読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

痛いのもできますよ〜

今年もあと数時間となりました。

12月前半ブログを書く時間をひねり出せなかったので、
後半にだだだだっと書いております。

 

さて、先日「痛いのはイヤだ」と書きました。
が、私は「すげぇ痛い」のも出来ます。

畠山ドS説とか(笑)という失礼な輩もおります(笑)


たまに講習などで興が乗るとやることがありますが、

触診同様「秒殺系」です。
その瞬間は痛いけれど、痛いのはその一瞬のみで、
終わった後はすっきり、というものです。

 

たまに、腑抜けた受講生(笑)などには
喝を入れるためにやりますが
(クライアントの方には勿論いたしません)

 

活殺ではないですが、
両方できるのがいいな、と思っています。

 

極イタもできるけど、極快もできる。
この二つは表裏一体なのです。

 

引き出しはいくつあってもいいんです。