操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

冬の花。

昨日は「三味三昧」という素敵な会に参加してきました。

松岡正剛先生と、本條秀太郎先生が
三味線を軸に、日本を遊ぶ、というものです。

今回は二回目です。
テーマは「男伊達」。

江戸時代、戦のない時代、
戦う機会がなくなったサムライ達は、
何に走ったか?

お洒落です。

粋とか、イナセとか。みんな「い」がつくけど、
実は「伊達」も本来は「いだて」と読みます。

「い」とオトコの美学についてはまた語るとして、

本條先生は、茨城の潮来の出身です。

私は千葉の市川と松戸の間にある、国府台
万葉集に出てくる真間の手児奈姫の伝説が残っている)
というところで、中学から大学まで過ごしたのですが、
中学の遠足で鹿島神宮潮来は行った記憶があります。

本條先生は「茨城大使」なんだそうです。

そして同じく潮来出身、リストランテ ダ フィオーレの
オーナーシェフ、眞中秀幸さんが腕によりをかけて作った
おつまみ(というのか??)が出ました。

本條先生と松岡さんの「三味線」とお話はまたの機会に譲ることに
して、今日はこの眞中さんがご紹介して下さった不思議な野菜を
紹介したいと思います。

f:id:lovecats:20150227233147j:plain

 

 

f:id:lovecats:20150227233245j:plain

↑ 着物姿も素敵な松岡先生

f:id:lovecats:20150227233343j:plain

↑ 本條秀太郎先生。

f:id:lovecats:20150227233457j:plain

↑ 左が眞中シェフ。右は衣装の見立のプロ中のプロ
江木良彦さん。松竹衣装にいらっしゃり、歌舞伎の
衣装などに造詣深し。

眞中シェフの前掛け、
「何だかかわいい・・・」と思ったら(前掛けですよ)
江木さん曰く、「オー○フリー」のCMで使った着物の
リサイクルなのだそうです。

そうです。このウズマキは、
バカボンのほっぺたのウズマキなのです。

f:id:lovecats:20150227233951j:plain

霞ヶ浦のワカサギ。

f:id:lovecats:20150227234031j:plain

 

これです。これが「冬の花」と言われている
イタリア産の野菜。
ラディッキオ・ディ・トレヴィーゾ・タルディーヴォというそうです。
茶筅みたいな形」と、眞中さんが説明して下さいましたが、
ほんと、茶筅みたいです。

イタリアでも高価な野菜なんだそうです。
グリルしたものをいただきましたが、何だかコクのある茄子
みたいでした。

f:id:lovecats:20150227234433j:plain

作るのに手間がかかるんだそうで、
栽培法はずっと秘密だったとか。

そして、この他にも
潮来の酒造の酒粕につけたチーズ、イタリアでは
酔っぱらいのチーズ、というそうですが、
こんな美味しいものを食べたら、

ワインか日本酒ですよね。

というわけで、ワインと日本酒をいただきました。
あ、ビールも行きましたすんません。

粋な三味の音、
粋なお話、
素敵なお料理と、
非常に優雅でオトナの時間を過ごしました。

食い気で終わってしまいましたが(笑)

素晴らしい「男伊達」の時間でした。

GWの講習の予告。

昨年は「般若身経インストラクター養成講座」をやりました。

毎年ゴールデンウィークは、
結構お得?な講習を企画しています。

さて、今年のGWの予告ですが、

2つの講習を連続して五日行う予定です。

講師は

三浦寛人体構造運動力学研究所所長、操体臨床歴40数年)と、
わたくし畠山裕海(はたけやまひろみ)です。

予定

f:id:lovecats:20140926171436j:plain

5月2日(土)3日(日)は、

足趾の操法に加え「手指の操法」、そして
最近足趾の操法に仲間入りした「アレ」です。

受講対象者は、足趾の操法アドバイザー、
もしくは現足趾の操法集中講座受講生、
操体法東京研究会講習受講生です。

また、操体プラクティショナー
感覚分析診断操法士の受講も可。

なお、足趾の操法アドバイザーも、
スキル向上とブラッシュアップのため、
数年に一度程度の「更新研修」も兼ねる予定です。

一般の方で、
受けて見たいという場合は応相談。

 

