読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

お金はエネルギーの流れである

お金はエネルギーなのです。

 

先日、あるマンガを読んでいたら「霊能者が除霊をした場合」や「お坊さんが祈祷をした場合」の話が書いてあり(なんのマンガかバレバレといえばバレバレ)ました。

 

例えば、霊能者が除霊をします。
その際、依頼者からお礼をいただかないとしますよね。

その場合、もし効果がなかった場合「あ、やっぱり無理だったね(タダだしね)」で、済みます。

 

が、このような場合、依頼者はお金を払わない代わりに、霊能者の「業」をうけるのだそうです。

 

逆に、霊能者が法外なお金を請求し、結局は除霊できなかったという時は、霊能者が被るのだとか。

 

これ、治療の世界でもあることです。


「施術料を払わない」というのは、受け手からするとありがたいかもしれませんが、施術者が抱えている「業」を受けることになります。

 

また、施術料をいただかないということは、「タダなんだから、効かなくても文句言わないでね」ということです。

 

★タダほど高いものはない。。って言いますよね。

★私達も、シチュエーションによっては「こちらからお願いしても受けていただきたい」ということはあります。その場合は勿論お願いします

★しかし「知りあいなんだからタダでやってよ」とか、「あ~、最近肩凝ってるんだ」とか言われると、萎えます(笑)。やらないけど。

 

そして「今、修業中だから、実験台になってもらえる?」ということでもあります。
これは、我々が一度は経験することですが、ありがたく練習台になってもらうしかありません。我々もこうやって、人様のカラダを借りて成長するのです。

 

毎年、伝統療法カンファレンスで、フォーラムのメンバーや、足趾の操法を勉強したメンバーが、実際に施術料をいただいて施術をします。

 

一般社団法人日本操体指導者協会」という看板の元で、プロとして施術を行うわけです。


まだ開業していないとか、勉強の途中という場合、相手は家族や友人のみというケースが多く、実際にお金を受けとるという経験がないことがあるのです。

 

実際に、施術を受けて頂いて、自分が使ったエネルギーの対価として、お金をいただくという経験をすると、皆、変わります。

 

これは、驚くべき変化です。
「責任」というものがそれぞれの中に生まれます。

 

聞いてみると「あきらかに変わった」という答えが返ってきます。

 

対価をいただかないということは、腕に自信がないとか、責任を負いたくないとか、本人は気づかないけど、本人の業を相手に渡しちゃったりしているのです。

 

神社やお寺では、お賽銭をおさめますよね。あれは、感謝の気持ちをお金のエネルギーに換えて納めているのです。

 

何かで読んだのですが、ある人が、お賽銭を納めるよりも、信心とお祈りで神様にお願いしよう、と一心に修業に励んだところ、神様から「お賽銭を納めなさい」という神託があった、という話もあります。これは多分「持っているのに出さなかった」のではないかと思います。

 

お坊さんは托鉢をしますし、お釈迦様は、貧しい人達ほどお布施が必要だと説きました。それは「出さないと入ってこない」から。

 

そういえば、マイ神社に初詣に行きましたが、用意した500円玉が何故かカバンの中で行方不明になり、結局お札を納めてきましたが、あとで500円玉が数枚カバンの中から出てきまして「あ、お札を納めてよかったんだなぁ」と思う事がありました。

 

f:id:lovecats:20170105083157j:plain