読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

感覚分析は事故を防ぐ。

2017年5月26日付けの、消費者庁ニュースリリースです。

 

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/consumer_safety_release_170526_0002.pdf

 

法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に、というものです。

 

施術(手技)の内容では、「整体」、「リラクゼーションマッサージ」、「カイロ
プラクティック」などでの事故が多く、特に「整体」、「カイロプラクティック」な
どが、治療期間が1か月以上となる事故の割合が高くなっています。


症状の内訳としては、「神経・脊髄の損傷」が最も件数が多く、他に「擦過傷・挫
傷・打撲傷」、「骨折」などの症状が多く寄せられています。


性別は、事故全体で女性が約8割を占めます。また、年齢は、30 歳代から 50 歳代
までの事故が多く、治療期間が1か月以上となる事故は、60 歳代以上で発生する比率
が高くなっています。

 

(以上引用)

 

これらは、殆ど「受け手のからだの許容量以上の外的暴力を加えて起こる」ものです。

 

たまに「操体はゆっくりやるから安全」「痛くないから安全」と言っている人がいますが、ちょっと説明が足りません。

 

★逆に言えば、橋本敬三先生は、いきなり激しく動いた患者に肋骨を蹴られて、肋骨にヒビが入ったという話を聞いたことがあります。

 

操体が何故安全か。それは「本人にしかわからない感覚のききわけを重視」するからですし、指導者は「介助補助」と「言葉の誘導」を用いるだけで「実際に動くのは本人」だから。

人間のからだというのは不思議なもので、自分のカラダを動かす時は(特に感覚をききわけながらゆっくり)無意識の領域で、怪我をしないように絶妙なバランスを取っているのです。

 

また、操体操体でも「外的暴力的な第一分析」をやっている場合は、被験者の感覚分析はしていないでしょうから、危険性はあります。

 

さらに、操者が「からだの使い方、動かし方」のルールを知らないと(運動力点の使い方などを習得していないと)怪我の危険性はあります。

 

「がんばって、もっともっと、ギューっと」という言葉などは、被験者を力ませてしまいます。それでなくとも、初回時の被験者は緊張しています。

 

操体法東京研究会の定例講習を考えると、やはり最初は介助補助「力加減」が分からず、組んだ相手に「力を入れすぎです」と指摘される人は、必ずいます(ほぼ男性です)。

 

本人は「強かったですか?」と言います。

つまり、相手に対する力加減がわからないのです。

 

また、本人自身が、長年の習慣で、無意識のうちに緊張していることも、結構見受けられます。会社員の男性に多いです(仕事で長期的に緊張と、ペルソナを作ってきたからかもしれません)。

 

この習慣を変える、あるいは力のコントロールの習得に時間がかかります。私の経験から言って、長い人は5年かかります。早い人もいますが、力量とセンスの問題かもしれません。

 

しかし、時間をかけて、からだの使い方、動かし方、ちからの使い方を学べば、大丈夫です。操体法東京研究会の定例講習の期間が長いのは、そのためです。

 

また、様々な事例から「安全」を学ぶのも、操体法東京研究会の特徴の一つです。

★この指導は「視診触診講座」で、私が指導しています。

そもそも操体で事故が起こるとは考えられませんが、事故が起こった場合、大抵は「力の加減ができていない」「被験者の感覚を無視した外的暴力を与えたため」「言葉の誘導のあやまり」などが原因だと思われます)

 

www.sotai-miura.com

 

 

また、元々力が強くても、運動力点作用点などの原理を上手く体現できる人は、パワフルでも優しい介助補助ができます。

 

手技療法で「事故が起こる」というのは、この「力加減」のコントロールを習得しないまま、安易に短期間の整体などのセミナーを受けた人が、リラクゼーションサロンや、整体などの業界にバンバン流れ込んでいるからでしょう。

 

いずれにせよ、骨などに外的暴力(橋本敬三先生は「外的暴力」とおっしゃっています)を与えるということに関しては「受け手のからだの事情」と「自分の力のコントロール」を考えなければなりません。

 

 

f:id:lovecats:20170527091659j:plain

仕事と対価。

先日のミスカトニック先生のセミナーで聞いた、二宮尊徳の名言です。

 

あすをも食えなくなれば人間は心どころではなくなります。道徳どころではなくなります。豊かな経済があってこその道徳心、モラルなのです。つまり経済なき道徳は寝言に過ぎない。

