操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「捻転」で、偏頭痛が解消した話。

先日ある方から「操体って、あんな簡単なことで、あんなに効果があるんですか」と、聞かれました。

 

う~ん。

 

ちなみに、簡単に見えることって、実は難易度が高かったりします。

 

よく「足趾の操法」を見て「あんなの簡単じゃん」と言うのでやってもらうと、全く違うことをしていたり。。

(見よう見まねでやると、手首や肩を壊します。プロは長時間やってもからだを壊さない術を知っているからプロなんです)

 

操体法の必須科目「般若経」(からだの使い方、動かし方の基本法則を、真理を説いたお経になぞらえたもの)は、見た目「超簡単」に見えますが、操体を勉強して30年近く、東京操体フォーラムにかかわって22年になりますが「できま~す」と言って、できた人を殆ど見たことがありません。

 

簡単に見えるものほど奥が深い。。。

例えば、太極拳なんかもやってる人はすいすいやっていますが、あれを初めてやると、数日間は太腿が筋肉痛でトイレに行くのもつらいぞ状態になったりするのです(実話)。

 

そういえば

 

夏になると思い出す話があります。

 

20年以上前、友人宅のドッグトレーナーの方と知り合いになりました。

何だか暑い日だったのを覚えています。

 

その方、腰痛持ちだったのですが、簡単にできる方法として「左右捻転」の簡易バージョンをやってもらいました。

 

確か左右差があり、操体のセオリーどおり「やりやすい方をやってから、再度ためしてみて、やりにくかった方がどのよう変化したかチェック」してもらいました。

 

「あ、やりにくかった方がやりやすくなってる」

 

というのは、割と多いリアクションだったので「気になったらちょこちょこやってね」と伝えました。

 

その後、数ヶ月してから再会したとき、

「私、腰痛持ちですが、偏頭痛もあったんです。この前教えて頂いたのをやっていたら、偏頭痛にならなくなってきたんですよ」

と、言われました。

 

なんでも「なんだかアタマが痛くなりそう」と感じたら、ささっと立ち上がって「左右捻転」を試してみて、やりやすい方を重点的にやっていたのだそうです。

「あんな簡単(と言っても、体重の移動のやり方、スピードなどはかなり詳しく指導)なことで、偏頭痛がおさまるなんて不思議ですね」とのことでしたが、私自身「左右捻転だけで?偏頭痛が起こらなくなった?」と、びっくりしました。

 

この方には「ここだけは、外さないでね」というポイントを伝えたのです。

 

この方の場合、捻転という動作をすることによって、今思うと軸の適正化と、バランスが整う、という二つがマッチしたのだろうな、と思います。

 

大抵はどっちか一つで、少し時間がかかったり、我々操体のプロの手助けが必要だったりするのですが、たまに自分でやって「ビンゴ」が出る人もいるということですね。

 

ちなみに「捻転」。最近はやりませんが、ハイヒールを履いてスタンディングのライブに行ったり(ってそんなことしてたのかって言わないでね)して、腰が痛くなったりしますよね(なるんですよ)。そんな時、ハイヒールを履いたままという、いささか無謀に見えるスタイル(基本のツボは押さえているので大丈夫)で左右の捻転を、

「周囲に分からないように(笑)」例えば「踊ってるフリして」やるわけです。

 

そうすると、足と腰がすっきりする。。

 

そんな活用法もあったのでした。

 

日常のからだの使い方、動かし方のポイントを知るだけで、からだは変わります。

というわけで、当方一番の人気メニュー、「操体の施術+ベーシック講習」の

ご案内です。

 

一度に「操体の施術(きもちのよさで良くなる)と、セルフケアのベーシック講習」が受けられます。

それぞれのご希望に沿ってメニューを組みます。

www.teizan.com

 

 

2022年7月実践易占入門

暑いですね。

東京も梅雨明けしたようです。

 

さて、7月9日(土)17時〜19時、定例の「実践易占入門」を開催致します。

今回のテーマは「シンクロニシティ」(共時性、同時性)です。

 

講師 壺中堂主人こと、東京操体フォーラム相談役、福岡の新部健太郎先生

 

前回6月の講座で、最後に参加者全員に、アプリで「明日の日筮」を立てて貰いました。その時非常に面白かったのが「三爻の人が妙に多い」ということでした。

 

初爻から上爻まで六つあるのに、何故三爻が多いのか?

