操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報

民間療法を家族内で行うことによって介護がなくなる

 

成功のための未来予報

成功のための未来予報

 

 この本は、神田昌典氏が昨年末県立宇都宮白楊高等学校の全生徒900名の前で語ったものをまとめたものだ。

10年後の君は何をしているか。

成績優秀で、いい大学に入って、いい会社に入る。
そういう時代は終わった。会社員が生涯安泰とは言い切れなくなった。

ここには7つの未来予報(予言ではなく、予報である。予言は頼り切るだけだが、予報は自ら考えるちからがつく)が書いてある。

第1の未来予報 お金がなくなる
第2の未来予報 会社がなくなる
第3の未来予報 病気がなくなる
第4の未来予報 国境がなくなる
第5の未来予報 学校がなくなる
第6の未来予報 貧困がなくなる
第7の未来予報 制約がなくなる

ここで私が「なるほど」と思ったのは、第3の予報「病気がなくなる」である。
西洋医学一辺倒だったものが、代替医療統合医療も取り入れた治療が増えてきている。

神田氏ご自身は3年前に腺がんにかかっているが、完治している。勿論最先端医療も受けたのだが、枇杷(びわ)温灸などの民間療法も受けたのだそうだ。
それまで代替医療は余り信用していなかったのだそうだが、個人的には300万の最先端医療よりも、3000円の枇杷温灸のほうが効いた気がしたとのことだった。

そして、医療分野では「治療」はもとより、最近は「予防・未病医学」が進んでいる。
あと数年もすると、朝トイレに行った時の尿から、日々の健康状態がわかるとか、心音のチェックができるとか、わざわざ病院に行って検査しなくとも、日々の健康チェックができるようになってくるのだ。

そして

「民間療法を家族内で行うことで、介護がなくなる」という一節。

「家族のメンバーがそれぞれ、指圧なり温熱療法なりの民間療法を提供しあう、というのが、これからの10年で起きていくことではないかと思うのです」

「病気がなくなるというのは、最先端医療、西洋の医療技術が進化することからということもありますが、医療がよりお金がかかり、複雑になればなるほど、病気になならいための民間療法が家族の中に浸透していく、そういう流れができていくのではないかと思っているわけです。それだけ、一人ひとりの健康への意識が高まっていくということでもあります」

「医療現場だけに高齢化社会の矛盾と責任を押しつけるのではなく、私たちが自らできることがたくさんある。年をとったからといって、病気になるわけではない。そんな当たり前のことを思い出したとき、私たちには医療が必要なくなるんじゃないかとおもうほどです」

そうなってくると、
操体の出番である。

この話を師匠にしたら「みんな、操体を覚えればいいんだよ」と。

 

私達操体のプロは、
症状疾患がすすみ、自分では手に負えなくなっている、間に合わなくなっている
方々を、自分でメンテナンスできるところまで、健康の度合いを引き上げるのが
目的である。もちろん、家庭でできる範囲以上のことをやるのは当然である。

勿論操体は家庭でできる。
介護や育児、未病医学ということで考えたら、操体は非常に有効なのである。

道具もいらない。時、場所を選ばない。
そしてきもちいい。

 

個人的に「足趾の操法」というのは「万病を治せる妙療法」だと思っている。
きもちがいいうえに、寝たきりであるとか、からだを動かせない場合、
幼児などにもできる。

操体のプロになりたい、プロにならなくてもいいから、
家族のケアをしたいという場合は、まず受けてみて、
足趾の操法を勉強すれば?というのが私のお勧めである。

講習中「ハタケヤマ先生、起きてください〜」と、あまりの気持ちよさに
寝落ちすることもある。

ある受講生は、もともと私のところで操体を受けていたのだが、
現在「足趾」の講習を受けている。
家族も私のところで足趾の操法を受けているので、彼が家族に練習台になってもらうと「ハタケヤマと違う」と、ダメ出しが入って勉強になります、とのことだったが、
家族の体調がすこぶるいいのである。

 

この他「お金がなくなる」というのも面白い。

世の中は思っているよりも早く動いているのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HPのトップ画面を変えました(TEI-ZAN)

f:id:lovecats:20140403153719j:plain

四月になりました。
HPのトップ写真を変えました。

 

