読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

左目と「エロスのお作法」

最初、その名前を聞いて

「おっ、すごいな」と思った。

壇蜜。 壇というと壇ふみとか壇れいとかを思い出すし、
団と言えばサウンド的には鬼六先生である。

エロスのお作法 (だいわ文庫)

エロスのお作法 (だいわ文庫)

 

 壇蜜嬢は葬儀社で働いていた時、ご遺体をキレイにするという仕事を
していたそうだが、その時はスッピンでメガネでマスクをしていたにも
関わらず、周囲から「社長の愛人疑惑」などのウワサが流れていた
そうである。
私の友人にもいるが、何だか確かに「昭和エロ」の雰囲気があり、
「モンキー・パトロール」のすずちゃんみたいに
フェロモンを自由自在に操るようで、何だかモテまくっていた。

私は、一緒に出かけると「何故かしらないうちにご馳走になっていた」とか
ディスコとか行っても何故かVIPルームにいた、みたいに、彼女には恩恵を
こうむったもんである。今は何しているんだろう。

さて、何故左目なのか。

操体の勉強をしていると、気になるのが左目である。

なぜです?という質問にはここでは答えられない(笑)。
最新の情報だからだ。

知りたかったら一度私のところに
操体を受けにいらっしゃい(笑)

私はこの本を読んでいて

「あれ?」と思ったことがあった。

壇蜜嬢は利き目が左で、殿方を見つめる時は
相手の右目を左目で見るのだそうだ。

これはこれはこれはこれは、という感じである(笑)