これは、易占講座自体が成長していて、次のステップに進もうとしているとか、参加者が、現在のキャパシティを越えようとしている次元にあるのかもしれません。

 

そこから、新部先生から「次回は『シンクロニシティ』にしましょう」という話が出て、7月のテーマが決まった次第です。

 

2022年7月実践易占入門 2022年7月9日(オンライン・Zoom) - こくちーずプロ

 

www.kokuchpro.com

 

この講座は「易の卦をどうやって読むか、どうやって読み解くか、インスピレーションを使うか」的なことがメインです。

 

つまり、実践で一番大事な「解釈法」のヒントをみんなで考えて膨らませていこうという講座です。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

 

なお、三浦寛先生も毎回参加中です。易と操体は結構ご縁がありますが、易とは少し違った切り口で、非常によい刺激になっています。

 

 

 

猫ボウル(宇宙船)は楽しいな

急に暑くなりましたね。

体調管理には気をつけましょう。

 

 

最近、流行っているようです。

 

f:id:lovecats:20220626180540j:image

箱入りならぬボウル入りのりんりん。

 

私は「猫ボウル」と呼んでいるのですが、「宇宙船」とも言うらしい。

最初はいやがる?りんりんをボウルに入れました。

 

すごーく嫌がられましたが、つるん!と入ってからだがフィットすると「?」「あれれ」みたいな感じ。

 

その後は自ら進んで入るように。。

 

気がつくと、かなり長時間入ってたりします。

気持ちいいんだろうな、居心地がいいんだろうな、と思います。

 

 

「考えるな。行動しろ」

先日仕事の合間をぬって遂に観てきました。

これは、ムビチケを買っておき、日比谷でIMAXで見ました。

 

もうしょっぱなから「Denger Zone」で、「うわ〜」みたいな(笑)

 

映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト

topgunmovie.jp

内容は色々なところで伝えられていると思いますが、今回は、前作から30年以上経っており、アイスマンは大将に出世してました。

今回のキモは、前作で事故のため亡くなった盟友グースの息子、ルースター(ガチョウの息子が雄鶏)とマーヴェリックのやりとり。

 

ちなみに「キャプテン・マーベル」(彼女もパイロットでしたね)の愛猫、グース(実は何でも吸い込む宇宙生物フラーケン)は、「トップガン」のグースから来ているのだそうです。

 

何回か出てきたのが「考えるな。行動しろ」というセリフでした。

戦闘では、考えている間にタイムロスが起き、それが命取りになります。

 

これをもっと考えてみると「直感」になってくるのでしょう。

 

操体のコツも実は「考えるな」なんです。

しかし、考えないで無差別にというのではなく「原始感覚(快か不快かききわけるちから)に、従えということです。

 

「考えるな。からだにききわけろ」

「考えるな。感じろ」(これは「燃えよドラゴン」の名セリフです)。

 

そういう話になると「自分は『快か不快かききわけるちから』にどうも自信がない」という方がでてきます。

「どうすればいいんでしょう」

 

操体的に言えば「快か不快かききわけるちから(原始感覚)」を目覚めさせるには、質の良い快をからだに味わってもらうことです。

 

 

 

今日の操体法東京研究会の定例講習。

 

 

スペイン語訳「般若心経」。

私は2000年に、曹洞宗で在家得度しています。

在家なので、アタマを剃っているわけではありませんが、戒名つまり仏弟子としての名前は持っています。

 

