操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

豊川稲荷東京別院。

今日は赤坂の豊川稲荷東京別院と、美喜井稲荷さんに行ってきました。 しつこいですが、ここは曹洞宗のお寺です。お坊さんもいるので、合掌です。 豊川荼枳眞天(とよかわだきにしんてん)がお祀りされています。 天部の神様荼枳尼天、がいらっしゃいますが、こ…

操体の「施術+ベーシック講習」の詳細

こんにちは。 TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 操体の施術+ベーシック講習の特設ページを作りました。 www.teizan.com 操体の施術+ベーシック講習 | 操体法 TEI-ZAN操体医科学研究所 最近気がついたことがあります。 「施術+ベーシック講習」で…

歴史オタバンザイ。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 そもそも「TEI-ZAN」というのが、伊達政宗公の諡号「貞山公」をお借りしているくいらいなので、私が歴史オタなのはすでにバレバレだと思います。 小二の時買ってもらった「義経記」の口絵。 こんなの小…

操体の主役は「からだ」です。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 先日からこれを連続して出していますが、操体を実践するためには「主役はからだ」である、ということをまず覚えておいていただきたいのです。 そして「楽」に問いかける動診操法と、「快」に問いかける…

操体における「快」のとらえ方 続き

こちら、内容のために、何だか妙な広告が出まくるので、noteに移動します。 操体における「快」のとらえ方(2)|畠山裕美(Hiromi Hatakeyama)

操体における「快」のとらえ方(1)

TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 私が言うのは「世間一般の『快』『きもちよさ』」ではなく、操体(操体法、操体の臨床における)「快」のとらえ方です。 これが大前提になりますので、ご容赦ください。 1.楽と快は違うのに、混同している ×「らく…

2024年春季東京操体フォーラムの「質問」にお答えします(1)

TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 橋本敬三先生の書籍の帯に「快を探る」というのがありますが、あれは 「快の本質を探究する」という意味であり、 「快を探って色々動いてみる」というわけではありませんからね。これを勘違いしている人がいそうな…

ちなみに

私は、操体の指導者にはいささか厳しいですが、クライアントの方にはすこぶる優しい(笑)です。 というのは、クライアントの皆様は、素直に「知りたい」って来てくれるからです。 わからなかったら、知っている人に聞けば、教わりに行けばいいんです。 自分で…

2024年春季東京操体フォーラム

2024年春季東京操体フォーラムが無事終了致しました。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 昨日春季東京操体フォーラムが無事終了致しました。 ご参加の皆様には深く御礼申し上げます。 個人的には瀧澤さんの発表、小学校1年のお子さんの鼻の骨の骨折に関する発表(操体の真骨頂)は、橋本先生…

操体と整体の違い

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 「操体?整体じゃないんですか?」と聞かれることがかなりあるんですが、違います。 「北風と太陽」という童話がありますよね。旅人のコートを脱がせるために、北風が風でコートを脱がせようとします。…

実技やります!

来たる4月29日、春季東京操体フォーラムを開催いたします。 https://www.tokyo-sotai.com/ 私は実技をバンバンやりますが、ご参加の皆様にも色々体験していただこうかなと。 例えば「足趾」とか、自力自動の動診とか。 なお、操体の実践で意外と忘れられてる…

春はたけのこ

「春はあけぼの」ならぬ「春はたけのこ」。 近所で小さいたけのこが山盛りで売っているのでついつい買います。 半分に切って皮を剥くと、すごく小さくなりますが、大きいのより小さいヤツの方が柔らかいような。 半割皮剥きたけのこを圧力鍋に入れてお米をち…

2024年春季フォーラムが間近です。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 春のフォーラムが間近になりました。 今回、私の発表枠もあるのですが、普段あまりやらない「実技」をやろうかなと思っています。 操体はやっぱり実技ですよね。 その他、三浦先生と私も「ほぇ~」と驚…

困ったらプロに聞け!

