読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

操体は「自分でできる」のか?

今でも思い出す。

都内某所で現在開業しているようだが、
昔私の講習を受け、師匠の講習を受けたが
今はご縁のない輩がいる。

彼に昔「操体を一言で説明せよ」と聞いたところ

『自分で動く』という答えが返ってきた。

今でも同じように答えていないことを祈る(笑)

自分で動くのだったら、誰でもできる。

それなら、世の中の人が全員操体をやっていてもいいはずだ。

『自分でできる』というのは、

本人にしかわからない感覚をききわけ、味わうこと
なのである。

感覚は本人にしかわからない。
感覚をききわけることが「診断・分析」であり
きもちよさを味わうことが「治療・操法」となる。

また、我々プロがいるのは
自分で治せるレベル以下になっている人を
そのレベルまで持っていく、
大抵は皆「自分の動き」や「エゴ」で動いてしまうので
まずはそのコツを体験していただくことが必要なのである。

 

あと、太極拳を考えて欲しい。

アレも勿論自分でやるが、
自分でやるにはまず覚えなければならない。
本を見ながらマスターというのは、なかなか難しい。

 

先日お電話をいただいた。

声からして60代くらいの女性である。

「整形外科にかかっているのですが、
整形の先生から操体を紹介され、自分でできると聞いたので
本を紹介して欲しい」とのことだった。

う~ん。

整形の先生が操体を紹介するだろうか?
そこが謎である。

整体の間違いではないか?

整体か接骨院?だか分からないが
そこに腰痛で通っていたが良くならず、そこの先生に
操体は自分でできるから」と紹介されたのだろうか?

つまり、お手上げということか。

「本もありますが、見ただけでは分かりにくいですし、
都内なら操体の専門家もいますし、一度指導を受けてから
なさったらどうでしょう」

と、言ってみた。

すると
「時間がないので、本を見てやりたい」とのことだった。

私の所には「本を見てもよくわかりません」という方が
多数訪れる。

本当は、自力自療が可能なレベルまで専門家が診て
それからセルフケアというのが一番近道なのだ。

★殆どの方は

力みすぎ
早すぎ
感覚を無視して単純に動いているだけ
ということが多い。
これでは、悪くすることもある。

 

時間がないからといって、本を読んで済まそうというのは
ちょっと安易である。

なぜなら、整形だか整体の先生がお手上げの症状なのだから

さらに、そのご婦人に息診をとおしてみると
腰の他に、気が上がっており、不眠やのぼせなどもあることが
わかった。私の話は耳に入っておらず

「自分でできる」という都合のいいところだけ
耳に入っているのだ。

話を聞く限りでは、
本を読めばどうにかなると思っているようだった。

指導者が海外にいるとか、遠方にいるのではない。
都内である。また、動けないとしたら、呼ぶことだってできるのだ。

 

整形の先生だか整体の先生がお手上げの腰痛(と気が上がっている)
が、本を読んで操体をやって治るのか。

残念だが、本を紹介するしかないのである。

 

 

操体法の治療と予防

操体法の治療と予防