読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

何故読書が大事なんだろう?と、考える。

先日どこかで「何卒よろしくお願い申し上げます」という
メールを送ったら「大卒です」という返事が来た、という記事を読み
久々に驚いた畠山です。

 

さて、先に「何故本を読むことが原始感覚を磨くことに繋がるのか」
という話を書きました。

 

それはですね。

 

本を(あんまり)読まない人は


与えられた情報を鵜吞みにしやすいとか、
ある本を読んだらそれをまるごと信じてしまうとか、
(例えば、週刊誌でのゴシップをそのまま信じるとか)

テレビでやってるから、信じちゃうとか、
ちょっとセミナーに行って聞いただけで信じちゃうとか、

 

そういうことがあるのだそうです。

 

例えば、いわゆる「トンデモ本」って読むには面白いんですよ。
でも、その裏には「これってトンデモ本だよな」という前提が
あるから、トンデモ本として読めるんです。

 

ところが、前知識なしに、
トンデモ本というジャンルがある」ということを
知らなくて、あまり本を読まない人が読んじゃったりすると
「すご~い!」(信じちゃう)みたいなことになります。

 

本を読んでいると

「これ、なんだかうさん臭いなぁ」とか
「なんか妙だな」という直感が働くのです。

 

これが「読書で得られるもの」の一つなのかもしれません。

 

あとは、良書を読むことによって、
「ホンモノを見極めるちから」がついてきます。

 

 

骨董品や美術品の「目利き」になるには、
ホンモノを見ることが一番の修業です。

 

というわけでした。

 

という私も最近は新書などは重くて
Kindleで読んでます。
あれは字の大きさが変えられていいですね。

コミックを読むにも丁度いい。

最近読んだのが「へうげもの」の20巻と
「講座スピリチュアル学第1巻」でした。
後者は買ってから半年たって、やっと読み始めたものです。

 

講座スピリチュアル学 第1巻 スピリチュアルケア (地球人選書 講座スピリチュアル学)

講座スピリチュアル学 第1巻 スピリチュアルケア (地球人選書 講座スピリチュアル学)

 

 

へうげもの(20) (モーニング KC)

へうげもの(20) (モーニング KC)