愛用のデジイチをもって、桜の花を撮りに行ったのですが、
桜以外にも、チューリップ、水仙など、色々美しい花が咲いていました。

 

春は、体調を崩しやすい時ですが、
逆にきちんとケアすれば、からだはその分答えてくれます。

 

そういえば、最近講習に関するお問い合わせがあるのですが、

私の場合、状況などによって講習内容、プログラムを変えています。
その点は、ご了承下さい

受講料、値上げするかもしれないし(笑)
私が引退しちゃうとか、国外に引っ越したりするかもしれないし(笑)

よく師匠が「人間いつ何があるかわからないから、オレが元気なうちに
勉強しておけ」とおっしゃいます。

そうやって考えると「いつかお目にかかって・・」と思っているうちに
亡くなられた先生方もいらっしゃいます。

去年の流行後ではないですが、やっぱり「今」なんですね。

最近、サロン・ド・シマジによく行きますが、それも
シマジ先生に何度もお目にかかってお話を伺いたいから。
豪徳寺のGISISに足を運んで、松岡正剛先生にお目にかかるのも
今、会っておきたいからなのです。

誰か「じかあたり」で会っておきたい方がいたら、
「あとでいいや」とか「チャンスはまだある」と思わずに、
是非アクションを起こして下さいね。

 

f:id:lovecats:20140403153848j:plain

f:id:lovecats:20140403153906j:plain

f:id:lovecats:20140403153925j:plain

GW 般若身経インストラクター養成講座

般若身経インストラクター養成講座

「般若身経と連動学」

開催日2014年5月5日(月)、6日(火) 

時 間9時〜17時(予定)

場 所三軒茶屋ターミナルビル34号

 

修了者には、一般社団法人日本操体指導者協会より「般若身経インストラクター」を認定いたします。

 

受講料一般 80,000円(登録料含む)会員 60,000円

人 数20名

講 師三浦寛 畠山裕海

主 宰操体法東京研究会 一般社団法人日本操体指導者協会

お問い合わせ sotai@teizan.com  03-3675-8108 畠山(はたけやま)宛

 

 

般若身経とは?

いわゆる「般若心経」とは異なる。

操体の基本であり、及びあらゆるエクササイズのもととなるものである。

操体の創始者、橋本敬三医師が、身体運動の法則(からだの使い方、動かし方)を、世界で一番短いお経、「般若心経」になぞらえて命名したもの。

 

連動学とは?

「全身形態は連動する」というのは、誰でも知っていることであった。ところが、連動には法則はなく、人によって違う、というのが2003年までの、操体実践者の意見であった。それをくつがえし、体系づけたのが三浦寛である。

連動学の理解は、操体臨床のみならず、あらゆる運動に応用可能である。

 

 

「般若身経と連動学セミナー」開催にあたって

 

般若身経をマスターするということは、操体をマスターする一番の近道です。

簡単に見えて実は奥深い、

操体の真髄ともいえるこの「作法」と指導法を集中的に学ぶチャンスです。

 

姿勢を良くしたい。美しい動作にあこがれる

現在手技療法に携わっている、あるいはプロを目指している

操体を勉強している、勉強中であり、プロを目指している

操体をこれから学びたい

パフォーマンス向上に役立てたい

スポーツ関係のインストラクターである

武術・武道などをやっている

 

このような方々にお勧めいたします。

 

「般若身経」というのは、一種の操体用語です。操体の創始者、橋本敬三医師が、身体運動の法則を、世界で一番短いお経「般若心経」になぞらえたものです。

現在、般若身経は二つ意味でとらえられています。一つは健康体操、養生法の一つとして。もう一つは、あらゆるエクササイズの基(もと)となる、身体運動の法則として。

操体臨床家、実践者は、どちらかというと健康体操としてとらえているようですが、実は、臨床家みずからが動診、操法を行う際に必須であり、それが操体臨床の結果に関わってくるということは、あまり知られていないようです。

 