こんにちは。 TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 今、操体の超初心者向けに、わかりやすいマニュアルを作っています。 というのは、相変わらずですが ・本を読んでもわからない ・動画を見てもわからない ・受けてみたけど、習ってみたけどわからない…

膝窩ひかがみと足底筋

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 操体に特化した視診触診講座を持っている私ですが、触診のために、特殊な爪の切り方をしています。 鍼灸師の先生などもやると思いますが、米粒半分くらいのシコリに触れるとか、ピアノ線ように細い筋に…

意識飛びと操体。

今日は第二日曜なので、東京操体フォーラム実行委員勉強会でした。 終盤は、お互いに足趾の操法®をやりました。 これに関しては、橋本敬三先生がやっていたものに、三浦寛先生が「納め」というのを入れて、それでなくともキモチイイのに、更にきもちよさを味…

第四分析と「気あて」

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 我々「東京操体フォーラム実行委員」で学んでいる我々は「第四分析」すなわち息診息法というのをやっています。 以前、三浦先生がある女性の子宮筋腫の数と、場所を言い当てた際、その女性は 「ええっ…

豊川稲荷東京別院 春の大般若講式

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 昨日4月8日は、花まつり。お釈迦様のお誕生日です。 甘茶を供養してきました。 また、豊川稲荷東京別院の、春の大般若講式の日でもあります。大般若講のご祈祷の式です。 まずは、昨年秋の大般若講で頂…

豊川稲荷東京別院 春の大般若講式

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 昨日4月8日は、花まつり。お釈迦様のお誕生日です。 また、豊川稲荷東京別院の、春の大般若講式の日でもあります。大般若講のご祈祷の式です。 まずは、昨年秋の大般若講で頂いたお札を納めます。 13時…

豊川稲荷東京別院にお不動様が遷座

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 私は豊川稲荷の荼枳尼眞天さんが大好きなので、毎月ご挨拶に行きます。 超しつこいですが(笑)赤坂の豊川稲荷東京別院は「稲荷」と言うものの、実は曹洞宗のお寺です。豐川閣妙嚴寺と言います。 豊川…

操体法を自分で(セルフケア)するベストな方法。

こんにちは。 TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 気候が妙ですが(妙としか言いようがない)皆さんお元気でしょうか。 4月29日の東京操体フォーラムでは、セルフケアから、第一分析からD1'から、実技を色々お見せする予定です。 前回もかなり実技をお…

基礎化粧品。

こんにちは。TEI-ZANの畠山裕美です。 基礎化粧品は何を使っているのか、結構聞かれるのでご紹介します。 その前に週一でプラセンタ注射はずっと続けてます。昨年5月から今年1月まで、品薄で打ってませんでしたが。 プラ注なしの時でも、私が使ってるのは、…

電子書籍のススメ。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 私は読書というか、何かしら読むのが好きなんです。 これは子供の頃から変わりません。読むモノも、教科書、実用書、小説、マンガ、なんでもござれです。 しかしながら、本を読む人が困るのが「本が増…

仙腸関節と操体。

こんにちは。TEI-ZANの畠山裕美です。 先週末は東京国際仏教塾曹洞宗専門課程の5回目の最終回の修行のお手伝いをしてきました。 歴史ある町田の簗田寺さんというお寺です。イベント活動や宿坊、坐禅会にも力を入れています。 東京操体フォーラム相談役の巻上…

2024年春季東京操体フォーラムに向けて

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 来たる4月29日は、2024年春季東京操体フォーラムです。 考えてみると、現体制ではじめたのが2002年ですからもう20年以上もやっていることになります。 すごいな、と自分でも思います。 操体には色々な…

その人にあった対処法がある。それが操体法です。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 昨日「骨盤を立てる」という話を書きましたが、アレは「操体を勉強している人向け」に書いたので、かなりマニアックな内容だったかと思います。 今日は「操体に興味のある一般の方」むけに書いてみたい…

「骨盤を立てる」の謎。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 操体実践者が必ずやる(というかこれを知らなかったらモグリだろう)というのが 「般若身経」(「心」ではない)です。 これは、操体実践者ならば普通に使う用語です。 操体の創始者、橋本敬三先生が、…

アーガイル。キングスマン好きならば。

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 今年に入ってやっと映画を映画館で観る余裕がでてきました。 (映画館で一人で映画に没入するのが私のストレス解消法です) eiga.com argylle-movie.jp 【「キングスマン」に衝撃を受けた人は全員観る…

奈良平安!

こんにちは。TEI-ZAN操体医科学研究所の畠山裕美です。 「光る君へ」は、しっかり見ている私です。 これを機会に「源氏物語」(ダイジェストでもいいから)読む人が増えるといいなと思います。 「鎌倉殿」でも政子と大姫が読んでたし、「大奥」でも家光が読…