読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

2017年 GWの集中講座の予定です。

今年のGW、5月3日~5日、恒例の「GW集中講座」を予定しています。

講師は三浦寛畠山裕美、アシスタントは東京操体フォーラムの准指導者です。

 

2017年5月3日~5日(祭日)

9時~16時頃まで

参加資格:操体に興味があればどなたでも
場所:三軒茶屋

お問い合わせは sotai@teizan.com(畠山)までどうぞ

http://www.teizan.com

 

★3日間通しで参加 9万円 1日参加 2万円 2日間参加 6万円(一般参加の場合)
 ・一日単位での参加も可能です
操体法東京研究会定例講習参加者は優遇割引あり(別途通知致します)
★現在定例講習受講中の場合は、視診触診の補講として参加奨励
一般社団法人日本操体指導者協会会員(優遇割引あり)は「指導法」の「勉強」としての参加奨励

★一昨年、昨年「外気功基礎」をやった方については、復習の時間をとります

 

「万病を治せる妙療法」にも載っていない「介助法」「補助法」もご紹介予定です。
操体法の実際」の写真をみてもさっぱりわからない方は是非どうぞ。

また「楽」(第一分析)と「快」(第二分析)の違いがわからないという方も是非どうぞ(違いがわかるだけでも、その後の効果が変わってきます)

 

「あなたの操体臨床を劇的に変える!他言無用の操体のコツのコツ!(仮)

操体の「セミナー屋」ではなく、実際に操体の臨床、指導に携わっているプロが、
本当に使える「操体」を指導します

今回は「操体をちょっとかじってみたけれど、なかなか上手く行かない」という皆さんを対象にしたいと思っています。

 

操体、やったことがあります」という話を聞いて「どこで習ったの?」と聞くと「治療院の先輩から」とか、「本を読んで」という話が多いのですが、

「それで、実際に使える?」と聞くと

 

「効果がある時とない時がある」
「脱力してくれない」
「きもちいいかと聞いても分からない」
「動いてくれない」

という、私が20年くらい対峙してきた問題を抱えている方が多いのです。

 

そして、

 

以前も書きましたが「操体って、簡単に見える」のです。

しかし、私がみた限り、膝の左右傾倒や、足関節の背屈など、割と有名な動診操法についても、ちゃんとツボを押さえていない、つまり効果が期待できないようなやり方でやっていることがとっても多いのです。

 

先に話を出しましたが「クスグリ療法」なんて、「くすぐるだけじゃん」と

思うかもしれませんが、ちゃんと赤ちゃんや子供を反応を得られるケースは結構まれだったりします。

 

詳細はまたお知らせいたします。

 

 

 

 

2017年春季東京操体フォーラム速報(1月)

★お待たせしました。速報です。

 

2017年春季東京操体フォーラム 開催のご案内

テーマ: 操体新旧臨床譚~よみがえる橋本敬三&最新症例集(仮)
    

日時: 2017年4月29日(土) 9時半~17時

場所: ルーテル市ヶ谷センター
〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町1丁目1(最寄駅 JR、地下鉄市ヶ谷駅

参加費用 10,000円 懇親会 5000円
(懇親会ご参加の方には、追って場所をお知らせ致します。三軒茶屋で開催予定)

★ご参加には事前申込みが必要です。当日の受付はございませんのでご注意下さい。


お申込フォーム

発表: 三浦寛東京操体フォーラム理事長)、岡村郁生、半蔵、友松誠、瀧澤一寛、他

プログラム詳細が出来次第、お知らせ致します。

 

「温故知新」。
(昔の事をたずね求め(=温)て、そこから新しい知識・見解を導くこと)

操体は、環境や時代、人々のからだの変化に沿って進化してきました。
「楽な動き」から「快適感覚」へ。そして「皮膚」へ。

 

三浦寛所有の橋本敬三先生のメッセージの数々、未公開映像なども公開予定です。

 

最新の「操体」をみると「温故知新」という言葉を思い出します。
それは「螺旋(らせん)」のようです。

 

螺旋階段は、真上から見ると同じ場所に戻るように見えますが、横からみると、一段上にあがっています。

 

一周回って、同じところにいるのではなく、実は一ランク上がっているのです。

橋本敬三先生が、著書やテレビ番組で有名になるのは、80歳を越してからです。

多くの方の印象に残っているのは、温和な白衣姿の好々爺的な先生ではないでしょうか。

 

