操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

施術をしながら操者も元気になる秘法(笑)

続き。

島津先生の勉強会で、関西からいらした
「腰痛歴50年のドクター」の講義を聞いた。

「治療家の、自分自身の健康維持増進」
「全ての不調の原因の原因は足である」

という話になった。

それを回避する対処法は、

  1. 靴を履かないこと(かかと着地になりやすい)
  2. 骨間筋の活性化(足踏とか)
  3. 足底筋膜、アキレス腱の強化

ということだった。ドクターは、なるべく靴を
履かずに、ワラジや鼻緒のついた履物で対応しているそうである。

 

先程の

  1. 靴を履かないこと(かかと着地になりやすい)
  2. 骨間筋の活性化(足踏とか)
  3. 足底筋膜、アキレス腱の強化(その場ジャンプとか、つま先屈伸とか)

の、2と3は、足趾の操法®で解決できる。

 

何せ、操体は、臨床終了後、
足踏、屈伸、全身を動かしてからだをチェック、ということをやる。

また指骨間筋を揉むのは、足趾の操法が一番得意なところなのだ。

さらにそこには「快」というものすごいごほうびが待っている。

へー、被験者はきもちいいけど、操者はどうなの?

足趾の操法って自分ではできないでしょ??という質問もある。

ところが、

きもちいいのは被験者だけではなく
操者も「快」の波動を受けて調子がよくなってしまうのである。
これは私自身何度も体験しているし、
「快という波動の共有」の場にいたならば、
驚きの体感を得ることができるだろう。

被験者に「痛み」を与えるということは、
それだけ「苦痛」を与え、操者と被験者が共有すること。

痛いことを共有するのだから、
操者もそういう波動をもらってしまうのかもしれない。

 

別に痛みのある施術をしてもいいのだ。
その後に、最高のきもちよさを、被験者に味わっていただき
そのきもちよさをシェアするならば
操者のからだも同時にケアできる。

そういう意味でも「足趾の操法」は、様々な臨床家に
習得していただけたらいいのになぁ、と思う。

 足趾の操法集中講座。参加者募集中

 

 

操体臨床家は、自分のケアができる。

操体の臨床をやっていると、
操者(治療者)も元気になってくる。
それが操体の特徴の一つでもある。

他に「治療者も元気になってくる」
なんていうモノはあるだろうか?

これは、治療者(操者)も、被験者と一緒に
「快」を味わい、共有するからである。

 

なので「楽な方に動かして、瞬間休息脱力」では
快の共有はできないし、
「どちらがきもちいいですか」
「きもちよさを探して(動いて)」というような
いわゆる「※迷走分析」では、被験者が「快を味わう」
というケースは殆どない

 

※迷走分析 
第一分析と第二分析を混同、つまり「楽」な動きに対する診断分析と、「快適感覚」に対する診断分析を混同していること。
特徴としては「どちらがきもちいいですか」という問いかけや、最初から「きもちよく動いて」という指示をしたり、きもちのよさを押しつけ、「楽」の問いかけをしているのに「きもちよさ」を強要し、被験者に「自分はきもちよさがよくわからない」という不安を与えてしまうことが多い。

 

また「自力自療」の操体もあるので、
日々のメンテナンスも可能である。

「連動」をマスターしており、
「快の回路」が通っていれば、
からだを動かさなくとも、また、
指一本動かしただけでも、快的感覚を味わうことができし

 

 

先日、柳生心眼流の島津兼治先生のお誘いで、
師匠と一緒に先生の勉強会に参加してきた。

f:id:lovecats:20150124213552j:plain

★手首の筋を操作する島津先生の図

前半の部では、人生50年近く腰痛に悩まされ、
それが腱引き(筋整流法)に出会ってから、
腰痛の悩みから解放されたというドクターの講義があった。

ドクター曰く、
「治療家(臨床家)は、やはり自分の健康維持管理が大切」
とのことで、なるほど、と思ったものである。

 

ちなみに、いわゆる治療家の先生方は、
結構短命が多い。

私の知っている先生も何人か
操体以外の先生方、例えば整体などである)
50代半ばや60代前半で急逝なさったりしている。
「健康」を指導している先生方が、である。
残念なことである。

これは、自分自身の健康を削ってまで、他者に貢献している
ということなのかもしれない。

 

操体に関しては、橋本敬三先生からして96歳という
長寿を全うされた。

これは「快」のお陰ではないかと思う。

橋本敬三先生は、85歳を越してから、
「きもちよさで良くなる」というように、操体の定義を
シフトチェンジなさった。

80歳までは、操体以外にも様々な治療法を
何でも試してみたそうだが、80歳にして
「自分のやっていることは間違っていなかった」と思うに
至ったという。それが「きもちのよさで良くなる」ということだ。

