)に『きもちいいですか』なんて聞くのは100年早い」と言われるのです。

 

まあ、問いかけ方もありますが、

「きもちいいですか」と聞いて、被験者に「わかりません」と言われる理由です。

 

なので「動きよりも感覚の勉強をしなさい」なのです。

 

★我々操体法東京研究会では「きもちいいですか」というような、不躾な問いかけはしません。もし、講習中にそういう問いかけをしたら、私が「こら~っ!」と(笑)

 

「快をききわける力」というのは、「学ぶ」ものです。訓練と言ってもいいかもしれません。

 

これは男女差別ではなく、性差の問題ですが、女性は比較的感覚を捉えやすいです。

男性は、自分の感覚をそれほど外に出さないとか、外ではヨロイをかぶる傾向もありますので、感覚の捉え方に慣れていない場合があります。

 

実際、操体法東京研究会でも、最初は「快という概念がわからない」という方もいらっしゃいますが、学んで行くうちに、捉えられるようになってきます。
この場合ですが、やはり「素直なこと」が大事です。

 

被験者(クライアント)に「快」を提供できるのは、まず操者(指導者)自身が「快」を味わい、「快」を学ぶことから。

 

そのための一歩として、足趾の操法®があります。

先日のフォーラムでも初めて受けた方が「幸せな気分になって、ずっとこの時間が続けばいいと思った」とか「意識が飛んでアタマがクリアになった」という感想を頂きました。

 

 

足趾の操法を学んでみたいという場合はこちらをどうぞ。

www.teizan.com

足趾の操法®集中講座 | %blog

 

また、受けてみたいと言う場合は

www.teizan.com

施術料 | %blog

こちらをどうぞ。こちらは私が施術致します。

 

またまた、施術会でもっと気軽に受けてみたいという方は、不定期で「操体施術会」を行っております(三軒茶屋、施術料4000円)。こちらは、操体法東京研究会のスタッフ(畠山の教え子)が、私の監督下で施術致します。

なお、施術会はオープンにはしていませんので、一度上記の施術を受けて頂ければ、詳細をご案内致します。

 

 

2019年秋季東京操体フォーラム無事終了しました

お陰様で秋のフォーラムを無事終了することができました。

 

今回は、実行委員の寺本君が操体プラクティショナーに認定されました(おめでとう)。彼は、足趾の操法の講習でも、他の講習でも優秀なアシスタントぶりを発揮してくれており、いつも感謝しています。
今後の活躍を期待しております。

 

また、相談役の駒居義基先生の講義「心理臨床と占い、操体の交差点」は、まさに「交差点」にピンポイントを当てた、操体臨床においても非常にためになるお話でした。

現場のカウンセラーと現場の臨床家。向き合っているものはそれほど違うものではありません。これからも一緒に勉強していきたいと思います。

 

なお、足趾の操法®のデモンストレーションをやりましたが、畠山の易の学校の同じクラスだった方が二人来て下さり、足趾の操法を初体験しました。

一人の方が「受けていて幸せだった」と言って下さり、とても嬉しかったです。

また「足裏マッサージみたいにゴリゴリやられるのかと思った」と言っていた方が「全くちがって、ものすごくきもちよくて、冷えたからだが温まった」とおっしゃっていました。

そうです。足趾はやはり体験するとわかるんですよね。

(受講生募集中です)

www.teizan.com

2019年秋季フォーラム | 東京操体フォーラム

 

畠山の発表はこんな感じです。

「がんばるな」と「アナ雪」の関係?

自己肯定感とバレットジャーナルとか。

三浦先生と瀧澤さんによる「朗読@密教僧秋月慈童」など、色々好きにやらせていただきました。ありがとうございます。

f:id:lovecats:20191125160601j:plain

「がんばるな」にかくされた操体の秘密

f:id:lovecats:20191125160642j:plain

f:id:lovecats:20191125160700j:plain

操体と「自己肯定感」についてプレゼンしました

 

春のフォーラムは2020年4月29日(水)に開催いたします。