そして5月4日5日6日は

操体のみならず、
現在の手技療法界に圧倒的に
足りない「視診触診」に、気功を用いた
「直感力」の「総合診断・分析力養成ギプス??」とでも
言うべきものを行う予定です。

視診触診には「コツ」があります。

また、操者一人一人も、それぞれからだに独特のクセが
あります。

そのクセの補正をすすめていきながら、

臨床家、手技療法家、ヒーリング関係者などに
必須の「邪気などを除ける」手法を指導します。

ワタシはその昔、某所で
「才能あるから気功やらない?」とスカウトされて
外気功(医療気功)を学びましたが
20年経ったので、そろそろ後輩に伝授してもいいだろうと
三浦先生に相談したところ、快諾いただいた次第です。

 

レイキの方には申し訳ないのですが、
私が気功を習ったセンセイのところには、
「レイキじゃ間に合わない・・」という
レイキ・ヒーラーの方が結構いらっしゃっていました。

エネルギーの補完循環システムが違うからだと思います。


これは本格的な「修業」であり、
講習終了後も一定期間「業(ワーク)」を積んでいただきます。

「ワタシぃ、霊感つよいからもらっちゃって・・・」というのは
臨床家としては、自衛不足です。

エネルギーのコントロールができるということは、
診断分析にも役立ちますし、
「あの先生はなにか違う・・」
「なんだか手が違う・・」

ということもありますが、

ご自身も

「手がいくべきところに、自然にいく」
「触れるべきところにふれることができる」
「直感力が深まる」
というメリットを感じていただけると思います。

 

★こちらの三日間は、特に受講資格などはありません。

 

詳細はまた追ってお知らせいたします。

 

お問い合わせは

sotai@teizan.com  畠山宛

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年春季東京操体フォーラム続報

お待たせしました。4月29日(昭和の日)
春季フォーラム開催です。

足趾の操法体験コーナーもあります(天国体験)

わたくしも勿論講義致します。。

最新詳細プログラムなどはこちらへどうぞ

 

f:id:lovecats:20141123172848j:plain

***

2015年春季東京操体フォーラム第一報

操体 Before After ~操体の臨床的効果を検証する~」

操体は快適感覚(きもちよさ)だ」と言われていますが、
「快適感覚] をあいまいに捉えてしまい、思うような臨床効果が出ないといった
ケースが少なくありません。 東京操体フォーラムでは「快適感覚とは何か?」
ということを明確にし、

「臨床を通しながら同時に治療者も元気になる」
「強い刺激や痛みを与えなくてもからだは良くなる」
「患部に直接アプローチしなくても治療が出来るので副作用が少ない」

  • 操体独自の健康観から、実際の臨床までを、ベテラン実行委員の症例を含め紹介致します。
  • 実技練習では「操体未経験者」にとってはわかりやすく
  • 操体経験者」にとっては新たな気づきとなるように
  • 実行委員がポイントを押さえて指導致します。
  • 臨床、日常に活かせる「からだの使い方、動かし方」も指導
  •  ご自身の健康維持にも役立ちます。

 

目からウロコのプログラムを企画しております。

開催日時:2015年4月29日(水) 9時開場 9時30分~17時15分
会場:ルーテル市ヶ谷センター
発表者 :三浦寛(人体構造運動力学研究所所長)、      
半蔵、岡村郁生日下和夫東京操体フォーラム賢人組)      
畠山裕海瀧澤一寛 他

後援:一般社団法人日本操体指導者協会
操体法東京研究会

参加費用:事前申し込み
【申し込み締め切り4月22日(水)】10,000円
当日及び23日以降の申し込み 11,000円

参加資格
操体臨床家を目指す方。
これから自分の臨床に操体を取り入れようと思っている方
すでに操体を取り入れているが思うように結果が出ない方
また、「実際に操体の臨床はどんなことをするの?と
興味を持たれている方であればどなたでもご参加いただけます