★これは「きもちよく動く」という事とは、ベツモノである。
★動いてみないと「快か不快か」はわからない。
★きもちよく動く、というのはその後だ。
★動いてみて、きもちよさを味わうことによって、良くなるのだ。

 

きもちよさの押し売り。

これは、最もやってはいけないことである。

先日、あるクライアント(他で操体を受けたそうである)が言うには
「動けばきもちいいでしょ」と言われたと言っていた。

話を聞くと、どうやらその先生は(私もなまじっか知っているので、
参ったなという感じ)、身体能力が高いので、

「動くときもちいい」という、希有なからだの持ち主なのである。

「自分がそうだから、他人もそうであろう」というわけで
クライアントにも「ね、動くときもちいいでしょ」
「からだが繋がるでしょ」というらしい。

ところが、多くのクライアントは、
からだに不調を抱えているので
「快か不快かききわけるちから」(原始感覚)が鈍っていることが
ある。

そういう時に「動かすときもちいいでしょ」と言われても
そうは行かないものである。

 

また、別の方からは、操体を受けて
「どうですか?きもちいいでしょ」
「じわ〜っときませんか」
と、

「きもちよくて当然」という言葉をかけられたのだが

「よくわかんなかった」のだそうだ。

そして「何パーセントくらいのきもちよさですか」
と、さらに追従質問され

きもちよくも何ともなかったのだが
仕方ないので

「50パーセントくらい」と答えたら
先生にムッとされたらしい。

これは、

「きもちよさの押し売り」だ。

きもちいいかどうか確認せずに
「きもちいいでしょ」と、決めつけられても困るではないか。

「この動き、きもちのよさがききわけられますか?」と
聞くなら「ハイ」とか「イイエ」と答えられるが、

「きもちいいでしょ?何パーセント?」と聞かれたら
きもちよくない場合はどうするのだ。

答えようがないではないか(笑)

この話をするとゲラゲラ笑ったり、眉にシワを寄せたりする
受講生もいるが、笑ったり眉にシワを寄せたりする前に
「果たしてそういうことをしていないか」注意する必要がある。

そのような体験をされた方に聞いてみると
「面倒臭いから適当に答える」(ホントです・・)

という答えが圧倒的に多かった。

「きもちのよさ」というのは感覚だ。
人によって違う。
同じことを同じだけやっても、当人の官能や
症状、体調、精神状態などによっても変わってくる。

くれぐれも

「この動きはきもちいいハズ」とか、決めつけてはいけない。

きもちのよさをききわける操体臨床は
「操者の決めつけを廃し、からだにききわけて行う」のである。

2015年4月29日(水)


2015年春季フォーラム « 東京操体フォーラム

「きもちよく動いて」では、すまないわけ。

私のところには、
操体を受けたんですが、きもちよさっていうのがわかりません」
という方がよくいらっしゃる。

二人に一人くらいはそういう方だ。


昨年、大阪で師匠(三浦寛先生)が「般若身経」の講習をやった際、
関西のマダム達に

「きもちよさってわかる人」と聞いてみたところ、手を挙げたのは
僅か数人だった。

次に「楽か辛いかはわかる人は?」と聞いたところ、
多くの人が手を挙げた。

これは、どういうことかというと

操体の指導者が、
・きもちよく動いて、という指導をしている
・「どちらがきもちいいですか」という問いかけをしている
・きもちよさを探して(色々動いてみなさい)という指導をしている

可能性が高い。

なぜ、きもちよさがわからないかというと、
それが「きもちいい動きではないから」か、
「バランスがとれていて快でも不快でもない」ということを指す。

また、これはやってみるとわかるが
自分で動いてみる「きもちよさ」は、探してもあまり見つからない。
自分で動いてみて見つかるのは「あ、ここは痛くない」とか
「ここは楽だ」ということのほうが多い。

★きもちよさが見つかるのはずばり、「性的な接触」などの時である。
★例えば、性感の開発等で自分のからだに触れてみるとか
パートナーに触れてもらって、未開の性感帯を発掘するとか

操体の「快」は性的な快とは異なるのである。

言葉では「きもちよく動いて」というのは簡単だ。
また、これはフィットネスクラブなどでもよく聞く言葉だ。
ストレッチも「きもちいいように」という指導も最近多い。

よく考えてほしい。
きもちよく動く前に、

その動きが「きもちいいかどうか」動いてみないとわからないではないか??

