読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

操体法大辞典

操体の専門家による、操体の最新情報など

損したくないニッポン人。

私は現在、易の修業中である。

断易(筮竹を使うモノ)と、断易(五行易ともいう。
台湾で主流で、八面体サイコロを使ったりする)だ。

 

 

学校は、開校が昭和13年。

 

さて、この歴史ある占いの学校に
あるノンフィクション作家が訪れた。
それが高橋秀実(たかはしひでみね)氏である。

 

 なぜ、高橋氏が占いの学校に現れたのか?

 

それは「損」という言葉の意味を知るためだ。

 

高橋氏は、損という言葉の意味を求めて
横浜中華街まで赴くのだが、そこでは「損」の
意味を知ることはできなかった。

 

そこで、高橋氏は日本易道学校(新大久保)に
向かい、中村三夫先生に会う。

 

「山があり、そこを小さな沢、つまり川が流れている。

それが『損』です」

 

これは易の六十四卦の41番目、「山沢損」からきている。

上半分を外卦、下半分を内卦という。
上は陽1本に陰が2本で。山を表す。
下は陰1本に陽が2本で沢を表す

 

f:id:lovecats:20151105140812g:plain

山沢損。
損して得とれ、という時期を示す。

雨などが振り、山は少しづつ削られる。
山自身は損しているのだが、
川は流れて次第に広くなり、
下流に肥沃な大地を作る。

山にとっては『損』でも、
それが周囲を育んでいるということなのだ。

 

そしてこの山沢損を逆さまにしてみる。
これを「倒卦」という。

相手から見た立場を考えるのだ。

 

f:id:lovecats:20151105141251g:plain

風雷益。
ビッグチャンス到来のとき。

 

上は陽2本陰1本で風
下は陰2本に陽1本で雷。

 

つまり、自分にとっての損は、
相手にとっての益だということ。

 

ちなみに「損」というのは
女性上位のことで、それは「泰」、すなわち
安泰につながる。そして「損」が極まると

「損せずしてこれを益す」という境地になるのだという。

 

「損」は極まると損しないで「益す」。

 

自分は損せずして相手に益をもたらす。

 

損したくないなどと思ってはいけない。
「損」の中にこそ男の生きるべき道があり
そこを着実に歩めば損しない。(高橋氏)

 

のだそうである。

 

女性に合わせるふり(損する)をすれば、
安泰につながる。

 

そして。安泰が極まると
自分が損をせずに相手に益を与えることができる。

 

なるほどね。

 

この他にも、
ポイントを貯めるとか
婚活、離婚なかなか興味深い
目次が並んでいる。

 

読後だが、

損したくないという思いが
損したくないという行動を生み、
結局損してるんじゃない?