読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

「人間橋本敬三を語る」と「女弟子友の会」

サイトに掲載されている操体関連書籍を整理していたら

昨年10月に出した電子書籍を紹介するのを忘れていたので追加した。

 

人間橋本敬三を語る 操体の極意(1)

人間橋本敬三を語る 操体の極意(1)

 

これは、東京操体フォーラム開催時、特別ゲストとして
温古堂で受付兼橋本敬三先生のお世話係として5年間過ごした「ミヨちゃん」を呼び、
師匠と対談した時のものである。

弟子とお世話係はやはり対応が違う、というかやっぱり橋本先生は男女に対応差をつけていたのではと(笑)思うところがある。

私が師匠に聞くのは「人のことを悪く言っているのを聞いたことがない」という、
非常に立派な先生の話であったりする。

一方、男性の患者さんにはいささか厳しく?女性の患者さんには非常に優しく??という話も聞いたりする。特に女性の患者さんはよく褒めていたそうだ。

更に「温古堂」というのは仙台の定禅寺通り(けやき並木や年末のライトアップで有名。橋本先生は町内会長をしていたらしい)にある。

定禅寺通りというのは、東北一の歓楽街、国分町のすぐ近くである。
患者さんの玄人のお姐さんが多かったとも聞く。
また、割と近くに「西公園」というのがあり、仙台市民会館があるが、ここは遊郭があったところだ。

それはいいとして、

ミヨちゃんの話を聞くと、
橋本先生をカミサマだと思っている人は腰を抜かすかもしれない。

ミヨちゃんが入ってから数ヶ月の間、敬三先生は不機嫌だったらしい。
とにかく機嫌が悪くて「辞めようと思ったこともある」とミヨちゃんが言っていた。
★その後、三浦先生の紹介で今先生が入って来てから温古堂の雰囲気は変わってきたらしい。

橋本敬三先生は、機嫌が悪いとミヨちゃんにあたった。

★どんな風にあたったかは上記書籍をお読み下さい・・

★ハナをかんだハンカチをすぐ洗えとか、出がらしのお茶でもっと濃いお茶を淹れろとか、トイレに一緒に入れとか(笑)。

「こりゃ単なるワガママじゃん!!!」とか

「これ、今だったら完璧にセクハラじゃん!!!」

という事実が、明るく楽しく書かれている。勿論、それを差し引いても魅力ある爺様だったのである。

また、ミヨちゃんに気を許していたのだろう。

さらに「操体法治療室」には、橋本先生がすぐ声を大きくして怒鳴るとも書いてある。
「なんでそんなにドナるの?」とミヨちゃんが先生に聞くシーンもある。
これは、怒鳴ってるのではなく、熱中するとつい声が大きくなってしまうらしいのだが、従業員が「怒鳴ってる」ように聞こえるということは、そうだったのである(笑)

 

 私も結構師匠にはあたられますけどね。弟子だから(笑)
男の弟子には余りあたらない気もしないではない(笑)

意身伝心: コトバとカラダのお作法

意身伝心: コトバとカラダのお作法

 

作者は松岡さんと田中さんであるが、実はこの本の企画は、この二人の弟子、太田香保さんと石原淋さんが企画している。どちらも一番弟子であり、女性である。イベントで、女子が弟子であることの大変さを聞いた。まあ、色々な苦労があるわけです。

 

往々にして男弟子は独り立ちする。それが普通だ。
ケンカして出ていったりするのも大抵は男弟子だ。
自分で新しい流派を作っちゃうのも男弟子が圧倒的に多い。

ところが女弟子は独り立ちはせずに、師匠にずっとついている場合が多い。

野口三千三先生の高弟、羽鳥操さんもそうだ。

この辺りは「女弟子友の会」でも作りたいところである(笑)。

 

「橋本先生がタバコを吸っていたのは、実は患者さんの中には喫煙者もいたので、気を遣って吸う振りをしてふかしていた」と私に言ったのは某中部地方操体の会の方だったが、この方は自分が嫌煙者なので、尊敬する橋本敬三先生が喫煙者では困るのだ。

カミサマ扱いしているので、喫煙していては困るのだ。

橋本先生が90歳の時転倒して大腿骨頭を骨折なさったのは、落ちたタバコを拾おうとして、と、聞いている。90歳になるまでタバコを美味そうに吸っていた人が「吸う振り」「ふかしていた」なんてまったくおかしかったりする。