当然ですが、橋本先生にも現役バリバリの時代がありました。その、現役バリバリの時代、内弟子として5年間過ごしたのが、東京操体フォーラム理事長の、三浦寛です。

今回は、実際に橋本敬三先生が、どのような操体をなさっていたのか、再現してみたいと思います。

 

歴史を知ることは、理解に繋がります。勿論、最新情報も公開致します。

 

 

最近は「橋本敬三先生は、治療ではなく指導をしていた」という説を唱えている方々もいらっしゃいますが、橋本敬三先生は、患者様を診て、実際に治療にあたっていた臨床家です。

 

人間、名人達人になると、手数が少なくなります。

 

よく「基本操体」と言って、足関節の背屈、両膝の左右傾倒、伏臥位での膝関節腋窩挙上をワンセットにしていることがありますが、あれは、お年を召してからのミニマイズされたスタイルだと考えたほうがいいのです。

70代の頃はもっと色々なことをなさっていたのです。

「楽な動き」と「快適感覚」、つまり動きと感覚の違いも明確になってきます。

 

そして今回は、操体臨床に携わっている東京操体フォーラム実行委員から、実際の症例報告、昨年から大好評を頂いている「操体概論」、こちらも好評を頂いている「足趾の操法®」のデモンストレーションと体験コーナーがあります。

さらに、今回は「温故知新」ということで、有名な割には、やり方が結構間違って伝わっている「クスグリ療法」を改めてご紹介、検証したいと思います。

「クスグリ療法」というのは「万病を治せる妙療法」に掲載されていますが、


寝小便・小児ぜんそく 現代医学も手こずる難病
無意識の動きはすべてからだの歪みを元にに戻す
・ 1~2ヶ月も続ければ、たいがいの軽い病は治ってしまう。ただし、砂糖や肉食が多いと効きにくい
・ おへその高さの脇腹を軽くくすぐってやる。子供は手足や全身をバタバタ動かして無意識に全運動系を調節する。あばれるほどよろしい。内臓に直接影響を与える脊椎の歪みを治すポイント

 

と、書いてあります。非常に効果のあるものですが、本のイラストと説明だけでは、そのコツが伝わりません。

 

こちらも、体験と実技を踏まえてご紹介します。

 

クスグリ療法(続き)

以前、スペインで講義をした際、実技指導で「クスグリ」をやったら、皆面白がってやめず、時間オーバーになったことがありました。

先にも書きましたが「クスグリ療法」(万病を治せる妙療法にイラスト付きで載ってます)、意外とやり方をハズしている人が多いことに気がつきます。

 

というわけで、今度のフォーラムでは「クスグリ療法」を実際に試して貰う(これこそ、自宅で家族にやってあげられるものです)ことにしようかと思っています。

 

橋本敬三先生のDVDでは、橋本先生が幼児(排尿障害)に「クスグリ」を試みます。

先生がやると、幼児はからだをよじって足をバタバタさせます。

お母さんが真似してやっても、そんなに反応しません。

そこで橋本先生が「ボクがやると反応する」と言いつつ、またバタバタさせます。

 

これ、何かというと、コツがあるんです。
まあ、そもそも「クスグリ」といってもコチョコチョやってるわけではないんです。

 

本(万病を治せる妙療法 72ページ)には

 

寝小便・小児ぜんそく 現代医学も手こずる難病
無意識の動きはすべてからだの歪みを元にに戻す。

・ 1~2ヶ月も続ければ、たいがいの軽い病は治ってしまう。ただし、砂糖や肉食が多いと効きにくい。

・ おへその高さの脇腹を軽くくすぐってやる。子供は手足や全身をバタバタ動かして無意識に全運動系を調節する。あばれるほどよろしい。内臓に直接影響を与える脊椎の歪みを治すポイント。

 

と、書いてあります。が、イラストは例によって、超アバウトです(味があっていいんですが)。例えばイラストでは人差し指でコチョコチョやっていますが、実際に橋本敬三先生がどうやっていたかを観ると、人差し指ではやっていないのです。

また、イラストでは「点」がポイントですが、橋本先生は「点」ではやっていらっしゃらないのです。

 

f:id:lovecats:20170119100832j:plain

 