 

 

さて、東京操体フォーラム実行委員ブログですが、今回は「プロ意識とプロ根性」というテーマです。

 

私は再来週辺りに執筆予定です。

 

「もううるさいからやめろ」と言われても書きますが、

2000年、仙台で開催された「全国操体バランス運動研究会」の基調講演をある大学の先生がなさったのです。

 

その時、会場には私も三浦寛先生もいましたし、故瓜生良介先生も、鹿島田先生も、故中川重雄先生、故白澤先生などもいらっしゃいました。操体のプロが集まっていたワケですよ。

 

その大学の先生は「操体でお金を貰ってはいけない」と言ったのでした。

 

はい、操体臨床で生計を立てている私達に「操体でお金を貰ってはいけない」と、おっしゃったワケです。。。

 

大学の先生だったら、操体の臨床や指導をしなくても、患者さんをみなくても、大学からお給料が出ますからね。

 

この時は、操体のプロの先生方からブーイングが出ました。

 

そもそも、ドクターである橋本敬三先生も、患者さんから治療費を頂いていたわけです。

 

操体でお金をもらっちゃいけない」というのは、操体のプロに対して(橋本敬三先生に対してもですよ)失礼この上ありません。

 

操体の勉強をしている受講生で、会社員とか臨床とは別の仕事をしている人に対して、私は「家族相手じゃ勉強にならないから、対象を増やしなさい」と言っています。

 

 

物々交換でもいいから、100円でもいいから、対価が発生するようにしなさいと。

 

★逆に、友人ならば「お昼おごるから体を貸して」と、こちらから払って触らせてもらうというのも一つの手です。

 

また、これも面白い話ですが、

セミナー料金が高いほど、セミナーの満足度は高いという調査結果があります。安いセミナーほど「もっとこうしろ」とか「ああしろ」が多くなるようです。

 

つまり「安いセミナー」には「欲張りさん」が来るようなのです。

 

そして、これは体験談なのですが、

 

有る時、東京操体フォーラムで、当時鍼灸の学校にいっていたメンバーが「鍼灸学生は貧乏だから、参加料金を安くして欲しい」ということで、テストケースとして、破格のお値段にしました。

 

そして、鍼灸の学生さんが結構来たのですが、とにかく質問が多かったのを覚えています。

 

一言で言えば「えげつない質問」。

 

いわば「秘伝教えてくれ」みたいな(笑)質問です・・・

または「どうやったら悟れるかここでちょっと教えてくれ」みたいな感じだと思っていただければいいでしょう。。。

 

つまり

 

「そういう質問は、講習に参加してから聞いたら?」というような、いわゆる「とっても欲張った質問」

 

だったのです。

 

「そういう質問は、講習に参加して、ある程度理解した方に答えるのが妥当です」と誰かが説明したのを覚えていますが、

 

「欲張り感」が満載でした。

 

三浦先生の講習でも、ごくたまに、一度位の見学を許される人がいたりしますが、そういう人に限って「そういう質問は、ちゃんと講習受けてある程度解ってからしなよ・・」という質問をします。

そして、そういう質問をする人は、まず定例講習には参加しません・・・。

 

残念ですが、

操体の「バルの戒め」

 

がんばるな、いばるな、よくばるな、しばるな に違反しているのです。

 

 

確かに操体以外でも「価格が安いセミナー(タダの場合は皆余り期待していない)」では、欲張り感満載というか「それって、もっと勉強してからする質問じゃないすか?」というような反応が多いような気がします。

 

そして、私共の仲間ではありませんが、操体指導をなさっている方から

「それって第4分析の質問だよね」という内容の質問を受けました。

 

その時参加していた操体のセミナーは、参加費2千円で、三浦先生が話すという(とても信じられないというか、安価すぎます)ものでした。

 

「そのご質問は、このセミナー料金(二千円)では安すぎますよ」と私は云いましたが

その方は

操体って、安いもんだと思ってました」と言ったのです。

操体をやってる人が「安いもんだと思っていた」と言うなんて、信じられませんでした。

 

やっている人間が「操体には素晴らしい価値がある」と信じなくて、どうして素晴らしい結果が出せましょうよ。

 

それとも、内容よりも「安い」ことが美徳なのでしょうか?