なので、本来は「ある動きを試してみて、それが快か不快か」という
「ききわけ」が必要なのである。

それでは、なぜ「きもちよく動いてぇ」というのが
成り立ってしまうのか(本当は成り立たないし、指導されたほうが
本当にきもちいいかは限りなく不透明)。

それは、健康体操や養生法の場合だと、
ある程度動ける人、運動が可能な人、公民館とか体操教室とかに
行ける人が対象だからなのである。

なので「きもちよく動いて」と言っても
通じてしまうことが多いのだ。

健康体操ならば「きもちよく動いて」でも通じる。

(でも、どちらがきもちいいですか、は通じないことが多い)

臨床であれば「ある動きを試して(動診・診断)、
その動きに快適感覚があれば、それを味わう(これが治療・操法
となる。

 

私達は、どちらかと言えば
ぎっくり腰で動けないとか、寝違いで首が動かないとか
すごく具合が悪いとか、そういう人に操体を行うことが多い。

 

ぎっくり腰で動けない人に
「きもちよく動いてぇ」とか言ったら、
「何言ってんの??」と怒られるであろう。

痛くて動けないから来ているのに
「きもちよく動け」と言われたら、当然である。

 

さて、
十五年位前だろうか。
在る男性がぎっくり腰でやってきた。
何度か来ていたのだが、当時一緒にやっていた方がメインで診ていた。
その方は(今でもそうみたいだが)、
「きもちよさを探して(動いて)」という指導をしていたようであった。

というのは、その男性は、腰が痛くてからだを海老ののように丸めているのだが、
色々もぞもぞ、痛いのを我慢してからだを動かしているのである。

「どうしたんですか?」
「いや、きもちよさを探してるんです」
「・・・・(どういう指導してたんだろ?)」
私はその時気がついた。
ぎっくり腰とかこういう急を要する場合、
「きもちよさを探して」というよりも
「痛くない、辛くないポジションを探すほうが、からだとしては妥当である」と。

その方は「きもちよさを探して」と言っていたのだが、
実は「痛くない、楽なポジション」を探していたのである。

私はこれで
「きもちよさは、探しても見つからない」
「きもちよさは、ある動きを試してみて、あるかないかをききわけるほうが
確実である」ということがよく分かった。

私が、三浦寛先生の「楽と快は違う」という意見に賛同し、
先生に弟子入りするのはそのすぐ後である。

 

★関西は、健康体操、養生法として、
操体道普及友の会」(故中川重雄氏主宰)の支部のようなものと
「○○操体の会」などの活動が盛んである。
★関東では、医師が臨床で用いていたものとして、
操体法東京研究会はじめとし、治療家、臨床家の実践が多い。 

快からのメッセージ―哲学する操体

快からのメッセージ―哲学する操体

 

 再販されました。「快からのメッセージ」
「楽と快の違い」がわかります。

体験すればなお分かります。

2015年春季東京操体フォーラム開催
4月29日

2015年春季東京操体フォーラム第一報

お待たせしました。4月29日(昭和の日)
春季フォーラム開催です。

足趾の操法体験コーナーもあります(天国体験)

わたくしも勿論講義致します。

 

f:id:lovecats:20141123172848j:plain

***

2015年春季東京操体フォーラム第一報

操体 Before After ~操体の臨床的効果を検証する~」

操体は快適感覚(きもちよさ)だ」と言われていますが、
「快適感覚] をあいまいに捉えてしまい、思うような臨床効果が出ないといった
ケースが少なくありません。 東京操体フォーラムでは「快適感覚とは何か?」
ということを明確にし、

「臨床を通しながら同時に治療者も元気になる」
「強い刺激や痛みを与えなくてもからだは良くなる」
「患部に直接アプローチしなくても治療が出来るので副作用が少ない」

  • 操体独自の健康観から、実際の臨床までを、ベテラン実行委員の症例を含め紹介致します。
  • 実技練習では「操体未経験者」にとってはわかりやすく
  • 操体経験者」にとっては新たな気づきとなるように
  • 実行委員がポイントを押さえて指導致します。
  • 臨床、日常に活かせる「からだの使い方、動かし方」も指導
  •  ご自身の健康維持にも役立ちます。

 

目からウロコのプログラムを企画しております。

開催日時:2015年4月29日(水) 9時開場 9時30分~17時(18時)
会場:昭和女子大学(予定) 東京都世田谷区
発表者 :三浦寛(人体構造運動力学研究所所長)、      
半蔵、岡村郁生、日下和夫(東京操体フォーラム賢人組)      
畠山裕海、瀧澤一寛他

後援:一般社団法人日本操体指導者協会 
操体法東京研究会

参加費用:事前申し込み
【申し込み締め切り4月22日(水)】10,000円
当日及び23日以降の申し込み 11,000円

参加資格
操体臨床家を目指す方。
これから自分の臨床に操体を取り入れようと思っている方
すでに操体を取り入れているが思うように結果が出ない方
また、「実際に操体の臨床はどんなことをするの?と
興味を持たれている方であればどなたでもご参加いただけます

 

東京操体フォーラム

 
e-mail forum@tokyo-sotai.com
お申し込みフォーム  

お問い合わせ: 東京操体フォーラム事務局(TEI-ZAN操体医科学研究所内)
〒134-00888 東京都江戸川区西葛西2-22-38-217 Tel 03-3675-8108

それってセクハラ??