しかし、このイラストをみる限りでは、指先でコチョコチョするんだろうな、と読者が思っても仕方ないことなのです(「万病」のイラストはほとんどそうです。味があっていいのですが、正確にどの指を使うとか、からだのどの部位に触れるとか、操者のポジションなどには一切触れていません。本当はそれが重要なのです。なので読者の勝手な思いこみなどで妙なことをやるケースが多かったりします)

 

英語版のイラストは、日本語版のイラストを描き直していますが、もう、超超アバウトです。
写真も載っていますが「操法の前に正座して柏手を打つ」とか書いてあったりします。
まあ、習慣で合掌する先生もいらっしゃいますが「正座して柏手を打つ」って、日本ぽさを演出しようとしたんでしょうか。。。

そして、これは一種の急所刺激で、例えば溺れた人などの蘇生法(大人の場合)などにも用いることがあるそうです。

 

★当然ですが、年齢や状況に応じて、クスグリ(触れ方)も変わります。

 

さて、年末に知人の赤子に二週間ぶりに「クスグリ」を試しました。

「ポジション」を色々模索しましたが、一つ発見したのをご紹介しましょう。

 

通常は赤子を仰向けに寝かせ、頭を操者の膝で挟むように固定するポジションをとるのですが、それ以外です。

 

操者は仰向けになり、膝二分の一屈曲位をとります。
赤ちゃんを膝に寄りかからせます。
すると、丁度赤ちゃんの脇腹あたりに手が行きます。

 

赤ちゃんは膝に寄りかかって、ご機嫌です。このポジションだと、正面から向かい合うことができます。

 

手の位置も丁度いいので、コチョコチョ(本当はコチョコチョではない)すると、足をぱたぱたさせて、私の肋骨にケリを入れてきます。

「う~ん。もうちょっと大きくなったら、蹴られると痛いな」

 

そして、この子は結構便秘気味らしいのですが、ひとしきりバタバタしたあと、たまっていたのか、ガスが出ました。よかったね~。

 

赤子は生後10週間。二週間の間にやはり大きくなった気が。
眼もぱっちりしてきて、白目が神々しいほど澄みきっています。

 

黒目は、多分見えてるんだろうな、という感じ。まだ色素が薄いというか、濃いグレーです。

 

「多分、前世のこととか、宇宙の秘密とか全部知ってるんだろうけど、大きくなるとわすれちゃうんだよね」

 

3歳くらいまでに忘れちゃうらしいですね。

 

★ちなみに、先日、テレビで阪神・淡路大震災の日に生まれた大学生にインタビューしており「生まれた日のことは覚えていないそうです」とアナウンサーが言っていましたが、

「覚えてるわけないだろ!」「覚えてる人もいるかもしれないけど、そういう場合は特別だから黙ってるはずだ」「覚えてるとか言ったら、逆にウソ臭い!」

「っていうか、このアナウンサー、ちょっとおかしい??」と思いました。

 

David Bowie is デヴィッド・ボウイ回顧展

davidbowieis.jp

 

はい、1月13日に行ってきました。この大回顧展は、当日券もあればありますが、事前に日時指定券を買っていったほうが懸命です。
また、ヘッドホンを装着して音を聞くので、世界に浸りたい人にはぴったりです。

よくある美術展などのように、「黙ってりゃいいのにウンチクをたれる輩」の邪魔は一切ありません。一人でボウイの世界に浸ってください。

場所は、天王洲アイルか、品川からバスで。
モノレールで羽田にいくときは通るけど、天王洲アイルで降りたのは初めてかもしれません。。

 

会場は「倉庫」です。

一階にカフェと売店とチケット売り場があります(当日券)。
展示場所は五階ですが、五階にはトイレがないので一階で行っとけ!と言われます。

 

f:id:lovecats:20170113135143j:plain

 

 

f:id:lovecats:20170113134533j:plain

★ボウイ・カー

 

私は小3からロックや洋楽を聴いていたガキだったので、ボウイは勿論知っていました。でもQueenとかKISSがメインだったので、ボウイはちょっとお兄さん?みたいな感じ。

グラム時代からちょっと間を置いて、80年代はブリティッシュ・インベンションと言って、Wham!R.I.P.ジョージ・マイケル)とか、Duran DuranとかCulture Clubとか、イギリスのポップスターがアメリカを始め世界中でヒットを飛ばした時期がありました。