「般若身経」は、臨床時、指導時、セルフケア、武術、スポーツ、姿勢の是正など、全てに応用可能な「身体運動の法則」なのです。

この法則に従うと、運動効率があがる、疲れにくい、フォームが美しい、身心の平静をはかるなど、様々な効用が得られます。また「般若身経」は、基本であり、診断法であり、なおかつ治療法でもあります。

 

「般若身経」は、バージョンアップを重ねてきました。創始者、橋本敬三医師の時代でも、内容が少しずつ変わっています。

また、三法則(重心安定の法則、重心移動の法則、連動の法則)と一相関性(呼吸との相関性)だったものが、現在は法則数、相関性とも増えており、進化・深化を遂げています。今回はこちらもご紹介いたします。

今回のセミナー前半では、この、全てのエクササイズの基を、集中的にレッスンします。さらに、不特定多数への指導(インストラクション)を目標にします。

少人数で、ほぼ個人指導なので、初心者の方もご安心下さい。

 

後半は「連動学」の講義と実技となります。

橋本敬三先生の書籍には「全身形態は連動する」とは書いてあるものの、一体どのように連動するのかということは書かれていません。

しかし「からだの動きは8つある」と書いてあります。

 

また、2003年辺りまでは、操体実践者の中でも「連動は人によって違う」というのが通説となってきました。

 

それをもとに、手関節と上肢、足関節と下肢のそれぞれ8つの動きの連動性の謎を解き明かしたのが、三浦寛です。

筋肉はパーツパーツで動いているのではなく、らせん的に繋がって動いています。

8つの動きに対する、8つの連動のしくみを知ることにより、操体臨床はもとより、あらゆる運動の理解、運動分析に役立ちます。

この二日間で、からだの連動の仕組みを体得し、日々の臨床やパフォーマンスにお役立て下さい。

 

皆様のご参加をお待ちしております。

f:id:lovecats:20140402135146j:plain

 

はづき式数秘術。1からはじめる数字の授業

f:id:lovecats:20140322144935j:plain

 

しばらく前に「易を勉強せよ」という天の声が聞こえたので(?)
最近易を勉強している畠山です。

鍼灸ではこのあたりを勉強しますし、
橋本敬三先生が「最高の指導原理」と賞賛なさっていた
桜沢如一先生の「無双原理」にも易は出てきます。

太極、陰陽・・・・

 

3月22日、東京操体フォーラムのM嬢と二人で、大田区産業プラザで開催された

「はづき式数秘術」のセミナーに行ってきました。

「1から始める数秘の授業」というタイトルです。

もともとわたくし、はづき先生が創案した「誕生数秘学」は勉強しており、
「誕生数秘学カウンセラー」のお免状は持っております。

元々はづき先生は「一般社団法人日本誕生数秘学協会」のトップにいたのですが、
アセンションを機会に、協会を離れ、元々ご縁の深いビジネスと作家活動に
集中なさっていたようです。

私も社団法人の認定カウンセラーとして登録してますし、
実際誕生数秘学は色々な場面で使っていますが、

昨年開催された、誕生数秘学協会のイベントのお手伝いをした際に、「なんかヘンだな」と思いました。

何がヘンなのかというと、私が勉強した「誕生数秘学」とはちょっと違う感じがしたのです。
私自身は「元々男性が創案したものであり、またこれはビジネスにも活かせるものだな」と、思っていたのですが、参加者のほとんどが女性ということもあり、また21世紀は女性の時代といえど、何だか縦軸が抜け、横軸というものを強く感じました。

男性は縦軸で繋がり、女性は横軸で繋がるというのはわかります。

が、横軸だけというのは何だか妙な感じなのです

「みんな違っていい」という言葉の中に「違ったら、仲間はずれ」というニュアンスを感じました。

というわけで、私は何だか非常に居心地が悪かったのでした(一人一人はいい方ばかりなのですが、女性の「異分子は排斥する」という側面を見た気がしました)。

もちろん、一人一人はいい方ばかりなのですが、集団になると「異分子排斥」という
香りが漂うのです。

あと「女子ばかり」というのに慣れていないので(爆)、
女性の集団の中に投げ込まれたおっちゃんが、何だか居心地が悪いのに似ているような
気もしました・・・・(笑)

