読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

イスタンブールからマドリッドへ(飛行場編)

順番が後先してしまったが、イスタンブールからマドリッドへ。

5月2日、早朝3時に起床、4時にホテルのロビーに集合。

8時な飛行機なので、時間はたくさんある(と、思ったが、セキュリティ
チェックなどで、結構時間をとられる)。7時近くなるまで飛行機の
ゲートも決まらないらしい。チェックインを済ませ、カフェテリアで
暫くぼーっとし、一段落ついてから、出国手続きをする。

イスタンブールの出発ロビーの免税店で、ロクシタンのアイジェルを買う。
師匠もアイジェルを買い、サクラの香りのコロンを購入。
そのうち搭乗ゲートが表示された。だいたい毎回一番端のゲートだ。

イスタンブールからマドリッドまで、約三時間ちょっと。
時差は一時間。飛行機は3席二列の中型機。飛行機に乗り込んで席に
ついた途端に寝てしまった。
ふと気がついて目をあけると、飛行機はすでに飛んでおり、
機内食が配られ始めていた。

f:id:lovecats:20130501222520j:plain

機内食。タラのソテーと、サフランリゾット。

食事を終えて、またうとうとしているうちに、着陸体制に入ります、
というアナウンスが流れた。

この三時間ちょっとのフライト、私はほとんど寝ていたわけだ。

実は、からだの眠りと脳の眠りをバランスよくとろうという試みを
やっていると、よく眠れるのである。飛行機で眠れないという人がいるが、
私はよく眠れる。

そうしているうちに、マドリッドのバラハス空港に到着。
到着したのはいいが、降りるまでが長い。暫く滑走路をノロノロ走り、
その後やっとゲートに着く。

前回、前々回と、入国時に面倒な書類を書いたことを思い出した。
今回もそうなのかと思ったら、今回は書類を書かずに入国できることが
わかった。横を見ると、指紋の照合機があり、指紋を登録している人は、
照合しているらしい。入国を待っていると、隣の列に並んでいた師匠が、
入国管理官に「センセイ」と呼ばれていた。と入国後聞いてみると、
彼は空手をやっているそうで、師匠の風貌を見て、空手をやる人か、
武術家だと思ったらしい。

今回、荷物はわりと早く出てきた。カートにスーツケースを乗せ、
空港の表に出ると、小野田先生の息子さんが待っていた。

 

飛行機は飛行機は、5時半着予定だったのだが、30分早く着いたので、
小野田先生はあと5分位で着くらしいとのことだった。
マドリッドは昨日まで雨で寒かったそうだが、思ったほど寒くはなかった。
東京も寒暖の差が激しかったが、マドリッドも5月初めは初夏なのに、
今年は寒かったらしい。世界的に気象が変なのだろうか。

そうしているうちに、小野田先生が登場した。約2年ぶりだ。
師匠と再会の握手を交わし、私が何枚か写真を撮った。

息子さんの運転する車に福田先生と私が乗り、小野田先生の車に師匠が乗り、
今日泊まるホテルに向かった。