私はDuran DuranとかThe Cureが好きなんですが、Duran Duranなんかは、ボウイの影響受けまくりだし、更に今、The CureのPVとか見ると、なんだかボウイっぽいし、
ブリティッシュ・インベンションの最後には、ボウイの"Let's

 Dance"が売れたので、日本でも「グラムロックなんて知らない」という輩までが、ダブルの肩幅の広いスーツを着たボウイ人気に火が付いたわけです。

 

横浜アリーナにボウイの日本公演を見に行きましたっけよ。

f:id:lovecats:20170113134600j:plain

 

そして、映画好きだった私は、昔の東京12チャンネルで昼間とかたまに何故か「地球に落ちてきた男」とか見ていました。

そして「戦場のメリークリスマス」は、映画館で3回観ました。
さいごのたけしの台詞は泣けるよね~。

 

あれは本当にいい映画です。

ちなみに、回顧展の中で、ビートたけし坂本龍一がそれぞれ「ボウイを語る」コーナーがあるのだけれど、坂本龍一をボウイが抱擁する、衝撃のシーン、映像がなんだか「カクカク」ってなるのだが、あれは実は故意にやっているのではなく、機械の事故だったそうです。事故があの名シーンを作ったワケですね。

 

展示ですが、先にご紹介したように、ヘッドホンを装着します。

展示物に沿った音がきこえます。ボウイの色々な時代の肉声を聞くことができます。

 

ちなみに、デヴィッド・ジョーンズ、という名前なのですが、当時大人気だったモンキーズに同じ名前のメンバーがいたので、デヴィッド・ボウイ(ボウイナイフのボウイからとった)というのは有名ですね。

 

しかし、展示を見ていて思ったのは「本当にキレイな人だったんだなああ」ということ。中性的な出で立ちでブレイクした時は、ティーンの女子のみならず、年配のおばちゃまにも人気があったそうです。

 

まあ、ロックが好きだとか、その手の物が好きな人で「ボウイに影響を受けてない」とかいう人はいないでしょうね。

 

今度、ソロアルバムを出す(スラッシュやダフ・マッケイガンが参加らしい)、元ラナウェイズのシェリー・カリー。数年前、ダコタ・ファニングとクリステン・スチュアート主演の「The Runaways」という映画がありましたが、シェリーのアイドルはボウイで、学校の演芸会?のようなものに出る際、彼女はブロンドの髪の毛をジギー風にばっさり切り落とし、まゆ毛を剃り落とし、ボウイ風のメイクをしてステージに立つ、というシーンがあります。印象的です。

 

そして、ジギー・スターダスト、のような「キャラ」を作ったのもボウイです。

KISSが「デーモン」「スターチャイルド」「キャットマン」「スペースマン」という、キャラ(これらは商標登録されているのだ)を作ったのも、ボウイの影響かなと思います。

 

今回の大回顧展では、本当に多くの衣裳が展示されていましたが、やはり有名なのが、山本寛斎のデザインによるもの。会場では寛斎氏のインタビュー映像もじっくり鑑賞することができます。

 

gqjapan.jp

 

私がボウイの曲で好きなのを上げよと言われたら、


David Bowie - Ashes To Ashes

ですが、この、ピエロの衣装も展示されていました。すごく凝っていました。


China Girl - David Bowie (with lyrics)

 

そしてこの"China Girl"も好きですが、Iggy Popのはもうちょっとなんだかもの悲しいんですが、ボウイのはなんだか明るい。

 


David Bowie - Fame '90

 

そして"Fame”。この曲は初期のDuran Duranがカバーしてましたし、Youtubeなどをみると、ジョージ・マイケルのカバーもありますね。

 

最後の部屋は、部屋自体が大きなステージのようになっていて、"The Jean Genie"のライブ映像が流れます。おびただしい数のステージ衣装が並び、会場が「倉庫」ならではの圧倒の展示スペース。座って音の洪水にひたっていました。

 

 

・チケットを買ってから行こう

・一人で行こう(二人以上で行っても、出口待ち合わせにしよう)

 


Queen & Annie Lennox & David Bowie - Under Pressure - HD

 

そして最後にこれをご紹介します。

フレディ・マーキュリーの追悼ライブで、アニー・レノックスと”Under Pressure”をデュエットしたボウイの姿です。

 

 

 

 

 

今日の視診触診(膝の傾倒編)