このあたりは、何度か紹介している「日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体」で、筆者の深尾先生が感じていらっしゃる「タガメ女達」に対する違和感に似ているのではないかと思います。

これはあくまでも私が感じた違和感なので、その点はご容赦下さい。

深尾先生は、タガメ女にも変種がたくさんいると書いていらっしゃいますが「カルチャースクール系タガメ」とか「スピリチュアル系タガメ」という言葉を思い出しました。

ちなみに、私は「今後ビジネスや男性向けに数秘術が活用できると思うのですが」と提言してみたのですが、却下されまして、翌日開催された「誕生数秘学認定講師」の面接でもその話をしたところ「今回は見送る」(協会の趣旨に合わない)ということになりました。ははは。

まあ、私は女性ばかり集めて「お茶会」とか「お食事会」をするのだったら【夜の数秘】とか「数秘な飲み会」とか、そういうヤツのほうが性に合っているような気がするので、別にいいのです。

 

さて、話をもとに戻しましょう。

13時半に京急蒲田で待ち合わせをした私達は、会場下のカフェでコーヒーを飲んでから
会場のある4階へエスカレータで上がりました。

会場に入ると、はづき先生ご自身が入り口付近に立っており、ご挨拶。
参加者はおよそ400名程度だそうです。

誕生数秘学をアセンションさせた、バージョンアップさせたのが
「はづき式数秘術」なのだそうです。

今までの「過去数・現在数・未来数」に加え(名称はちょっとづつ変わっています)、
4つめの数字「天命数」というのが登場しました。

ここでは詳細を書きませんが「ホントにバージョンアップしたなぁ」と感心しました。

また、これが当たってるんだわ(笑)

こっそり師匠のを調べてみたらこれまた大当たり(笑)

おそるべし・・・

 

もう一つ「なるほど」と思ったのは、はづき先生という方は、縦軸と横軸が整っているんだなということ。つまり、男性性と女性性が整っているということ。これは実際「生はづき」体験をするとわかるでしょう。つまりいい意味でおっさんとおばちゃんがいるということです。

ここで「おっ」と思ったこと。

私は以前から数秘学というのは、ビジネスや男性向けに広まるよと思っていたのですが、ついに男性向けのが出ましたね。

また、はづき先生は大学で数秘術をキャリア・カウンセリングに活かすということで、教壇に立つことが決まったとか。

 

男の占い ー人生に携えたい9つの数字ー

男の占い ー人生に携えたい9つの数字ー

 

 貧乏人は占いにすがり

成金は占いをバカにし、

富豪は占いを活用する

ScanSnap三台目

http://htn.to/yHkPwA

ScanSnap特別モデル・ブログで宣伝コンテスト

ScanSnapは三台持っている。私は普段Macユーザなのだが、今一台使っていないScanSnap1500(初期モデルです)があるので、そちらを週一度か二度の大学での仕事に使っている。
私が行っているのは研究所である。私がいる部屋は2階にあるのだが、コピー機があるのが4階なので、たかが数枚のコピー取りにわざわざ階段を登る必要があるのと、厳しい省エネの励行で、研究所自体がとても寒い。
とにかくコンクリートの建物なので、寒さが普通ではないのである。

コピーを取るのが大変なのと、寒い時はあまり廊下に出たくない。そんな時、書類のファイリングに役立つのがScanSnapなのだ。

また、アドビのacrobatは私にとって欠かせないソフトなのだが、ScanSnapのモデルの多くには、acrobatが付属している。今回の特別モデルには、Windows用ではあるが、Acrobatがついているのである。自分のMacにはAcrobatが入っているので、MacScanSnapをインストールすれば、Macでもスキャンできるというわけだ。

ぽんぽんスキャンできるというのは一度やってしまうとクセになるほどきもちいい。

Evernotoとも併用できる。

最も一番お世話になっているのは、手紙とかチラシとか、こまごましたものなのだが、取っておきたいパンフレットとか美術展のチケットとか、そういうものをスキャンしている。

スキャンしたデータをDropbox(私はDropboxがメイン。有料で大きなサイズのハコを使っている)に入れておくと、いざという時、出先でパソコンに繋げば参照できるし、iPadiPhoneなら、設定によってはオフラインで参照もできる。