師匠三浦寛先生のご実家も曹洞宗操体とご縁がある東北福祉大曹洞宗系の私立大です。ついでに東京の操体の聖地?三軒茶屋駒澤大学のお隣ということで、何かご縁があるのだろうと思っています。

 

私のお師僧様は、中野東禅先生といいます。東京国際仏教塾では長いこと曹洞宗専門課程を担当されていましたが、一昨年引退されました。

卒業生が集う「東禅会」では、私も幹事を務めさせて頂き、大変お世話になりました。

 

 

★なんと!橋本敬三先生の「生体の歪みを正す」の創元社からも本を出していらっしゃいます(これは感激しますよね)。

 

ちなみに中野先生は「東禅節」と言われる噺家も顔負け?(もともと落語は法話説法から来ているそうです)のお話が魅力です。

 

中野先生は良寛さんの研究もされており、私が以前松岡正剛先生の「外は、良寛。」や、

 

 

「千夜千冊エディション 本から本へ」(実は冒頭が道元の「正法眼蔵」なのです)や

 

こちらをお送りしたり、また仏教塾のイベントで写真を撮らせていただいたりと、色々ご縁を持たせて頂きました。

 

ちなみに、中野先生は可睡斎(かすいさい)にいる、ブラジルの修行僧の方に依頼して

www.kasuisai.or.jp

「般若心経」のスペイン語訳とポルトガル語訳を作っておられました。

 

私は操体のご縁で、師匠三浦先生とともに、マドリッドで何度か操体セミナーを開催させて頂いています。中野先生に以前そのお話をしたこともあり、今回、完成した「般若心経」のスペイン語版とポルトガル語版を送って頂きました。

 

昨年、ごく内輪での忘年会で東禅先生にお会いしたのですが、背広姿にベレー帽というお洒落な姿で、お元気そうで安心しました。東禅節も健在でしたよ。

 

ちなみに、操体では「身体運動の法則」のことを「真実を解いた短いお経になぞらえて」「般若経」と呼んでいます。

(ユーモアのつもりでやったけれど、お叱りを受けることもある、と、橋本敬三先生も書かれています)

 

「般若心経」と漢字が違うだけなので、一時問題になったことがあるようで、関西地方では「般若身経」と言わないところもあるようです。

 

以前スペインに行った際、何人かが「操体に於ける般若身経」と「仏教経典の般若心経」を混同していたことがあり、私自身「これはまずい」と思いました。

 

日本国内でも、我々操体関係者は普通に「般若身経」と使っていますが、操体を知らない人にとっては「般若心経」と聞こえるわけですし、「お経をもじっちゃダメでしょ」とお叱りを受けたこともあります。

 

また「操体って『般若心経』っていうけれど、宗教的なものも関わっているんですか」と言われたり。。。いやいや「心」じゃなくて「身」なんですよ。

この辺りはご本家「般若心経」の邪魔をしないように気をつけないといけません。

 

この時考えついたのが、仏教経典の「般若心経」は "Heart Sutra" で、操体の基本運動の「般若身経」は"Sotai Body Sutra"という説明です。

 

以前作ったTシャツ

 

スペイン語版です。

 

2020年、2021年とコロナでスペインでセミナーを開催することは叶いませんでした。

今年もコロナ禍、ウクライナとロシアの戦争で、まだまだ渡西のチャンスは遠いかもしれませんが、今度行った時は、坐禅の指導しちゃうぞ!とか考えています。

 

 

操体でメンテナンス(老眼と疲れ目)

こんにちは。TEIーZANの畠山裕美です。

今日は午前中、内輪での「操体法施術会」がありました。

 

レギュラーでご参加の方が終わってから、私も久しぶりにメンテナンスしてもらいました。

 

4月5月と引っ越しでバタバタしており、6月に入ってからも何かとバタバタしており、ゆっくり目とアタマを休める暇がなく、数日前は重い物をかなり運んで筋肉痛もひどいという有様です。

