読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

東京操体フォーラム藝術部活動報告

先日、100分外並び、40分内並びで「若冲展」に行ってきました。若冲は仙台でも昨年のサントリー美術館でも鑑賞してますが、また行ってきました。

若冲は鶏の絵が多いのですが、猫の絵は見たことがありません。多分、鶏を描くために飼っていたのだと思いますが、猫に鶏を狙われたので、多分猫が嫌いではなかったのかと。

以前、連動操体などの本を書いておられるN先生が「操体は猫がきもちよく伸びるように」とおっしゃるので、「猫はお好きですか」と、聞いたところ「猫が飼っている鶏を襲うから猫は嫌い」とのこと。

で、考えました。

そして先週「金魚養画場」(深堀隆介)を観てきました。
f:id:lovecats:20160520183012j:image
f:id:lovecats:20160520183031j:image
アクリルに金魚を立体的に描く手法は斬新で美しくて、ちょっとグロテスクです。

そして今日は、カラヴァッジョ展。

f:id:lovecats:20160520183405j:image

世界遺産に決まったらしい、国立西洋美術館です。

結構濃いですが、好きです。またイタリア行きたい(笑)。
マルタ島行ったことないので行きたい(笑)