 

 

まあ、これは人によっても違うかもしれません。

 

 

f:id:lovecats:20170526133451j:plain

 

 

 

 

操体はアートなので芸術活動するの巻。

私自身ですが、操体は「アート」の一つだと思っています。

 

手技療法を英語で Manual Medicine (徒手療法とも訳します)と言います。

 

よく書きますが、橋本敬三先生も、芸術活動していたんです。

 

そもそも操体というのが「感覚分析」でありますから、アーティストととっても親和性があるのです。

 

というわけで、

5月21日(日)、ライブに行ってきました。

 

MASSA というバンドです。

OK-MASSA - 上質な音楽を発信し続ける…/佐藤正治、MASSA、黒やぎ白やぎ、針兎

 

このバンド、ベテランの達人が三人集まってやっているのですが、行けるチャンスがあれば行く!という感じで行っています。

 

パーカッション、ヴァイオリン、キーボード(アコーディオンとかハモニカとか)というトリオなのですが、国籍不明(砂漠っぽいとかAmazonっぽいとか)なのですが、皆さんベテランなので聞いていてもの凄く安心感があるのと、即興的なたのしさがあります。ライブは細胞が活性化するそうですが(アンチエイジングにもいいらしい)、確かに活性化するなぁ、と思います。

 

NHKスペシャル「大アマゾン最後の秘境」オリジナル・サウンドトラック

NHKスペシャル「大アマゾン最後の秘境」オリジナル・サウンドトラック

 

 あ、昨年NHKで放映された「大アマゾン」のサントラもこの方達です。

 

うちの師匠、三浦寛先生と音楽のご縁は結構深く、「水牛」のT先生や、美貌のチンドン屋さんとか、日本のロックの元祖とも言える方とか最近では小柄な歌姫とか、色々な方が操体とご縁を持っていて下さるわけですが、

 

音楽とはご縁があるのです。

 

ヒカシュー、というバンドがあります。

 

私、中学生の頃聞いてました。

 

ヒカシューのリーダーの巻上公一さんが、「操体法東京研究会」の先輩なのですよ。
(フォーラムの相談役でもあります)。

 

そしてヒカシューのドラム担当がMASSAのリーダー、佐藤正治さんです。

たまにフォーラムにもお越しいただいてます。

 

そういえば、昨年の夏、湯河原のお寺で、坂田明さんがライフワークの「平家物語」をやったのですが、その時、巻上さんと佐藤さんも一緒に演奏したんです。これは本当に「お寺でやって正解」でした。凄いステージでした。

「お寺で平家物語」。また聞きたいものです。

 

私、小学校3年からFEN(当時)で全米トップ40聞いてまして、12歳の時、丁度TBSで朝ワイドのディレクターやってた父が、初来日のKISSのポスターとかレコードを持って帰ってきたワケです。

 

 

はい。それ以来

 

 

立派なKISS ARMYです。

 

さ、KISSかDEF LEPPARDが来日しないか。
あ、サラ・ブライトマンも結構欠かさず行ってます。。。

 

 

 

 

 

 

ミスカトニック先生のセミナーに行って来ました。

5月20日、東京はさわやかを通り越して暑い日になりました。

この日は、東京操体フォーラム相談役、駒居義基先生こと、ミスカトニック先生のセミナーに行ってきました。

ちなみに、駒居先生は「ヨシキ」さんなのですが、戦国時代劇好きな私は

「ヨシモト殿」と呼んでしまいたくなります・・・(笑)

 

此方は駒居先生が先日の「東京操体フォーラム」にお越し頂いた時のブログです。

ameblo.jp

 

ミスカトニック AKA 駒居先生は、占い師であり、認知行動療法の専門家であり、コンサルタントなど、色々な顔をもっていらっしゃいますが、一言で言えば「対人支援職」のプロフェッショナルです。

 

私も易者のはしくれとして(東洋医学関係者で、易を勉強する人は結構多いです)勉強を続けています。

 

★「失せ物さがし」は得意です。。。。

 

無双原理・易―「マクロビオティック」の原点

無双原理・易―「マクロビオティック」の原点

 

 橋本敬三先生が「桜沢先生の『陰陽弁証法』は最高原理だ」と書かれていますが、この本の序盤に、幼い頃の桜沢先生が、夜店の易者に「女難の相がある」と言われる話しなども載っていますが、