人様のメンテはしていても、自分のメンテまで手が回らないというのが我々でもあるのですが(笑)。

 

  • 1週間くらい前から、急にパソコンの文字が見えにくくなり、iPhoneの文字が見えにくくなった(老眼が急激進行した?)
  • それに伴い、頭蓋骨の丁度両目の裏側にあたる辺りに二箇所、少し腫れている(後頭骨隆起よりも盛り上がっている)。押すと痛い。これは明らかに両目から来ているものだと思う

 

一昨日は師匠(三浦寛先生)に治療をお願いしました。

それで大分軽くはなっていたのですが「もう少し加療が必要」ということで。

 

★この時は、渦状波を受けて意識が飛びました・・・

終了後、後頭部の盛り上がりはかなり引いていましたが・・・

 

今日の状態は、操体での治療の後、改善に向かっているものの、まだ途中という感じと、昨日から足の指の間に緊張感がある、ちょっと腫れぼったいような自覚がありました。

 

まずフォーラム実行委員の寺本氏に足趾の操法をお願いしました。

(お任せ状態)

 

最初に、今まで感じたことのないような、鋭い刺激を感じました。

「おおっ、こんな刺激は初めて」

その後も、足趾の裏側に砂粒とか結晶の粒でも入っているような痛み(痛みと言ってもイタ気持ちいいの痛い、的な感じです。

 

腫れぼったくなっている足趾の裏筋に、結晶の粒が入っていて、それを揉み潰されているような。。

 

結晶の粒が砕けてそれが散っているような。

 

その後、横足根洞などもやってもらい、気がつくと、後頭部がかなりすっきりしていました。足のだるさやつっぱり感は解消しています。

ついでにお水を沢山飲んで、老廃物とともに出しちゃいます。

 

足がかなりすっきりしたのは事実ですが、見え方がクリアになりました。視力的なものは、反応がすぐ出るので面白いですね。

 

 

そして午後の「操体法東京研究会」の定例講習では、橋本敬三先生の著書にもある、脛骨内側に触れると、ザラザラしているような違和感がある場合の対処法を試しました。

足がつかれたりすると、脛骨と腓骨の間が緩むという話です。

昔の人が長旅には脚絆を、兵隊さんがゲートルを巻くのはこれを防ぐ為です。

ふくらはぎが細くなるとか、足のだるさを解消する方法、あるいは胃の調子が悪い時などに、ということです。

今の人は殆ど該当するかもしれません。

 

 

 

 

 

東京操体フォーラム実行委員勉強会

第二土曜の17時からの「易占」講座を終えました。今回は私がPPTを準備して「易の『これ知ってるといいよ』ポイント」的な講座をやりました。

 

いつもは、講師を壺中堂新部健太郎先生が担当していますが、今回は私が担当。

 

この易占講座は、易とはなんぞやというのではなく、得卦、之卦などを、占的(占いで知りたいこと)や、事前に聞いた情報(筮前の審事)から、どう読み解くか、編集するかということを伝えるのが目的です。普通のありきたりの易講座ではありません。

 

昨日は、最後に参加者全員に「明日の日筮」を立ててもらい、それを解釈するということをやりました。

 

面白いことに、三爻を得た方が多く、ここから次回7月のテーマは「シンクロニシティ」に決定。

 

そして翌日は、朝8時から、実行委員勉強会でした。

f:id:lovecats:20220613081024j:image

師匠三浦寛先生から、改めて「操体の原理原則」「快の捉え方」について問いかけがあったり、実技もあったりで、濃い時間でした。

そして午後は「操体法東京研究会」の定例講習。これも濃い操体の勉強の時間でした。

どんなふうに濃いのか、というと、操体の博士課程レベルの濃さということです。

 

書けないのが歯痒いですが。。

今月もありがとうございました。