東京操体フォーラム

 
e-mail forum@tokyo-sotai.com
お申し込みフォーム  

お問い合わせ: 東京操体フォーラム事務局(TEI-ZAN操体医科学研究所内)
〒134-00888 東京都江戸川区西葛西2-22-38-217 Tel 03-3675-8108

あなたの操体臨床はなぜ上手くいかないのか?

f:id:lovecats:20141123095413j:plain

2014年秋季フォーラム。
畠山発表中。

 

「きもちいいですか?」と聞いてもクライアントの
反応がわるい。

「よくわからない」と言われてしまう。

リピートしてくれない。

思い通りに動いてくれない。

 

そんな悩みをお持ちではないですか?

それは

「楽と快の違い」をはっきりさせておらず
「きもちよさの押し売り」をしている可能性があります。 

 

その解決には、2015年春季東京操体フォーラム

操体のプロ集団が操体臨床を徹底的に検証致します。

 

2015年春季東京操体フォーラム続報 2015.02.09

PDFはこちらからどうぞ

操体の臨床的効果を検証する」

操体ってわかんない。
きもちよさっていうけれど、受けてみたけれどわからない
本当に臨床的な効果があるの?

健康法じゃないの?(健康法ではありません)

医師が実際の臨床で用いていたものです。

f:id:lovecats:20141122093825j:plain

三浦寛


2015年春季フォーラム続報 « 東京操体フォーラム


操体 Before After ~操体の臨床的効果を検証する~」

開催期日
2015年 4 月 29 日(水)
9 時 30 分~17(18) 時 00 分(9 時受付開始)

会場  昭和女子大学 東京都世田谷区(予定)

参加資格
操体に興味のある方、操体臨床家を目指す方

  • 操体を取り入れようと思っている臨床家、治療家の方
  • すでに操体を取り入れているが思うように結果が出ない方

 
参加費用(事前申込み)
お申し込みフォーム  


2015春季お申込みフォーム « 東京操体フォーラム


10,000円 申込み締め切り 4月22日(水)
*当日及び23日以降のお申込み 11,000円

連絡事項
◎当日は実技指導があります。
◎床に敷くバスタオル、タオルをご持参、動きやすい服装でお越し下さい
(更衣室はありません)。
◎ビデオ、カメラ、携帯電話等での写真・動画撮影はご遠慮願います。
◎小学生以下のお子様のご出席はご遠慮下さい。
◎昼食は各自でご用意下さい(近場にコンビニ、レストランがございます)。

 

お問い合わせ
東京操体フォーラム事務局 

東京操体フォーラム


〒134-0088 東京都江戸川区西葛西 2-22-38-217
(TEI-ZAN操体医科学研究所内) 畠山(ハタケヤマ)
Tel: 03-3675-8108 fax: 020-4668-4327(PC宛FAXです)
e-mail : mailto:forum@tokyo-sotai.com
 
プログラム(予定)

【午前の部】

◆開会挨拶 09:30~09:35 三浦寛幸(東京操体フォーラム 実行委員長)
操体概論 三浦寛東京操体フォーラム 理事長)  
◆足趾の操法  東京操体フォーラム実行委員
◆「認知と脳のフィードバックから考える『他力』と『自力』」
岡村郁生 (東京操体フォーラム実行委員 賢人組)
ヒトが瞬間的に認識可能なことは、脳の中でやりとりされている情報のうち
ごくごくわずかであり、膨大な考えの中から取捨選択しているのだという。
では、感じることを基準にして認識を捉えなおせたなら、どうなるだろう?
「他力」と「自力」。脳とからだの繋がりをホンのさわりだけ紹介してみたい。
◆休憩
◆「操体Before  After」
 前半「操体で変わった」体験談
 後半「操体で、変わる」実技指導。
 「臨床家のためのセルフメンテナンス」
 「臨床をしながらエネルギーをチャージする方法」
 畠山裕海(東京操体フォーラム理事)、他
 前半は、操体を受けて、あるいは実践して「変わった」方々の話を紹介する。
また「何故、操体臨床で結果がでないのか」ということにも触れてみたい。半は「臨床をしながらエネルギー(元気)を得ることができる操体」について。