操体おべんきょしてたら、この本は読んどけよ!と言っておきましょう。

 

さて、今回のセミナーですが「電話占い師成功法則セミナー」というタイトルです。

 

f:id:lovecats:20170522103820j:plain

ミスカトニック先生は、電話占いで月に100万以上稼いだ経験があるというツワモノです。その法則を余すところなく「占い」と「心理」ベースに伝えて下さるという、占い師はともかくとして、我々臨床家にとっても非常に役立つものです。

 

私は今までミスカトニック先生主宰の東京でのセミナーは3回出ていますが、いつもその内容の濃さと熱意と「操体へのお役立ち度」には「参りました」と嬉しい降参をしています。

 

勿論ここでは内容について細かい説明はしませんが「目からウロコ」のすごい内容でした。

 

一つだけ。

「達人スキルを一つ持つこと」という話がありました。

 

これ、よくあります。

「タロットで売れないから○○に変えて、それでもダメだから△△△も習って・・」

というのではなく、何か「これは達人レベル」というスキルを身につけようということですね

 

手技療法でも同じです。

 

「整体で売れないからカイロも入れて、それでもダメだから操体も習って」とか。

これはあきらかに、ダメなのはわかりますよね。

たくさんやってるけど、どれも浅い(つまり初心者レベル)。

 

 

「普通の操体法(笑)じゃ効果がないから、○○操体法の短期セミナー受けて、それでも効果がないから短期の☆☆操体セミナーに行って」

 

みたいな感じです。

 

操体を、じっくりと師匠に学ぶのと「色んなのを知りたいから」といって、短期の「○○操体セミナー」に沢山行くのって、どちらが深いか、一目瞭然ですよね

 

「操体法の泰斗」登場。

昨日は昼間、東京操体フォーラム相談役の駒居義基先生の「占いとカウンセリング」のセミナーに出席したあと、サロン・ド・シマジに伺いました。

 

神々にえこひいきされた男たち (講談社+α文庫)

神々にえこひいきされた男たち (講談社+α文庫)

 

 シマジ先生の新著が昨日発売になっており、サインを頂きました。

f:id:lovecats:20170521152309j:plain

★サインを頂いてしまいました。

 

この本は、島地先生のメールマガジンを編集したものです。そして、何度か書いていますが、三浦先生が登場します。

 

★島地勝彦先生は「足趾の操法®」をご贔屓にして下さっています。

本のタイトルにもあるように質のいい「えこひいき」です。

 

f:id:lovecats:20170521152441j:plain

f:id:lovecats:20170521152652j:plain

 

操体三浦寛先生)と、島地勝彦先生の衝撃的な出会いが書かれています。

 

どうぞご一読あれ。

今日の視診触診講座。ウサギとかめ。

第三日曜の午前中は、私が担当している視診触診講座です。

元々は「ひかがみの触診ができないので、補講をやって欲しい」というリクエストから生まれたものです。

 

今は、鍼灸の学校や、柔道整復の学校などでも「視診触診」をじっくり教えるところはないようです。

 

ましてや、操体を短期間の講習で習ったとか、短期の整体の講座に通った(大抵は「やり方」を指導するので、触診などは指導しません)と言う場合や、「人様のからだに触れることを習うのは初めて」という場合は、やはり必須です。

 

というのは、20年前位は、操体法東京研究会の定例講習に参加するのは(募集広告は「医道の日本誌」のみに掲載していましたし)殆どが鍼灸師柔道整復師、指圧師など、実際に患者樣を診ている方々ばかりで、「視診触診はできていて当然」「患者様を診ているのがデフォルト」だったのです。

 

今は、インターネットで講習の募集をやっていますから、会社員とか、今まで人様のからだに触れたことがないという方も講習にやってきます。つまり「素人」が手技療法の世界に入りたいという場合です。

そのような場合、やはり補講として視診触診の基礎が必要なのです。

 

そして、この講座は、名称こそ「視診触診講座」ですが、内容は、私が今封印している「ミドル講習」とほぼ同じです(ミドルは、ある程度操体の基礎ができていないと伝えられないので、現在封印している状態です)。

 

なお、不思議なのですが「この人、視診触診の講習に出席してスキルアップして欲しいな」という人に限って、参加してくれません。

 