今日の午前中は「視診触診」。

 

テーマは膝の左右傾倒です。

 

これは、例えば膝を左に倒す場合、右足は外反の動き、左足は内反の動きの複合であり、それに伴って骨盤が捻転してくるという動きです。

 

一番ポピュラーだと言われていますが、実は「身体運動の法則」に則っていないことをやっているケースが見受けられます。

 

操者のからだに無理がかかったり、被験者が運動充実感を味わえなかったりします。

 

というわけで「膝の傾倒」。膝の傾倒を指示すると、膝がパタンと倒れてしまう人とかいますよね。

これでは、膝の傾倒になりません。

 

そして、良くない例を二つ紹介します。

f:id:lovecats:20170115114615j:plain

良くない例その1 傾倒する場合、操者も一緒に倒れてしまっている。これは、操者が「身体運動の法則」を守っていないから。この場合、操者は「側屈」して対応します。
これだと、被験者が脱力した際、支えることができません。

 

f:id:lovecats:20170115114438j:plain

f:id:lovecats:20170115114615j:plain

良くない例その2 上の例で、被験者の膝を支えられないので、被験者の横に立って、膝に手とかけて支えています。一見楽そうに見えますが、操者の上肢に負担がかかります。そして、これで思い切り脱力されたら・・。操者被験者とも、負担がかかりそうですよね。

 

★瞬間脱力後、支えている手を外していることがありますが、これは大変危険です。
何で危険なのか、受け手のからだを考えたら、危険だし、負担がかかるのは、わかりますよね。今だにやっているところがあります。
また橋本先生の本には「脱力してからどうするか」は書かれていないので、やる人の創造性というか想像力というか、どれだけ受け手のからだを気遣っているか、ということに委ねられます。

 

これらは、患者様、クライアントファーストということで、操者のやりやすさとか簡便性ではなく、受け手を第一に考えてのことです。

 

f:id:lovecats:20170115115312j:plain

これは、膝を左に傾倒する場合の「スタンダードなポジション」です。

 

そしてラストは、三浦先生が登場し、様々なポジションにおいての触診。触診こそ、地道な練習が必要です。

 

それにしても、段々上達していく姿は見ていてもうれしいものです。

 

殆どの方は午後の講習にも参加です。

 

日曜は操体の日(笑)

 

 

 

 

 

 

 

知りたいことを明確に(あきらか)にするのが、第一歩です。

ある方(仮にAさん)に年賀状をいただいて、ふと目をやると「今年は易ではどんな運勢なのかな?」と書いてある一枚を見つけました。

 

これ、何気にふつ~っぽく書いてあるのですが、占いをする身にとっては結構「難題」でもあります(笑)

 

 

占いの「命」というのは誕生日を元にしているので(いわゆるスペック)、誕生日がわかれば、おおよそ分かります。今年はどんな感じ、みたいなのは、年が分からなくても、月と日がわかれば、これもわかります。

 

ところが「易」というのは「卜(ぼく)」、つまり占った日時から、占いたいこと(占的)を占います。

 

また、易はそんなに長い期間を見るわけではありません。せいぜい数ヶ月くらいです。
(なにせ、変わる、というのが易の真髄ですから)

 

現在と未来(過去を見る方法もある)、というように、問題がどう変わるかというのを見るのが、易なのです。

 

年運を見るには「年筮(ねんぜい)」と言って、冬至にやるとか、節分(立春の前日)に、普通よりもややこしいやり方で(本筮法とか中筮法というのを使います。めちゃくちゃ手間と時間がかかります。一般に使われているのは略筮法という簡便なもの)立てる必要があります。

 

なのでAさんから「今年は数秘学でどんな年かなぁ??」と聞かれれば、お誕生日がわかれば、「えっと、4だから、ちょっとガマンとか、来年に向けて色々蓄える時期かな~。転職とか起業はちょっと待ったほうがいいかも」というようにさくっと答えられるのですが、

 

「今年は易でどうなのか」というのは、簡単には答えられないのです。
本筮法とか中筮法って大変だし、、、)

 

そして、もっと言うと「今年の私の恋愛運は、易でみるとどうですか?」というように、占的(占いたいこと、知りたいこと。この場合は恋愛運)が分かれば、さささっと立てることができます。

 

そして、よくある「彼の気持ちを知りたい」という問いですが

 