臨床家にとって、自身の健康維持、健康管理は重要なことである。
操体は「臨床をしながら、エネルギー(元気)を得られる」という
「非常識な特徴」がある。
操体臨床家には、長寿者が多いが、そのナゾを解くとともに、
日常でのセルフメンテナンス法を紹介する。
 
◆昼休憩 

【午後の部】
◆「連動と感覚について」
日下和夫(東京操体フォーラム実行委員 賢人組)
動診に伴なう連動学、そして操法における感覚学について、
内なる側面から眺めた臨床にスポットをあててみたい。

◆「三木 成夫先生へのオマージュ」
半蔵(東京操体フォーラム実行委員 賢人組)
一口に『解剖学』と言っても色々ある。
操体に携わる者として、どの様な解剖学を
学ぶべきであろうか。
私は、三木先生の提唱される『形態解剖学』を推します。
今回は先生の業績を辿りながら、その発想に近づきたいと思う。


◆般若身経 
操体臨床の出発点」
瀧澤一寛(東京操体フォーラム副実行委員長)
「自分の動き」と「からだの動き」の違いを理解することは
操体臨床を通すうえで欠せないものとなっている。
体感の時間を設けながら
「からだの使い方、動かし方のルール」を紹介していきたい。


◆休憩  


◆特別講義  三浦寛
「文化は進化である」
そのココロは、変化である
◆閉会・記念撮影 

 

主催:東京操体フォーラム実行委員会
操体法東京研究会
                       
協力:一般社団法人日本操体指導者協会

 

f:id:lovecats:20141123172940j:plain

実行委員一同お待ちしております。

 

医道の日本誌「研究会へ行こう!」

f:id:lovecats:20150205150706j:plain

実は、「医道の日本」社と、操体は、長いご縁がある。

橋本敬三先生は、医師であり鍼灸師でもあった。
生前同志に数多くの寄稿もなさっていた。

毎年新年号には、師匠(三浦寛先生)が「新年のことば」を寄稿するが、
今月2月号の巻頭特集では、わが「操体法東京研究会」が紹介されている。


世の中、様々な研究会があるものだが、当研究会はなんと38年を迎える。

f:id:lovecats:20141123172940j:plain



その研究会の参加者の中でも、コアでマニアックなより抜きが
東京操体フォーラム実行委員」なのである。

詳細は

操体法東京研究会(最新) | 操体 三浦寛 人体構造運動力学研究所

へどうぞ。

 

昨日の「視診触診」

昨日は午前中「足趾の操法集中講座」。
前回のタームではやっていない「○○」とか「△△」が登場。

足趾の操法は進化しているのです。

 

午後は通常の「定例講習」(三年目くらいの受講生が、第三分析を本格的に
学んでいるクラス)でした。

いつもならば「介助法」「補助法」と、また濃い「実技指導」なのですが、
今日は

「頸椎の触診をやる」ということで、頸椎の触診をやることに。

「頸椎の触診」は、第三日曜の午前中の「視診触診講座」でやろうと
思っていたのですが、まあ、プログラムは被りませんから大丈夫。

モデルには実行委員のSさんが指名されました。

何度でも言いますが、

視診触診などの「診断分析」ができないと、
臨床は成り立ちません。

 

そして、どんなにすごいメソッドで、すごい効果が出るモノであっても
「触診」ができないとお話になりません。

というわけで、少し時間がかかっても
私達は「視診触診」に時間をかけます。

 

というのは、業界的に「視診触診力」が落ちているから。

受講生の皆さんは、もう少し「触診力」を上げないとね。