★このブログを読んで「参加したい」という操体法東京研究会の受講生の方がいましたら、是非お越し下さい。私はアナタのために書いているのです(笑)。

 

 

色々事情もあるのでしょうが、チャンスがあるのに勿体ないと思います(この視診触診講座は、操体法東京研究会の定例講習か、足趾の操法の講座の受講生しか参加できません)。

 


逆に「きちんと勉強していて、基礎が出来ている」という人が熱心に出てくれるので、その方達は目覚ましく上達しています。

 

 

「ウサギとかめ」の「かめさん」だと思われていた人が、結果的には「ウサギさん」を越えたという事実もあるのです。

 

 

そして今日の講習は、三浦先生が登場。

f:id:lovecats:20170521144444j:plain

★三浦先生に脊柱の触診をされるワタクシ。

f:id:lovecats:20170521150122j:plain

★腰掛け位で、橋本敬三先生の時代から伝わる「伝統的な脊柱の診方」のモデルになっているワタクシ。

 

「色々な操体を受けてみたい」というのは。。。

先にも書いたが「色々な操体を受けてみたい」という気持ちもわかる。

 

それは、まだ「師匠」に出会っていないということでもある。

 

橋本敬三先生が、私の師匠の師匠であったように、操体を学ぶなら「講師」ではなく「師匠」に出会って欲しい。

 

「講師と受講生」「師匠と弟子」は、違う。

受講生ならタームが終われば後は勝手に開業しようが講習しようが勝手だが、師弟関係ならば、開業するにも屋号をつけるにも、講習をやるにも師匠には相談するというものだ。

 

「講師と受講生」の間柄なのに「習ったから師匠」というのではない。そういう「勘違い」は多い。

 

「師匠と弟子」は双方で「この人は師匠」「こいつは弟子」という了解があって成り立つ。受講生が「習ったから師匠」というのは、言葉だけのことだ。

 

 

それは、どうすればいいかというと「素晴らしい師匠に出会えるように願う」ことだ。

 

 

私は「この人を師匠としよう」という人が決まってから、操体の勉強を始めた。

 

私は「操体法治療室」の、三浦寛先生のパートを読んで「操体を勉強しよう」と決心した。

 

★なお「操体法治療室」の三浦先生のパートは昨年英語版が出た。私は序文を書いている。読みやすい英語なので、是非トライしてほしい。

 

 

Sotai Treatment Room: Obeying Bodily Sensations (English Edition)

Sotai Treatment Room: Obeying Bodily Sensations (English Edition)

 

 日本語版はこちら

 

操体法治療室―からだの感覚にゆだねる

操体法治療室―からだの感覚にゆだねる

 

 

 

そして、三浦先生の講習を受ける前に、別の先生から操体を習うチャンスがあったので、そちらに行ったというだけだ。通っていた学校の特別講義で、操体というクラスがあったのだ。

 

後に、三浦先生には「なんで最初からオレのところに来なかったんだ(笑)」と言われるが、結果的には、それによって「第一分析」も、いわゆる「連動操体系」のものも習得することができた。

 

私の場合、最初に操体を習ったのは、三浦先生ではなかった。
が、三浦先生の初期の受講生(根本良一先生と同じ頃に習っていた)方から習ったと後で、三浦先生から聞いて知った。

 

 

そして三年みっちり勉強して開業し、三浦先生とご縁ができた。

 

ちなみに、私は三浦先生に師事したいため、それまでのご縁を切った。私が三浦先生に師事したいということに対して、反対する人とである。

 

当時私は講習もやっていて、門下もいた。私が三浦先生に師事すると聞いて、去って言った輩もいる。今は何をやっているかは知らない。

 

 

ここで私が言いたいのは「ヘンなプライドを持たずに、自分がこれだと思ったら、早めに軌道修正したほうがいいよ」ということだ。

 

また、私自身も最初は「楽と快のちがい」がよく分からなかった。

 

しかし。三浦先生のもとで学び、その違いがわかったし、皮膚へのアプローチのコアな部分も学ぶことができた。

 

というわけで、私はやはり「操体やるなら、師匠のいるヨロコビ」を知って欲しいなと思うのである。

 

「参りました。弟子にしてください」

 

こうやって全面的に負けて委ねる。

 

こういう時期があってもいいし、こういう時期があってこそなのだ。