読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

断易の個人レッスン。

今日は下高井戸へ。

今、某占学校の断易のクラスに通っている。

月イチで4時間の長丁場ある。5月6月と2回終了した。

このクラス、よくあるように先生が気学の講師でもある。
受講生の中に、以前の気学のクラスの生徒がいて、
(年配のオジサマで声がダミ声でとっても大きい笑)
先生はオジサマを中心に進めるので(つまり、気学分かってる
だろう前提)気学に余り強くない他の生徒は「わからん・・」と頭を捻り、

私はあまりにもわからないので、気学のテキストを買いに
走った。

 

気学の知識 (運勢叢書)

気学の知識 (運勢叢書)

 

それでやっと、
十干とか十二支とか空亡とか甲子(きのえね)とか
何となく分かった次第。

戸田公園駅近辺のI家の庭の「庚申塔」のナゾなども解けてきた。

 

ちなみに、易には「周易」と「断易」がある。
周易というのは、私や博多のN氏がやっている、
筮竹で占うもの。
断易というのは、どちらかと言えば香港とか台湾とか
大陸方面で盛んなものである。

一言で言えば、周易は「右脳的」「妄想的」な感じ。
断易は「左脳的」「瞬時判断的」な感じである。

★あくまでも私の感想です。。

 

というわけで、断易の授業を受けているのだが、
クラスではまだ「八面体サイコロを使う」という話や、
先生が持っているお手製の箱(八面体サイコロを入れて振る)を
ちょっと見せて貰う程度で、

一体どうやって占筮するのだ??

という疑問があった。

 そして今日、

幸いなことに、別ルートで
八面体サイコロと納甲表(なっこうひょう)、
サイコロを入れる箱を入手することができたのである。

その際、そのお道具を持ってきて下さったY先生(女性です)に
断易占筮の手ほどきを受けた。

f:id:lovecats:20150617175345j:plain

 

実際にやってみると

 うお〜、これって数学みたい???

占的(せんてき)を決め、
用神(これを決めないと占いにならない)
暦を見て色々調べ、
データを揃えてから、八面体サイコロを箱に入れて
振る。

こうやって、データを揃えてから
納甲表というデータの分析表(?)に照らし合わせ
ルールに従って観ていくのである。

 

書き方にもルールがある。
このあたりは非常に面白い。

普段妄想系(笑)周易しかやっていないので、
アタマをものすごく使った(笑)。

お道具が手に入ったので、
勉強がたのしくなりそうだ。

長時間お相手してくださったY先生、ありがとうございます♪