彼の気持ち、といっても、人間ですから、色々な感情が渦巻いています。


機嫌が悪いこともあるし、いいこともあるし、妄想に耽っている(ありがち)こともあります。

 

しかし、知りたいのは「彼の私に対するきもち」ですよね(大抵)。

 

こういう場合「彼は私とお付き合いを続ける意思があるんでしょうか」とか「結婚する意思があるんでしょうか」とか、「彼の気持ち」というような、曖昧なものではなく、「可否」とか「有無」とかに絞り込む必要があります。

 

まあ、それを絞り出すのが占者の役目でもあります

 

そうやって考えると、操体の臨床も似たようなところがあります。

 

痛みのあるところ(サイレンが鳴っているところ)が、火元(痛みの原因である場所)ではないことがありますし、火種(火元よりもっと根本的な原因があるところ)は、ななかな目につかないことが多いものです。

 

f:id:lovecats:20170107161738j:plain

お正月の豊川稲荷別院にて。

 

 

 

 

お金はエネルギーの流れである

お金はエネルギーなのです。

 

先日、あるマンガを読んでいたら「霊能者が除霊をした場合」や「お坊さんが祈祷をした場合」の話が書いてあり(なんのマンガかバレバレといえばバレバレ)ました。

 

例えば、霊能者が除霊をします。
その際、依頼者からお礼をいただかないとしますよね。

その場合、もし効果がなかった場合「あ、やっぱり無理だったね(タダだしね)」で、済みます。

 

が、このような場合、依頼者はお金を払わない代わりに、霊能者の「業」をうけるのだそうです。

 

逆に、霊能者が法外なお金を請求し、結局は除霊できなかったという時は、霊能者が被るのだとか。

 

これ、治療の世界でもあることです。


「施術料を払わない」というのは、受け手からするとありがたいかもしれませんが、施術者が抱えている「業」を受けることになります。

 

また、施術料をいただかないということは、「タダなんだから、効かなくても文句言わないでね」ということです。

 

★タダほど高いものはない。。って言いますよね。

★私達も、シチュエーションによっては「こちらからお願いしても受けていただきたい」ということはあります。その場合は勿論お願いします

★しかし「知りあいなんだからタダでやってよ」とか、「あ~、最近肩凝ってるんだ」とか言われると、萎えます(笑)。やらないけど。

 

そして「今、修業中だから、実験台になってもらえる?」ということでもあります。
これは、我々が一度は経験することですが、ありがたく練習台になってもらうしかありません。我々もこうやって、人様のカラダを借りて成長するのです。

 

毎年、伝統療法カンファレンスで、フォーラムのメンバーや、足趾の操法を勉強したメンバーが、実際に施術料をいただいて施術をします。

 

一般社団法人日本操体指導者協会」という看板の元で、プロとして施術を行うわけです。


まだ開業していないとか、勉強の途中という場合、相手は家族や友人のみというケースが多く、実際にお金を受けとるという経験がないことがあるのです。

 

実際に、施術を受けて頂いて、自分が使ったエネルギーの対価として、お金をいただくという経験をすると、皆、変わります。

 

これは、驚くべき変化です。
「責任」というものがそれぞれの中に生まれます。

 

聞いてみると「あきらかに変わった」という答えが返ってきます。

 

対価をいただかないということは、腕に自信がないとか、責任を負いたくないとか、本人は気づかないけど、本人の業を相手に渡しちゃったりしているのです。

 

神社やお寺では、お賽銭をおさめますよね。あれは、感謝の気持ちをお金のエネルギーに換えて納めているのです。

 

何かで読んだのですが、ある人が、お賽銭を納めるよりも、信心とお祈りで神様にお願いしよう、と一心に修業に励んだところ、神様から「お賽銭を納めなさい」という神託があった、という話もあります。これは多分「持っているのに出さなかった」のではないかと思います。

 

お坊さんは托鉢をしますし、お釈迦様は、貧しい人達ほどお布施が必要だと説きました。それは「出さないと入ってこない」から。

 

そういえば、マイ神社に初詣に行きましたが、用意した500円玉が何故かカバンの中で行方不明になり、結局お札を納めてきましたが、あとで500円玉が数枚カバンの中から出てきまして「あ、お札を納めてよかったんだなぁ」と思う事がありました。

 

f:id:lovecats:20170105083157j:plain