視診触診の講座をやっています。

「触れる」というのは、私の生涯のテーマの一つでもあります。

「触れる」というのは日常的でありながら、デリケートな問題です。

 

昨日、まつげのエクステのメンテをしながら
アイリストのIさんとお話したところ、スポーツ整体で、予想もせず
裸にされてオイルマッサージされて、胸を揉まれたとか、
(これはセクハラですよね)

整体院で腰をもまれながら、
先生に「オレ、最近彼女いないんだよね」と言われたという話を
聞きました。勿論「ちょっと不快」だったそうで。

女子のクライアントが
「最近彼が冷たくって。私の寝技が未熟なんでしょうか云々」という
相談をもちかけるならわかりますけどね(笑)

先に「ベッドに仰向けに寝た時、男性の先生にまたがられて肩を揉まれた」
というのもありました。

私は背中をストレッチしますと言って後ろから手を掴まれて、
後屈状態にされ、男性の先生の局部を
臀部と背中にこすりつけられたことがあります(笑)。

痴漢と同じで、その時は「やめて~」とかなかなか言えないわけですね。
それで後から
「うげ~、きもちわるい」「やめときゃよかった」とか思うということは、
結構あります。私の周囲でも結構いるので、
詳細に調査するとかなりの女性が不快感を感じたりしているのではないかと。

 

かといって、世の中には全然不快感なし!
さわやかで女子にモテモテ(ホントです)という男性の先生もいます。
うちのフォーラムの○○先生とか。

個人的には、陰陽があるので、男性は女性、女性は男性が診たほうがいいような気もします。

実際、私は男性のクライアントのほうが多いんです。

というのは、昔ずっとエステのお世話になっていたのですが、
エネルギーの流れがやっぱり違うんですね。


というわけで、私は操体の臨床をやってるときは「中性」になって
やっております。
「お前の場合はオヤジだ」と言われてしまいそうですが(笑)

いわば、相手によって自分の「性相」をコントロールしているような感じです。

その点、というと何ですが、操体をやっていると「性相」が消えてきて「施術中は中性的」という感じになってくるんですねこれが。


「快からのメッセージ」増刷のお知らせ

お待たせ致しました。

品切れになっていた「快からのメッセージ」が増刷になりました。

「皮膚へのアプローチ」を詳しく学びたい方は是非。
私は自分の受講生には「絶対読め。わからなければ100回読め」と言っています。
「楽と快の違い」がわかり、皮膚へのアプローチの理解が深まります。

快からのメッセージ―哲学する操体

快からのメッセージ―哲学する操体

 

 ★たにぐち書店さんに頼んだほうが早いと思います。

ここ最近、「皮膚」に対する興味が、
操体関係者の中でも高まっているようです。

先にも書きましたが、皮膚という概念がなかった時に
師匠、三浦寛が「皮膚への接触」を発表した際、

多くの操体関係者は

何言ってんだ?

みたいな反応をしました。
私は目の当たりにしております。

ところが、近年は「何言ってんだ?」と言っていた
方々から「皮膚操体」という言葉を聞きます。

 

私は、五年前に「五年後、今まで皮膚を無視していた
操体関係者が『操体って皮膚よね』と言い出すよ」という
予言をした話を書きましたが、まさにその通りになっている
という次第。


「快」の時もそうですが、「皮膚」についても
操体ってみんなのものだから、自由に使っても
いいじゃ~ん」というに違いありません。

まあ、そこが結構ずるいといえばずるいと思います。

 

それはさておき、

 

★浦自身は最近「皮膚操体」という言葉は使わず
皮膚へのアプローチ、渦状波と言っています。

「皮膚操体マッサージ」
操体的マッサージ」など、

(注:そもそも、マッサージという言葉は、
資格所有者以外は使ってはいけないものです)

皮膚を引っ張ったり揉んだりつまんだり捻ったりという
刺激がメインのようです。

「楽な動き」をやっていた先生方が、
「言葉だけの快」に移行した時のように、
(言葉では快、といっているが、やっていることは
楽か辛いかの比較対照なので、診断分析が混乱している)

皮膚に触れれば「皮膚操体」みたいな
安易な感じも見受けられます。


★三浦が唱えている「皮膚へのアプローチ」は、
刺激にならない接触です。

これを「渦状波®」と言います。

面の渦状波、点の渦状波というものがあります。

これらは、刺激にならない、皮膚への接触です。

そこが違うのです。