そうそう、一番便利なのは海外旅行の時などだ。

パスポート、旅程、チケットなどはスキャンしてまとめておく。

意外と「どこだっけ?」と、探したりするものだから。

もう一つ。

操体関係の本をスキャンする(保存用と自炊用にちゃんと買うのである)。
そしてOCR認識させる。

そうすると、どの本に何が書いてあるかとか、データ引用にも役にたつ。これは誰かも書いていたが、よく使う本をリファレンス代わり、辞書代わりにするのである。これはとても便利な使い方だ。

f:id:lovecats:20140228175047j:plain

それから、毎年の健康診断の結果などもスキャンしておく。

自分のだけではなく、猫の血液検査の結果などもだ。

病院でもらった薬の説明書きなどもスキャンしておく。

あ、もう一つ便利な使い方を思い出した。

お年玉つき年賀ハガキのあたりはずれも調べることができる(ScanSnap Windows版に付属しているソフト)。私は面倒なので毎年殆ど放置していたのだが、これを知ってからちゃんと調べるようになった。

風邪は操体で治るか??

f:id:lovecats:20140302145929j:plain

 

この15年の間、ほぼ毎週日曜日は操体の講習に出ている。現在、第一第三日曜の午前中は「足趾の操法」の講座を担当しており、その後午後は三浦先生の講習でサブ講師を担当している。

私自身先週の金曜、一連の確定申告書類を仕上げた辺りから、後頭頸部と左肩甲骨辺りに痛みがあった。さらに全身が筋肉痛っぽく、倦怠感がある。これで熱があったらインフルエンザの疑いがあるのだが、熱はない。というか、子供の頃からインフルエンザにはかかったことがないのである。

そして自分のは結構わりと改善したのだが、実行委員のI君から連絡があった。

熱の峠は越したのだが、インフルっぽいので講習への参加はどうしましょう。気力では生けます、という連絡である。三浦先生に連絡をとったところ

「愛する弟子よ、這ってでも来なさい」(笑)というメッセージを送れとのことだった。

ちなみに、ちょっとくらい具合が悪くても、講習を受けていると良くなってくる。これは波動の問題もあると思うのだが。また、ちょっとくらい調子が悪いのは、モデルとしては最高である。

というわけで、I君はマスク姿で登場した。いつもは俊敏な動きが今日はスローモーである。早速仰臥位をとらせ、実行委員のT君に、ひかがみ(膝窩)の触診を頼む。
左の膝窩に数ヶ所、逃避反応を起こすくらいの圧痛硬結がある。

また、頸部にも硬結、左のそけい部にも硬結がある。特に左のそけい部は風邪を引くと反応が出やすいところである。頸部の圧痛点に手を触れながら、膝を右に倒すと、首の痛みが軽くなるということで、T君に膝の右傾倒の介助をたのみ、他の実行委員に左右の手の内旋、外旋に対する介助をお願いした。

四人がかりでの動診である。きもちよさがききわけられたので、その快適感覚を味わう、操法に入る。

その次に再度ひかがみに触れると、今度は左のお尻を持ち上げるような逃避反応が起こった。そこで、左足の足底全体を床に押し込ませ、臀部が浮いて背中と腰が伸びてそるように誘導する。これも両手ヘの介助を他の実行委員にお願いする。これもまた気持ちよさがききわけられたので、十分に味わうよう指示する。

それから左そけい部の圧痛をピンポイントで除去する。

 

この辺りでI君は大分人間に(笑)戻ってきたようだった。

その時、丁度三浦先生が講習会場に顔を見せた。

這ってでもやってきたI君は、ごほうびに師匠の操法を受けることになったのである。

すごいごぼうびだねこりゃ。

足趾の操法の最新版(横足根洞)につづき、渦状波(かじょうは)も登場だ。

足のポイントに触れられる度に何だか意味不明な叫び声をあげていた彼だったが、午後はマスクはしていたものの、普通に戻っていた。

安静と服薬も大切だが、積極的に免疫力を高めるには操体は向いているのである。